1. HOME  > 
  2. 千葉県  > 
  3. 習志野市  > 
  4. 医療法人社団 愛友会 津田沼中央総合病院  > 
  5. webで病院見学
おうちでゆっくり見学できます。webで病院見学

医療法人社団 愛友会

津田沼中央総合病院

( 一般病院 )

編集部が取材しました

見学の下調べ

看護師には色々な働き方がありますが、どんな分野が向いているかは人それぞれ。経験してみなければ、わからないものです。「津田沼中央総合病院」がこだわっているのは、“自分らしさ”を大切にできる職場環境。教育プログラムが充実していて、進みたい道へのキャリア支援制度も整っているのだそうです。現場にはどんな道を歩んだ先輩がいるのか、しっかりチェックしてこようと思います!

■形 態 :
一般病院
■所在地 :
千葉県習志野市/津田沼駅
■病床数 :
300床(一般181床 障害者病棟46床 ハイケア15床 回復期リハビリ病棟58床)
百聞は一見にしかず見学開始!!

玄関

JR「津田沼駅」は駅ナカショップが充実していて、手ごろなお惣菜・お弁当も買える便利な駅。南口を出て、大きな商業施設が建ち並ぶ道路を6分程歩くと、「津田沼中央総合病院」が見えてきました。玄関で迎えてくれたのは、副看護部長の上田さん。病院らしくない、おしゃれで斬新な設計ですね~!「そうなんです。当院のコンセプトは、21世紀型の新病院。院長と設計士さんの熱い想いで、2011年にリニューアルしました」。

ロビー

中へ入るとさらにびっくり。ロビーにはカフェのようなテーブルと椅子が置かれ、患者様が自由にくつろいでいます。「当院は診療科が多いので、幅広い患者層に受け入れられる空間づくりを大切にしています。このロビーでは、職員が“院内バザー”や“クリスマスコンサート”などを企画して、地域の方々とイベントを楽しんでいるんですよ」と、上田さん。地域とのつながりを大切にしているんですね。

相談コーナー

「こちらの相談コーナーは、看護師とケアワーカーによる“在宅療養部門”が担当していて、患者様やご家族の色々な相談に乗っています」。病院では、在宅支援に力を入れているんですか?「そうなんです。だから看護部でも、集合教育に“在宅研修プログラム”を取り入れ、在宅療養部門で退院支援に取り組んだり、訪問看護師としてデビューしたいスタッフを応援しているんですよ」と、上田さん。

職員専用通路

3Fには、職員専用フロアがあります。あっ、これは上尾中央医科グループ(AMG)の運動会の写真ですね。「はい。AMGのイベントは、毎年すごく盛り上がるんです!AMGは研修も充実していますし、奨学金制度、資格支援制度といったキャリアサポートも整っています。院内では学べない専門領域を学ぶために、みんな積極的に院外へ勉強に行っていますよ」と、上田さん。

裏付けされた”自信”を聞く職場自慢

キャリア支援センター

こちらは、スタッフが自由に活用できる“キャリア支援センター”。専門書籍がズラリと並び、調べものができるようにパソコンも設置してあります。「看護に関する定期購読本以外にも、各部署から『○○の本が欲しい』という声を集めて、いろいろな専門書を揃えました」。

看護部長室

キャリア支援センターと看護部長室は、扉1枚でつながっています。そしてその扉は、常にオープンな状態なのだとか。「スタッフとは近い距離を保ちたいので、扉はいつも開けっ放しにしているんです。キャリア支援センターを利用するスタッフは、将来について悩んでいる子が多いので、よく話を聞くようにしているんですよ」と、看護部長。

病棟

つづいて病棟へやってきました。現場教育は、どのように行っているんですか?「主任が教育担当者、5年目以上がアソシエイト、3年目以上がプリセプターと、しっかり役割分担して取り組んでいます。中途の方にもプリセプターが付きますし、教育が手薄になりがちな2年目の教育は、アソシエイトが担当しています」と、皆さん。病棟全体で新人を育てる体制が整っているようです。

病棟

こちらのお2人は、仕事と子育てを両立しているママさん達。それぞれお子さんの人数を、指で表してくれました。ママさんの目線で、職場の働きやすさはどんなところですか?「時短勤務や日勤常勤など、ライフスタイルに合わせて柔軟な働き方ができるところが魅力です。院内には24時間対応してもらえる保育室もあるので、小さなお子さんがいるスタッフも多いですよ」と、お2人。

病棟

こちらは、“がん性疼痛看護認定看護師”の小沼さん。難しい資格に、若くして合格されたそうですね。「研修先では1番年下でしたが、職場のバックアップのおかげで挑戦できました!当院は、やる気さえあれば、年齢・キャリアに関係なく応援してくれるんです。現在は病棟に配属されていますが、いつか緩和ケアの専門外来を開いて、専従看護師になることを目標にしています!」と、小沼さん。もう次の目標に向かっているとは、素晴らしい!

創意工夫を伺う独自の取り組み

忘年会

スタッフの成長へのモチベーションは、どのように上げているんですか?「定期的な意向調査で、部署異動や資格取得などの要望を集め、本人の希望する働き方ができるようサポートしています。また、看護研究やチーム活動など、頑張っている部署にはMVP賞を授与して、院内で刺激を与え合っています。授賞式は、忘年会の一大イベントなんですよ」と、忘年会の写真を見せてくれました。こんな盛大な忘年会でMVP賞を授与されたら励みになりますね~!

特徴は”名”を聞く名物・名所・名スタッフ

感染対策室

最後は、立ち上げたばかりの「感染対策室」を案内していただきました。「当院では、感染対策室に専従看護師を配置して、医療安全管理室と連携しながら、安心・安全な病院づくりに取り組んでいます。専従スタッフがいることで、院内視察が徹底でき、職員への教育もしっかり行えているんですよ」と、上田さん。基本的な部分にも、とてもしっかり取り組まれているんですね。今日はありがとうございました!

介護21スタッフが聞く「で、実際のところは?」見学後記

帰り道

――お疲れさまでした。色々な働き方が選べる総合病院、いかがでしたか?
自分に合った部署で、ライフスタイルや目標に合わせた働き方ができるという点が、とても魅力的でした。看護部では、上に立つ立場の方々が、スタッフのモチベーションを引き上げてくれていましたよ。
――印象に残ったスタッフはいましたか?
がん性疼痛看護認定看護師の小沼さんは、病院第1号の認定看護師として、皆さんに期待されていました。認定看護師としての活動の場を増やすためにも、認定を目指す後輩を育成して、認定看護師同士が連携できる環境をつくりたいそうです。
――では、ここはちょっと、という点は?
上尾中央医科グループの本部(埼玉県上尾市)から離れているので、合同研修に行くのが、ちょっと大変なのだとか。だから、院内研修プログラムをもっと充実させていきたいそうです。
――最後に、ここだけの話をひとつお願いします
病院の近くに、美味しいと評判で、いつも大行列のパン屋さんがあるそうです。スタッフの中にもファンが多く、ランチはいつもそこのパンの方も多いのだとか!

自分のやりたい看護に出会いたい方

結婚・出産後もキャリアアップへの意欲がある方

募集職種を見る