1. HOME  > 
  2. 埼玉県  > 
  3. 春日部市  > 
  4. 医療法人社団 嬉泉会 春日部嬉泉病院  > 
  5. webで病院見学
おうちでゆっくり見学できます。webで病院見学

医療法人社団 嬉泉会

春日部嬉泉病院

( 一般病院 )

編集部が取材しました

見学の下調べ

待遇や設備面の充実は、職場を選ぶ際に確認したい重要ポイント!「春日部嬉泉病院」には、無料の24時間保育室が完備され、出産後も長く安定して働きやすい環境が整っているのだそうです。でも、保育室以外にも働きやすさのヒミツがたくさん隠れていそうな予感が……。そのヒミツ、見学時にしっかり探ってきます!

■形 態 :
一般病院
■所在地 :
埼玉県春日部市/春日部駅
■病床数 :
病床数:60床(内ICU2床。病棟:1単位) 人工透析:75台
百聞は一見にしかず見学開始!!

玄関

春日部駅から歩くこと3分。大型マンションや、中小のビルが立ち並ぶ一角に、病院が見えてきました。出迎えてくださったのは、ママさん看護師の山下さん。7歳のお子さんを病院の保育室に預けながら働いているそうです。「うちの病院、とっても働きやすいんですよ!今日は魅力をたっぷり紹介しなくちゃ」。

1階検査フロア

まずは1階の検査フロアへ。「検査室では、最新のCT、レントゲン機器を取り揃えています。2012年からは電子カルテが導入されたので、医療情報のデジタル化にともない、検査部門とのやりとりがスムーズになったんですよ」。歴史ある病院ですが、時代に合わせて医療機器を導入しているんですね。

外来処置室

2階フロアは、とても静かで落ち着きのある空間。受付と広い待合室、そしてこの外来処置室があります。「このお部屋は、5年前にリニューアルしました。こだわったのは、こちらのカウンター。落ち着いて患者様に対応することができるんですよ」と、山下さん。

ナースステーション

ナースステーションは3階と4階にあります。まずは3階のナースステーションにやってきました。看護師さんは、電子カルテや看護支援システムを活用しながら効率良く働いています。「電子カルテの導入時は、操作が覚えられるか心配でしたが、効率面でも医療安全面でも、導入して良かったと思います」。新人さんのために、電子カルテの操作研修も実施しているのだとか。

裏付けされた”自信”を聞く職場自慢

ナースステーション

病棟は、3階と4階合わせて一単位。ナースステーションがわかれていると、移動が面倒では?「ほら、ここにナースステーション間の移動専用の内階段があるんです」と、山下さん。おおっ、直接つながっているのですね!確かにこれなら移動もラクラク。さらにお隣には、当直用の休憩室も完備。細やかな工夫がいろいろなところに見られますね〜。

ナースステーション

看護部には子育て中の方が多いそうですね?「はい。うちの病院、ママさんにとても親切なんです。保育室は無料ですし、残業は当番制(月2回程度)なので、普段はほぼ定時で帰れます。お休みも充実していて、年に1回8連休が取れるんですよ」と、皆さん。8連休も!?うらやまし〜。しかも自分の好きな時期に取れるそうです。

透析室

続いて透析室にやってきました。「透析機器は全自動のon-line対応だから、機械操作がとっても簡単!すぐ近くの附属クリニックでは、2015年より最新透析機器I-HDFを導入しています」と、山下さん。さすが透析が強みの病院ですね!新人さんにはマンツーマンの丁寧な指導を行っているので、透析未経験の方でも安心して働けるそうです。

職員食堂

次に案内されたのは職員食堂。管理栄養士のお二人が迎えてくれました。「当院は透析患者様が多いので、管理栄養士による食事指導は重要な業務。私たちは看護部のカンファレンスにも参加して、一人ひとりの患者様に関する情報共有をしっかり行っているんですよ」と、お二人。食堂は新しくリニューアルしたばかりだそうで、スタッフの皆さんに大人気なんだとか。院内でアツアツの美味しいランチが食べられるって、いいですね〜。

裏付けされた”自信”を聞く職場自慢

リフレッシュルーム

「そうそう、リフレッシュルームにご案内しなくては」と、やってきたのがこちら。スタッフみんなが使用できる明るい休憩室には、マッサージ器までありました。他に、病棟スタッフ専用や透析室スタッフ専用の休憩室もありますし、設備の充実ぶりは、ホント素晴らしい!山下さん、マッサージ器がお気に入りのようです。

裏付けされた”自信”を聞く職場自慢

薬局

お次は2Fの薬局へ。「薬局ではどんなに忙しい時でも、一人ひとりの患者様に処方薬の飲み方・注意事項などの説明を行っています。おかげで調剤ミスがなく、私たち看護師は気持ちよく働けているんですよ」と、山下さん。そういった毎日の積み重ねが、患者様との信頼関係につながっているんですね。

保育室

最後にご案内いただいたのは、病院から徒歩3分ほどの場所にある24時間保育室。2013年にリニューアルを行い、以前よりも広く充実した設備になったそうです。「1歳児から小学4年生まで対応していて、保育料は無料。毎日おやつまで出してもらえるんですよ!」。へぇ~、保育室にも細やかな配慮がいっぱい。今日は本当にありがとうございました!

介護21スタッフが聞く「で、実際のところは?」見学後記

帰り道

――お疲れさまでした。働きやすさのヒミツ、いかがでしたか?
隠された工夫が随所にあるんです。説明を受けて初めて、ああ、これはいいだろうなあ、素晴らしいなあ、と実感できました。また、設備面だけでなく、スタッフの人間関係も良さそうで、どこに行っても穏やかな空気が流れていて、居心地が良かったです。
―― ハード面がいろいろリニューアルしたようですね?
はい。電子カルテ化に伴い、検査機器なども最新式になったので、業務効率がアップしたそうです。電子カルテに触れたことがないスタッフに対しては、しっかり研修でフォローしていましたよ。
――では、ここはちょっと、という点は?
見当たらないので、看護部長にこれからの改善点について質問してみたんです。すると、スキルアップがこれからの課題とおっしゃっていました。希望する外部研修に参加できる制度を整えたそうなので、今後は積極的に参加させていきたいそうです。
――最後に、ここだけの話を一つお願いします。
保育室は以前まで、「未就学児のみ無料」だったそうですが、スタッフのニーズに応えて、年齢問わず無料になったそうです!現在37名のお子さんが登録していて、土曜・日曜は小学生も多く、すごく賑やかで楽しい雰囲気なのだそうです。

子育てと仕事をしっかり両立させたい方

働きやすい設備・環境を求めている方

募集職種を見る