1. HOME  > 
  2. 千葉県  > 
  3. 香取市  > 
  4. 医療法人社団 誠仁会 みはま香取クリニック  > 
  5. webで病院見学
おうちでゆっくり見学できます。webで病院見学

医療法人社団 誠仁会

みはま香取クリニック

( 人工透析クリニック )

編集部が取材しました

見学の下調べ

透析医療は専門的でありながら、全身管理が求められる領域。今まで学んだ医療知識との関連性が見つかると、点と点が線でつながるような発見に出会えるそうです。「みはま香取クリニック」は、「透析患者さんの全身を診ること」にこだわる外来透析施設。手術室や各種検査機器を揃え、治療の提供だけでなく、食事指導・運動療法を重視した生活全体のサポートに取り組んでいるんだとか。学びが多そうな職場に期待を寄せて、さっそく見学に行ってきます!

■形 態 :
人工透析クリニック
■所在地 :
千葉県香取市/佐原駅
百聞は一見にしかず見学開始!!

玄関

地域をあげて「観光まちづくり」に取り組む「佐原駅」周辺は、北総の小江戸と呼ばれる歴史ある街並み。駅からタクシーに乗って10分ほどで、シックな外観の「みはま香取クリニック」に到着しました。無料駐車場が完備されているので、マイカー通勤も可能です。玄関で迎えてくれたのは、ママさん看護師のお2人。今日はよろしくお願いします!

待合室ロビー

さっそく玄関から待合室ロビーへ。開放的な空間で、天井は吹き抜けになっています。外観といい、ロビーといい、とってもお洒落ですね。「ありがとうございます。新築移転して8年目になりますが、今でも多くの方に『きれいですね〜。まだ新しいんですか?』と言っていただけるんですよ」と、お2人。これだけ職場がきれいだと、気持ちよく働けそうですね。

特徴は”名”を聞く名物・名所・名スタッフ

待合室ロビー

まずは白井院長にごあいさつ。院長の診療方針を教えてください。「私のモットーは、患者さんの全身を診ること。大学病院の内科医としての勤務経験から、日常生活管理を重視しています。特に、食事・運動療法に関してはチームを立ち上げ、一人ひとりの患者さんに合わせたメニューを提案しているんです。また、『血管の若さ度』がチェックできる頸動脈エコーや、心臓足首血管指数(CAVI)なども用いて、お身体に合った治療を目指しています」と、白井院長。

症例カンファレンスの写真

こちらは、白井院長が大切にしている症例カンファレンスの写真。「質の高い透析治療を追求するため、毎月1回、多職種で症例報告を行っています。研究活動にも熱心な院長の方針で、研究発表会や学会にも積極的に参加しているので、その予行練習も兼ねてみんなで取り組んでいるんです」と、お2人。さまざまな職種の発表を聞くのは、とても良い刺激になるそうです。

透析室

つづいて40台のベッドが並ぶ透析室へ。看護師によるシャントエコーの活用を推進しているそうですが、扱い方は難しくないのでしょうか?「こんな風に、職員同士で教え合っているから大丈夫です。入職後は、機械操作や穿刺などの手技と合わせて、誠仁会オリジナルの電子カルテや、シャントエコーの扱い方もマンツーマンで指導します」。それなら安心ですね。

創意工夫を伺う独自の取り組み

透析室

カウンターの一角では、多職種の皆さんが話し合いをしていました。「当クリニックでは体組成データをもとに、一人ひとりの患者さんに合わせた食事指導をしたり、透析中の運動療法を提案しています。透析療法を行うだけでなく、患者さんの生活の質を上げるために、糖尿病改善や合併症予防に取り組んでいます」と、皆さん。

裏付けされた”自信”を聞く職場自慢

透析室

誠仁会グループでは、単位制の勤務時間が導入されているそうですね。「はい。午前・午後・夜間(それぞれが1単位=4.75時間)といった透析クールに合わせた勤務時間になっています。1日1〜2単位で、月34単位をこなせばOKなので、自分の生活に合わせた働き方が可能です」。みんなの休みの希望が通るように、師長さん(写真右)がきちんと調整してくれているそうです。

運動会の写真

「こちらは運動会の写真。楽しそうでしょ〜!」と、誠仁会主催の運動会の写真を見せてくれました。職員のお子さんも参加しているんですか?「はい。福利厚生の1つに『保育補助手当』があるので、子育て中のスタッフがたくさん活躍しているんです。職場のイベントには子どもを連れてきてOKなので、毎回とっても賑やかなんですよ」と、お2人。すごくアットホームで、温かい職場なんですね!

手術室

つづいて手術室へやってきました。「当クリニックのような小規模な施設で、バスキュラーアクセス関連の手術にまで対応しているのは、実はすごく珍しいんです。PTAやシャント手術など、年間約70件の実績があり、地域の透析施設から手術目的の患者さんも受け入れています」と、お2人。病院と変わらない手術室が完備されていて、ビックリです!

職員食堂

こちらは、職員の皆さんに大人気の職員食堂です。「調理師さんがいるので、毎日できたての美味しいゴハンが食べられて幸せです。栄養のバランスも良いし、メニューもいろいろあるんですよ。この昼食が、私たちの原動力になっています!」。わ〜、とっても美味しそう!お腹すいちゃうな〜(笑)。

玄関

最後は玄関で、皆さんが見送ってくれました。「当クリニックは、誠仁会グループの中で一番小さな透析施設ですが、だからこそ顔が見える関係性を活かし、多職種チームで透析医療に取り組んでいます!スキルアップ環境もバッチリなので、気になる方は一度見学に来て欲しいです」。皆さんの笑顔から、職場の雰囲気の良さが伝わってきます。今日はありがとうございました。

介護21スタッフが聞く「で、実際のところは?」見学後記

帰り道

――お疲れさまでした。全身管理にこだわる透析クリニック、いかがでしたか?
体組成計、食事指導、運動療法、シャントエコーの活用など、透析患者さんのためにさまざまな取り組みをしているクリニックでした。透析室の勤務は、機械操作がメインの単純作業かと思いきや、すご~く幅広い知識が学べそうな職場でしたよ。
――働きやすさはいかがでしたか?
日曜日が定休日で、深夜勤もなく、残業もほとんど発生していないようで、すごく働きやすそうでした。育児経験者が多いので、お子さんの急な体調不良による欠勤・早退にも理解があるそうです。
――では、ここはちょっと、という点は?
今後は、中堅ナースへの教育を充実させたいそうです。新人さんには誠仁会グループ共通の教育マニュアルが用意されているそうですが、次のステップとして一歩進んだ知識・技術が学べる環境をつくりたいそうですよ。
――最後に、ここだけの話をひとつお願いします
実は見学の後、職員食堂を利用させていただきました。手作りの温かいゴハンで、すっごく美味しかったです!食堂でも一職種だけでかたまらず、みんなで楽しいランチタイムを過ごしていましたよ。

幅広い視点で透析患者さんのサポートがしたい方

結婚・出産後も長く安心して働き続けたい方

募集職種を見る