1. 看護師の求人・転職トップ > 
  2. 千葉県の看護師求人 > 
  3. 佐倉市の看護師求人 > 
  4. 医療法人社団 誠仁会 みはま佐倉クリニックの看護師求人 > みはま佐倉クリニックをwebで病院見学
おうちでゆっくり見学できます。webで病院見学

医療法人社団 誠仁会

みはま佐倉クリニック

( 泌尿器・人工透析専門クリニック )

編集部が取材しました

見学の下調べ

一口に「透析」といっても、医療機関によって機械や治療方針に違いがあるそうです。「みはま佐倉クリニック」の母体は、泌尿器・人工透析・腎臓不全予防で高い実績をもつ誠仁会グループ。千葉県に4つの透析専門施設を展開し、それぞれの施設で大病院にも引けをとらない最高水準の治療を実践しているとのこと。今日はその現場をしっかり見学してきますね!

■形 態 :
泌尿器・人工透析専門クリニック
■所在地 :
千葉県佐倉市/ユーカリが丘駅
■病床数 :
19床
百聞は一見にしかず見学開始!!

玄関

メディアからも注目を集める「ユーカリが丘駅」周辺の魅力は、充実した子育て環境。働くパパ・ママをサポートする、託児所や学童などが増えているそうです。そんな駅から送迎バスに乗って7分程で、「みはま佐倉クリニック」に到着しました。玄関で迎えてくれたのは、本日の案内役の看護師さん。近隣に大きな病院が多いですね。「そうなんです。当クリニックは19床と家庭的な規模ですが、地域の大病院と連携して、地域医療に貢献しているんですよ」。

ロビー

玄関からロビーへ入ると、思わず“うわ〜っキレイ!!”。品があって、すごく落ち着いた空間ですね。「ありがとうございます。見学者の方には、いつも院内の雰囲気を気に入ってもらえます。新築移転から7年たった今も、新しくてピカピカなんですよ」。職場のハード面が整っているのは嬉しいポイント!ちなみに3Fの入院病棟も、匂いもなく清潔な空間が保たれているのだとか。

透析室

まずは2Fの透析室へ。看護部では、毎年“1年の行動目標”を立てているそうですね?「はい。常に目的意識をもって仕事に取り組めるように、個々に目標を立てて、1年後に師長と振り返りをしています」。今年はどんな目標を立てました?「入職3年目を迎えたので、自分の業務だけでなく、もっと全体を見渡しながら仕事を進めていくことが今年の目標。新人さんの教育も頑張りたいです!」。

透析室

入職後は、2ヵ月間このようなマンツーマン指導が受けられるのだそうです。指導を受けているのは新人さん。こちらのクリニックに入職した理由は何ですか?「結婚したので、夜勤がなくて残業が少ない勤務スタイルに惹かれました。透析は未経験でしたが、導入研修後も先輩方がフォローしてくれているので、安心して働くことができています。臨床工学技士さんも優しい方ばかりで、いろいろな専門知識を教えてくれるんですよ」と、新人さん。心強い環境ですね~。

機械室

お次は機械室で、臨床工学技士さんにお話を聞いてみましょう。働く上で、どんなことを大切にしていますか?「機械管理だけではなく、患者様と積極的に関わるようにしています。回診は看護師にしかできませんが、バイタルチェックなどの臨床工学技士にもできることは、積極的に引き受けていますよ。それから、月に1度は多職種会議を行っています。ちょうどこれから会議なので、見学していきますか?」。それは良いタイミング。ぜひお願いします!

カンファレンスルーム

と、いうことでカンファレンスルームへやってきました。医師、看護師、臨床工学技士、栄養士、事務スタッフなどが集まり、患者様について話し合っています。中央にいるのは永川院長。会議の後、今後の方向性について伺いました。「新築移転後は手術室を完備し、シャントトラブルにも迅速に対応できる体制が整いました。今後は、泌尿器科の各手術も行える施設にすることが目標です」。クリニックをますます成長させていく方針なのですね。

病棟

「こちらは、看護部をまとめている主任です。3歳のお子さんを育てるママさんなんですよ」と、紹介していただきました。小さなお子さんを育てながら管理職として働くのは、大変そうですね。「そんなことありません。うちの職場は残業が少ないですし、育児支援(夜勤免除・育児短時間勤務・保育手当など)が整っています。そして、何より同じ思いで仕事と子育てを両立しているスタッフがたくさんいるので、とても心強いです。看護師として経験を積むにはとても良い環境ですよ!」と、主任さん。

ナースステーション

病棟のナースステーションへ行ってみると、病棟看護師と主任さんが“患者様の運動プログラム”を立案中。筋力が低下しやすい入院患者様について、あらゆる面からアプローチし、元気に通院していただけるよう取り組んでいるそうです。「透析の専門クリニックですが、単に透析治療の提供だけではなく、トータル的に患者様を看るようにしているんです」と、主任さん。

ナースステーション

「先日、法人主催の運動会があったんですよ」と、写真を見せてくれました。あれ?お子さんも参加しているんですか?「そうなんです。“チビッ子レース”や“パン食い競争”など、小さなお子さんが楽しめる競技を充実させて、子ども連れ参加を大歓迎しています」。お子さん同士も仲良くなって、家族ぐるみの付き合いをしている方も多いのだとか。

廊下

皆さんは、職場のどんなところに魅力を感じていますか?「泌尿器・人工透析の分野で全国トップレベルの医療法人グループの分院として、スタッフ一人ひとりが誇りを持って働いているところです。向上心のあるスタッフが多く、年間を通してさまざまな外部研修や学会に参加しているんですよ」と、皆さん。勉強熱心なスタッフが多いんですね~。

食堂

最後は、スタッフの皆さんに大人気の職員食堂へ。1食230円で、毎日できたての昼食が食べられるのだそうです。こちらに貼ってあるものは何ですか?「グループ院内報の“みはまタイムス”です。2ヶ月に1度、法人の編集チームが発行しているんですよ。他の施設に行くことは滅多にありませんが、この院内報を通して、各施設の情報を得ています」。楽しい記事ばかりで、誠仁会の絆が感じられますね。今日はありがとうございました。

介護21スタッフが聞く「で、実際のところは?」見学後記

帰り道

――お疲れさまでした。透析の専門クリニック、いかがでしたか?
19床のクリニックでしたが、歴史と実績のある誠仁会グループの方針を実践し、地域の大病院からも頼られているようでした。アットホームな雰囲気の中にも、スケールの大きさを感じる部分があり、働きやすさも整っていましたよ。
――教育環境についてはどうでしたか?
誠仁会共通の教育マニュアルが確立されていて、法人独自の透析治療をしっかり伝える体制が整っていました。未経験だと、透析治療はどこも同じと考えがちですが、誠仁会は治療に対するプロ意識が高く、機械や水にもこだわっていました。
――では、ここはちょっと、という点は?
毎年、産休・育休取得者が出るので、主任としては、もう少し人員にゆとりが欲しいそうです。でも、看護師さんが足りない時は、臨床工学技士さんやドクターがしっかりサポートしてくれているそうです。
――最後に、ここだけの話をひとつお願いします
クリニックをまとめる永川院長の特技は、なんと日本酒の「利き酒」!忘年会などの宴会の場では、院長オススメの美味しい日本酒を、解説付きで飲み比べることができるそうですよ。

歴史と実績のある法人のもと、イチから透析看護を学びたい方

生涯の強みとなる透析の分野でキャリアアップしたい方

募集職種を見る