1. HOME  > 
  2. 東京都  > 
  3. 国立市  > 
  4. 医療法人社団 長尽会 長久保病院  > 
  5. webで病院見学
おうちでゆっくり見学できます。webで病院見学

医療法人社団 長尽会

長久保病院

( 泌尿器科・内科(腎臓)・人工透析特化病院 )

編集部が取材しました

見学の下調べ

看護師として専門性を身に付けるなら、高い実績を持つ専門病院への転職が近道!泌尿器科、腎臓内科、人工透析に特化した「長久保病院」では、手術支援ロボットやPVPを全国に先駆けて導入し、国内トップレベルの症例数を誇っているんだとか。時代を先取りする医療現場では、どのような看護が行われているのか興味津々!早速見学に行ってきます。

■形 態 :
泌尿器科・内科(腎臓)・人工透析特化病院
■所在地 :
東京都国立市/矢川駅
■病床数 :
22床
百聞は一見にしかず見学開始!!

玄関

「長久保病院」があるのは、JR「矢川駅」から徒歩約1分の便利な立地。駅前で道路に面しているので、電車でも車でもスムーズにアクセスできそうです。玄関で迎えてくれたのは、看護師長の赤塚さん。「見た目は地域に溶け込む家庭的な規模の病院ですが、現場では時代をリードする医療の提供を目指して、常に進化を続けています。どうぞゆっくり見学していってくださいね」。

待合室

玄関を入って待合室へ。「実は、待合室はリニューアル工事を予定しています。外来には1日130~140名もの来院があるので、トイレの数を増やしたり、待合スペースを拡充して、より快適な環境を整えていく計画なんですよ。専門治療を求めて、遠方からも多くの患者様が来院されるので、待ち時間はゆったりとリラックスして欲しいんです」。北陸や関西方面から来院される方もいるんだとか。

特徴は”名”を聞く名物・名所・名スタッフ

MRI室

お次は、より精度の高い検査が可能な機械を導入したばかりのMRI室へ。「当院は、手術支援ロボットやPVPを全国に先駆けて導入していますが、その他の検査機器や医療設備も、最新式を積極的に取り入れているんです。こちらのMRI導入後は、地域の病院から多くの紹介患者様を受け入れているんですよ」と、赤塚さん。

創意工夫を伺う独自の取り組み

外来部門

外来を覗くと、キャリア面談が行われていました。「看護部では病院独自の『成長支援制度』を構築し、各部署の責任者が3カ月毎に面談を行い、一人ひとりの目標達成度を評価しているんです。専門的な病院なので、認定看護師などのスペシャリストの育成にも力を入れており、目指したい方は全面的にバックアップしていますよ」と、外来の主任さん。

透析室

つづいて、透析室にやってきました。「ここ数年の間に全ての透析装置がオンラインHDF対応となったので、より質の高い透析が可能になり、操作手順もスムーズになりました。透析ニーズは増え続けているので、近隣のサテライトクリニックと応援体制を取り、人手不足の時は支え合っているんですよ」と、赤塚さん。透析装置も最新式なんですね!

透析室

透析看護には専門知識が求められますが、透析看護未経験でも働けるでしょうか?「大丈夫。当院では、中途入職の方にも指導係を付け、1対1の丁寧なOJTを行っています。透析室のスタッフは透析看護未経験スタートの方が大半ですが、院内研修や、外部の研修・学会などに積極的に参加して、スキルアップに励んでいますよ」と、赤塚さん。必要な外部研修・学会は、病院が費用を負担してくれるそうです。

透析室前

職員の皆さんが集まってくれたので、専門病院で働く魅力を伺ってみました。「当院の症例数や手術実績は、医療雑誌などにも多く取り上げられており、全国から注目を集めています。時代をリードする医療や、注目度の高さ、多くの患者様から寄せられる信頼は、働く私たちにとって大きな誇りで、日々のモチベーションにつながっています」と、皆さん。

ナースステーション

病棟のナースステーションでは、シフト作りの真っ最中。希望休は反映してもらえるんですか?「職員間の譲り合いの精神で、希望休の申請はほぼ100%通っています。年間休日は120日以上あり、有休もしっかり消化できるので、プライベートを充実させることができますよ!病棟は、残業を当番制にしているので、当番以外の日は定時に退勤できるんです」と、赤塚さん。働きやすさも整った職場なんですね~!

手術室

手術室へ伺うと、子育て中のママさん看護師のお2人を紹介していただきました。手術件数の多い病院ですが、仕事と子育ての両立はできていますか?「はい。手術室は夜勤がなく、日曜・祝日がお休みで、残業もあまり発生しないので、子どもと過ごす時間をしっかり確保できています。手術件数は多いですが、最新かつ安全な術式なので、一般的なオペ介助というより、機器操作を行うME的な業務が多いんです」と、お2人。

特徴は”名”を聞く名物・名所・名スタッフ

手術室

桑原理事長が、手術支援ロボット「ダビンチ」を紹介してくださいました。「医療ドラマでも最近登場するようになったロボットで、日本でも年々導入数が増えています。今、国内には100台ほどあるでしょうか。当院では国内で2番目にダビンチを取り入れましたので、手術実績も豊富。だから、技術には自信があります!」と、桑原理事長。

職員食堂

最後は、多職種の皆さんで賑わう職員食堂へ。「ランチは1食350円で、日替わりの3種類のメニューの中から、好きなものを選ぶことができます。透析患者様への食事も提供しているだけあって、栄養バランスはバッチリ!最上階なので、晴れている日は窓から富士山を眺めながらランチを楽しめるんですよ」と、赤塚さん。わ~、素敵な食堂!今日はありがとうございました。

介護21スタッフが聞く「で、実際のところは?」見学後記

帰り道

――最先端の技術と設備を誇る病院、いかがでしたか
泌尿器科の治療・手術において、全国屈指の実績を誇っており、最新の知識・技術を身に付けられる環境でした。手術支援ロボットを日本国内で2番目に導入しているだけあって、症例数も豊富で、2016年度の手術件数は1023件だったそうです。
――専門性の高い病院ですが、未経験者でも働けるでしょうか?
外来、病棟、透析室、手術室と、それぞれの部署で働く方々に、専門性についての質問をしましたが、皆さん一様に「経験がなくても大丈夫」とのことでした。専門性が高いといっても、すごくアットホームな環境なので、丁寧な教育が受けられそうです。
――では、ここはちょっと、というところはありましたか
ママさんナースにとっては、院内保育所がないことが気になるかもしれません。でも、残業はほとんどなく定時で帰ることができるので、保育所さえ見つかればスムーズな復帰が可能だと思います。
――では、最後にここだけの話をお願いします
働きやすい職場なので、年間の職員定着率90%以上だそうです。勤続10年以上、20年以上の方もたくさん活躍していて、産休・育休後の復帰率もほぼ100%なんだとか。

未経験から泌尿器科・人工透析・手術支援ロボットなどの知識を学びたい方

残業が少なく、結婚・出産後も長く働ける環境を求めている方

募集職種を見る