1. HOME  > 
  2. 東京都  > 
  3. 八王子市  > 
  4. 八王子保健生活協同組合 城山病院  > 
  5. webで病院見学
おうちでゆっくり見学できます。webで病院見学

八王子保健生活協同組合 

城山病院

( 療養型病院 )

編集部が取材しました

見学の下調べ

【 リハビリスタッフ編 】
八王子の郊外にある城山病院は、リハビリに力を入れている回復期病棟と療養型の医療・介護病棟で構成された病院で、患者様の在宅復帰率の高さを誇っています。となると、気になるのはリハビリスタッフさんたちの仕事。これはもう見学に行って確かめてくるしかないですね!

■形 態 :
療養型病院
■所在地 :
東京都八王子市/高尾駅
■病床数 :
199床 (医療保険病棟79床・介護保険病棟80床・回復期リハビリテーション病棟40床)
百聞は一見にしかず見学開始!!

玄関

高尾といえば高尾山登山で今や大人気のスポット。駅にはリュックを背負った人の姿もちらほら……。目指す城山病院へは、高尾駅から送迎バスで向かいます。地図で見ると、駅からはかなり離れている印象がありましたが、バスに乗ること7分くらいで病院に到着。リハビリ室前の入り口では、3人のリハビリスタッフさんが出迎えてくださいました。

リハビリ室

「今日は入職3年目の平石がご案内します。あ、あと他のスタッフもサポートしますので、何でも聞いてくださいね」。リハビリスタッフさんの仕事場、リハビリ室には患者様、リハビリスタッフさんの姿がいっぱい。スペースも広すぎず狭すぎずと、ちょうどよい感じ。人が多いせいかとても活気があります。

リハビリ室

白衣を着た方が何気なく入ってこられてリハビリスタッフさんと談笑しています。平石さん、あの方は…?「院長です。院長はリハビリ専門医でもあるので、こうやってよくリハビリ室に顔を出してくれるんですよ」。わあ、院長先生だったのですね。失礼しました!あまりにも普通にいらっしゃるのでびっくりしちゃいました。

リハビリ室

「私は現場が好きなので、院長室にはほとんどいないんですよ」とニコニコ笑顔で語ってくださる院長先生。「当院のリハビリは、自立だけを目標とするのではなく、自立が難しい患者様に対しても『少しでも患者様の状態をよくすること』を大切に考えています。リハビリスタッフたちは、本当によく頑張ってくれているので、安心して任せています」。

裏付けされた”自信”を聞く職場自慢

廊下

院長先生主催の勉強会も多く、「学び」が当たり前の環境だからこそ、リハビリスタッフとしてスキルアップできるのだそうです。そしてもうひとつの自慢は仲のよさ。「若い仲間が多いからとにかく皆元気で明るいんです」と平石さん。確かにリハビリスタッフさんが元気だと、患者様や利用者様も笑顔になりますよね。

リハビリ室

リハビリと隣接したところでデイケアも行われているので、デイケア担当のスタッフとも気軽に情報交換できるそうです。「PT、OT、ST、デイケアスタッフが近くでそれぞれの仕事をしているので、とても勉強になります。退院された方がデイケアに通ってくださることも多いんですよ。ご自宅に退院された後も同じ法人内に在宅サービスがあるため、継続的に患者様と接することが多いことも、当院ならではのメリットだと思います」と平石さん。

リハビリ室

回復期病棟での入院患者様の在院平均日数は、約70日。退院が近い患者様が自宅での日常生活にスムーズに戻ることができるよう、こうしたリハビリ用設備も整っています。この「家」の設備も広いリハビリ室の一角にあるので、スタッフの目もよく行き届きます。

ナースステーション

リハビリスタッフとナースの連携もよくとれています。カンファレンスや情報交換はナースステーションでも行われるそうです。「患者さんの状態を知るうえで情報交換は重要なものなので、定期的に行われるカンファレンス以外でも、必要に応じて情報交換・情報共有を行うように心掛けています」。

リハビリ室

報告書やカルテ作成などの事務処理も、リハビリスタッフの大切な仕事のひとつ。手書きではなくPCで必要事項を入力。事務処理は1日の仕事の終わりにまとめてやることが多いそうです。というわけで、この作業が終われば本日の業務は終了!

介護21スタッフが聞く「で、実際のところは?」見学後記

帰り道

――お疲れ様でした。リハビリスタッフさんの仕事ぶり、いかがでしたか
皆さんとても真面目というか、落ち着いて仕事に取り組んでいる様子が印象的でした。やはり院長先生がリハビリの専門医なので、病院全体のリハビリに対する想いがとても強く、プロとして自信を持って仕事をしているなあ、という感じがしました。
――勉強する機会も多いようですね
院長先生主催の院内勉強会は1カ月に約1回。実技研修や学会に参加する機会もあるそうです。院外研修にはすべて出張扱いで参加できるので、参加率も高いとか。うらやましい環境ですよね。
――なるほど。では、ここはちょっと、という点は?
都心から通うにはちょっと遠いかなあ、という印象はあるのですが……。でも皆さんけっこう遠くから通っていらっしゃるようなので、慣れるとさほど苦にはならないようです。
――最後に、ここだけの話をお願いします
院長先生がとにかく気さくで、どんなことでも相談できる雰囲気なのがとてもいいなあ、と思いました。でも、院内のあちこちにいらっしゃって、なかなかつかまらないので、院長先生に用事があるときは、院長室に行かずにPHSにかけることもあるそうですよ。

在宅復帰を視野に入れた、幅広いリハビリのスキルを身に付けたい方

自然がいっぱいの静かな環境で、じっくりとリハビリを学びたい方

募集職種を見る