1. 看護師の求人・転職トップ > 
  2. 東京都の看護師求人 > 
  3. 足立区の看護師求人 > 
  4. 特定医療法人財団 健和会 柳原リハビリテーション病院の看護師求人 > 柳原リハビリテーション病院をwebで病院見学
おうちでゆっくり見学できます。webで病院見学

特定医療法人財団 健和会

柳原リハビリテーション病院

( リハビリテーション病院 )

編集部が取材しました

見学の下調べ

リハビリテーションの目的は患者様の身体のさまざまな機能の向上ですが、それに介入する職員が疲れ切ってしまっては元も子もありません。職員に負担の少ない介助方法は、どの病院でも求められている課題ですよね。急性期治療後のリハビリに特化した「柳原リハビリテーション病院」が取り組んでいるのは、“人の力だけに頼らず、補助器具を活用した看護・介護”。法人内の「健和会補助器具センター」のノウハウを取り入れ、安心安全の療養環境・職場環境を作っているそうです。さっそく見学に行って、現場を勉強してきます!

■形 態 :
リハビリテーション病院
■所在地 :
東京都足立区/牛田駅
■病床数 :
100床(回復期リハビリテーション病床60床、障害者病床40床)
百聞は一見にしかず見学開始!!

玄関

東武鉄道と京成電鉄の乗り換えに多くの人が利用しているのが、「牛田駅」と「京成関屋駅」。牛田駅は便利な「北千住駅」に隣接していて、京成関屋駅は「日暮里駅」まで9分、「上野駅」まで15分というアクセスの良さが魅力です。そんな2つの駅から5分ほど歩いた場所にあるのが、大きな窓ガラスが特徴的な「柳原リハビリテーション病院」。玄関では、看護師の小林さんが温かく迎えてくれました。病院なのに制服がポロシャツって珍しいですね~。「そうですね。ラフで動きやすく、介助しやすい制服なんです」。

トレーニングルーム

まずは1Fのトレーニングルームへ。「当院では、入院患者様へのリハビリテーションはもちろん、外来リハや通所リハを行っていて、PT・OT・ST合わせて60名弱のセラピストが在籍しています。看護師よりも多いので、一般的な病院とは少し違う雰囲気かもしれません」。介護スタッフの人数も多く、13対1の看護配置とは思えないほど、病棟にたくさんの人がいるのだとか。

トレーニングルーム

つづいて“義肢装具外来”の様子を見学させていただきました。「生活上のニーズや身体特性に合わせて作成した装具を、医師、PT、看護師で評価しながら訓練を行っています。当院を退院された後も、こんな風に、より快適な日常生活を送っていただくための支援を続けているんですよ」と、小林さん。最適な装具で訓練することで歩き方が改善し、介助者の介護量軽減につながるそうです。

通所リハビリテーション

お隣の「通所リハビリ」では、地域の方達が体操に励んでいます。「当院のモットーは、“一人暮らしでも寝たきりになっても、住み慣れた地域で暮らすことができるように支援すること”。だから、介護予防にとても力を入れているんですよ」と、小林さん。病院では、ボランティアさんによる“コーヒーサービス”を行っており、コーヒーと会話を楽しみに通う利用者さんも多いのだとか。

特徴は”名”を聞く名物・名所・名スタッフ

廊下

「こちらは当院を率いる露木院長です。もともとグループの『柳原病院』で10年近く院長をされていたので、この地域のことを知り尽くしているんですよ」と、紹介してくれました。グループ間の人事異動はよくあるんですか?「はい。定期的に管理職の異動があるほか、一般のスタッフも希望を出せば異動できます」と、小林さん。急性期看護や訪問看護を学ぶために、他施設に異動する方もいるそうです。

病棟

お次は病棟を案内していただきました。病院というより、介護施設のような生活感がありますね。「この“病院らしくない雰囲気”こそ、当院ならではの魅力です。自立度が低い方もベッドごとデイルームにお連れしたり、車椅子で明るい窓辺へお連れしたり、“寝かせきり”にしないようにしているんです」と、小林さん。でも、自立度の低い方の移動介助は大変そう…。

