1. HOME > 
  2. 埼玉県 > 
  3. 富士見市 > 
  4. イムス富士見総合病院のお仕事を探す

医療法人財団 明理会

イムス富士見総合病院

( 一般病院 )

編集部が取材しました

埼玉県 富士見市/鶴瀬駅

2016年4月新棟OPEN。救急・重症領域を拡充し、地域医療に貢献していきます。

埼玉県富士見市の中核病院である「イムス富士見総合病院」は、「断らない救急」と「高度専門治療」を柱に、幅広い医療を展開。市内でも数少ない「24時間体制の循環器救急・小児救急」においては、多くの搬送を受け入れ、地域トップクラスの実績を誇っています。さらなる診療機能の充実を目指して、2016年4月に新棟を増築し、本院のリニューアル工事を実施。手術室を拡大し、最新の医療設備を取り入れ、重症例に対応する「ICU・CCU・SCU」を開設しました。また、救急から在宅までの切れ目ない対応を目指して、「回復期リハビリテーション病棟」と「地域包括ケア病棟」を開設し、退院支援委員会を立ち上げ、スムーズな在宅移行をサポートしています。看護師の活躍の場は格段に広がり、幅広い領域の技術・知識を学びながら、専門職として大きく成長できる環境が整っています。


大きな地図で見る

○東武東上線「鶴瀬」駅 バス10分

名 称 医療法人財団 明理会 イムス富士見総合病院
(いむすふじみそうごうびょういん)
形 態 一般病院
所在地 〒354-0021 埼玉県富士見市大字鶴馬1967-1
病床数 341床
診療科目 内科、消化器内科、循環器内科、呼吸器内科、人工透析内科、外科、消化器外科、心臓血管外科、脳神経外科、整形外科、形成外科、美容外科、皮膚科、泌尿器科、耳鼻咽喉科、麻酔科、小児科、血管外科、内視鏡外科、放射線科、婦人科、小児外科、腎臓内科、リハビリテーション科
関連施設 イムスケアふじみの
埼玉セントラル病院
埼玉ロイヤルケアセンター
イムス三芳総合病院
その他 職員数/710名
URL http://www.ims.gr.jp/fujimisougou/

2016年4月新棟OPEN。救急・重症領域を
拡充し、地域医療に貢献していきます。

埼玉県富士見市の中核病院である「イムス富士見総合病院」は、
「断らない救急」と「高度専門治療」を柱に、幅広い医療を展開。
市内でも数少ない「24時間体制の循環器救急・小児救急」においては、
多くの搬送を受け入れ、地域トップクラスの実績を誇っています。

さらなる診療機能の充実を目指して、2016年4月に新棟を増築し、
本院のリニューアル工事を実施。手術室を拡大し、最新の医療設備を
取り入れ、重症例に対応する「ICU・CCU・SCU」を開設しました。

また、救急から在宅までの切れ目ない対応を目指して、
「回復期リハビリテーション病棟」と「地域包括ケア病棟」を開設し、
退院支援委員会を立ち上げ、スムーズな在宅移行をサポートしています。
看護師の活躍の場は格段に広がり、幅広い領域の技術・知識を学びながら、
専門職として大きく成長できる環境が整っています。

突撃インタビュー職場の声を聞かせてください!

内科病棟勤務 看護主任 入職4年目

入職のきっかけについて教えてください。
育児を優先するため、11年ほど老健でパート勤務をしていましたが、子どもの手が少し離れたのを機に、再び病院で働きたいと考えるようになりました。当院を選んだ理由は、地域からの信頼が厚い病院だったからです。病棟勤務は久しぶりでしたが、看護部には中途入職者への教育サポートがしっかり整っているため、安心して働くことができています。
職場の自慢できるところを教えてください。
当院では、「多職種協働のチーム医療」を推進しており、医師、薬剤師、リハビリスタッフ、MSWなど、他職種との人間関係がとても良いです。患者様についての情報交換もしっかり行えていますし、ときどき話が脱線して、プライベートな話題で盛り上がることも…(笑)。とにかく笑顔の絶えない職場であることが一番の自慢です。
勤務時間についての魅力を教えてください。
ワークライフバランスを大切にするため、各部署で最低週1回の「ノー残業DAY」を設けています。私の部署では、週1回プラス、お給料日の28日は定時で退勤できるよう協力し合っています。家庭を持つスタッフが多いので、それ以外の日も、なるべく残業が発生しないようにしています。

ER勤務 看護副主任 入職7年目

仕事と子育てを両立しているそうですね。
はい。働きながら2回の産休・育休を取得し、現在は3歳と4歳の子どもを育てています。院内に「24時間対応の保育室」が完備されているので、職場復帰も迷わず決められましたし、子どもの近くで働ける安心感はとても大きいです。
子育てママの視点で、職場の魅力について教えてください。
私は、「日勤常勤制度」を活用し、毎日なるべく定時で帰れるように配慮してもらっています。また、有休を時間単位で消化できる「時間休制度」もあり、子どもの用事などで少し早めに帰らなければいけない日は、1時間の有休をいただいています。
ER勤務とのことですが、ERの特徴を教えてください。
新棟が増築され、救急・重症領域が拡充されたことで、救急車の受け入れ台数がとても増えました。現在、毎月約300台の救急搬送を受け入れており、ICUやCCUがあるので、循環器疾患や脳卒中の患者様が多いのが特長です。今後は、毎月救急車400台の受け入れを目標に、重症ユニットとの連携強化を進めています。

SCU勤務 看護師 入職1年目

入職のきっかけについて教えてください。
地方からの引越しを機に、自宅から通いやすいこちらの病院に入職を決めました。全く知らない土地で、周りに頼れる知人もいなかったため、特に入職当初は職場の皆さんにたくさんお世話になりました。看護部には地方出身者が多く、故郷が同じ仲間にも出会え、今では毎日楽しく働いています。
SCU勤務の経験はありましたか?
いいえ、初めてでした。でも、業務に慣れるまでは先輩がサポート役に付いてくれましたし、部署の勉強会が月1〜2回開催されるので、少しずつ脳卒中看護を深められています。勉強会は勤務時間内のものが多く、医師や認定看護師が講師となってくれるので、日々スキルアップできていますよ。
IMSグループのメリットを教えてください。
関東を中心に、多くの医療・介護施設を展開している法人グループなので、引越しをしたり、違う分野に興味を持った際、転勤の希望を出すことができます。退職ではなく、勤続年数を保ったまま新しい職場で働けるのは、大きなメリットだと思います。

ムービー

イムス富士見総合病院(埼玉県富士見市)の求人・募集・転職情報は医療21

イムス富士見総合病院(埼玉県富士見市)の求人・募集・転職情報は登録不要の医療21にお任せください。
医療21は医療従事者専門の求人サイトで、看護師を含むイムス富士見総合病院(埼玉県富士見市)の医療スタッフ求人情報を多数掲載しております。