裏付けされた”自信”を聞く職場自慢

病室

「大丈夫。当院は全ての病室と浴室に“天井走行リフト”が設置されています。健和会グループでは、日本にリフト機が普及していない時代から、デンマークへ研修に行き、補助器具専門家を育成して、グループ内で積極的に補助器具を取り入れてきた歴史があるんです。1993年に『健和会補助器具センター』が発足してからは、より一層補助器具を充実させ組織的に取り組んでいますよ」と、小林さん。

創意工夫を伺う独自の取り組み

スタッフステーション

組織全体に補助器具の活用を定着させるために、どんな取り組みをしていますか?「補助器具推進チームを結成して、定期的な検討会を開いています。一言で“補助器具”と言ってもいろいろな種類があるので、用途に合わせて選択し、患者様の力を活かしながらスルッと移動できるように研究を重ねていますよ」と、小林さん。負担が少ない働き方を目指して、多職種で取り組んでいるようです。

廊下

廊下がとっても広くて歩行訓練にピッタリですね~。「ええ、訓練はトレーニングルームだけでなく、病棟でもしっかり行っています。患者様を『元気になって良かったね!』と送り出すために、看護師も積極的にリハビリテーションについて学んでいるんです」と、小林さん。病院では、セラピスト科との合同勉強会や、健和会補助器具センターの補助器具講座など、リハビリテーションの知識を学ぶ機会が多いそうです。

七夕のつどい

「これは、毎年恒例の院内行事“七夕のつどい”です」と、写真を見せてくれました。わぁ~、人がいっぱい!七夕のつどいって何ですか?「七夕の織姫と彦星にちなんで、退院した患者様と年に一度の再開を楽しむ行事です。元患者様に闘病体験を語っていただき、元気になった今の姿を披露していただくことで、入院中の患者様に希望を与えています」。へぇ~、面白い取り組みですね!

廊下

最後は総看護師長の東郷さんを紹介していただきました。この病院の良さは、どんなところだと思いますか?「タテ・ヨコのつながりだけでなく、部署やフロアを横断したナナメのつながりも強いところですね。職員は役職名ではなく、きちんと名前で呼び合っているんですよ。だから私も、“総師長”ではなく“東郷さん”。その方が何となく距離が近くて、仲間と良い関係が築けるんです」と、東郷総師長。うんうん、確かに。成功の裏には、職場のチーム力があるようですね。今日はありがとうございました。

介護21スタッフが聞く「で、実際のところは?」見学後記

帰り道

――お疲れさまでした。リハビリテーション病院はいかがでしたか?
“病院らしくない生活感”を大切にしている病院でした。セラピストが看護師よりも多く、介護スタッフもたくさんいるので、医療っぽさが前に出ていない雰囲気です。さまざまな取り組みも組織全体で取り組んでいて、すごくチームワークの良い職場でしたよ。
――見学で印象に残ったことはありますか?
退院した患者様の近況報告を聞く「七夕のつどい」というイベントが面白いな~と思いました。入院中の患者様の希望になるのはもちろんですが、スタッフにとってもやりがいを感じられるイベントらしいです。イベントの最後は、職員による「ロックソーラン節」で締めくくるのが恒例だそうですよ。
――では、ここはちょっと、という点は?
総看護師長としては、全ての職員がスキルアップできる環境を整えていきたいそうです。子育て中の職員は勤務時間外の勉強会に参加しづらいので、なるべく時間内に開催できるように時間調整をしていきたいそうです。
――最後に、ここだけの話をひとつお願いします
病院は、健和会グループが主催している「柳原健康祭り」の開催場所になっているそうです。柳原健康祭りとは、今年で28回目を迎える歴史あるイベントで、毎年グループ施設からたくさんの模擬店を出し、地域の方と盛り上がるそうですよ。

身体に負担の少ない看護・介護を学びたい方

さまざまな職種とチームになって、患者様の在宅復帰を応援したい方

募集職種を見る