1. 看護師の求人・転職トップ > 
  2. 東京都の看護師求人 > 
  3. 板橋区の看護師求人 > 
  4. 医療法人財団 明理会 東京腎泌尿器センター大和病院の看護師求人 > 東京腎泌尿器センター大和病院をwebで病院見学
おうちでゆっくり見学できます。webで病院見学

医療法人財団 明理会

東京腎泌尿器センター大和病院

( 腎泌尿器専門病院 )

編集部が取材しました

見学の下調べ

特定の分野に特化した専門病院には、豊富な治療実績と最新の医療設備が揃っています。IMS(イムス)グループが運営する「東京腎泌尿器センター大和病院」も、そんな専門病院の一つ。腎臓と泌尿器に特化し、日本でもトップクラスの実績をもつ「結石破砕センター」が売りなのだそうです。さっそく見学に行って、専門病院で働く魅力を見つけてこようと思います。

■形 態 :
腎泌尿器専門病院
■所在地 :
東京都板橋区/板橋本町駅
■病床数 :
168床
百聞は一見にしかず見学開始!!

正面玄関

東京腎泌尿器センター大和病院は、都営三田線「板橋本町」駅に直結しています。改札を抜けてA2出口方面に進むと、病院地下1Fの検査フロア入口に到着。院内に入って1Fへ上がると、看護主任の清水さんが正面玄関で迎えてくれました。「当院へようこそ!1Fはエントランスと駐車場になっていて、受付は2Fになります。今日はたっぷり病院をご紹介しますね~」。

受付ロビー

2Fの受付ロビーには、若い方から高齢の方まで、さまざまな患者様がいらっしゃいます。外来では、腎泌尿器以外にも対応しているんですか?「はい。内科、消化器科、皮膚科、整形外科など、幅広いです。それから『レディースセンター(女性専門外来)』もあるので、婦人科系の患者様も多いですよ」と、清水さん。

レディースセンター

レディースセンターは同じ2Fにありますが、しっかり空間が仕切られ、患者様のプライバシーが守られるようになっています。「レディースセンターでは、婦人科、乳腺外科、女性特有の泌尿器科疾患について専門的な診断・治療を行っています。デリケートな科なので、少しでもリラックスできる環境づくりに努めているんです」。さっきとは別の建物に来たのかと思うくらい、静かで落ち着いていますね。

血液浄化療法センター

つづいて3Fの血液浄化療法センター(透析室)へやってきました。透析が必要な入院患者様は多いですか?「透析患者様がいるのは、障害者病棟(42床)のみです。人数はさほど多くありませんが、高齢で合併症を抱えている方が大半なので、他科と連携しながらきめ細かく対応しています」と、師長さん(写真左)。退院後は、併設の「大和ロイヤルクリニック」が外来透析を行っているのだとか。

特徴は”名”を聞く名物・名所・名スタッフ

手術室

お次は4Fの手術室へ。院内には2つの手術室・結石破砕室があり、低侵襲手術センター、前立腺センター、結石破砕センターとして機能しています。「当院では、手術支援ロボット“ダヴィンチ”を導入しており、体に負担の少ない前立腺がん手術を実現しています。また、結石破砕治療においては、これまでに約30,000例の実績があり、国内でもトップレベルと評判なんですよ」と、清水さん。さすが専門病院だけあって、設備も実績も素晴らしいですね!

創意工夫を伺う独自の取り組み

ナースステーション

看護部では、どんなケアを心がけていますか?「手術目的で短期入院される患者様も多いですが、患者様=宿泊客と捉え、“おもてなしの心”を大切にしています。サービスの質を高めるために“ホスピタリティ研修”を実施したり、この『エピソードカード』を使って、仲間の看護に対する称賛の気持ちを書き込んで評価し合っているんですよ」。へぇ~、ステキな取り組みですね。

ナースステーション

看護部の皆さん、職場の雰囲気はどうですか?「急性期の患者様が多い割には、落ち着いていいると思います。当院の入院は、検査後にスケジュールが組まれるので、計画的に入院管理ができるんです。緊急入院が少ないので、残業もあまり発生しませんし、仕事と生活のバランスを考えて働きたい方にオススメの職場ですよ」と、皆さん。でも、腎泌尿器科の経験がなくても働けるでしょうか…。

院内研修

「心配しなくて大丈夫。入職後にしっかり学べます。看護部の教育委員会では、キャリア開発ラダーを構築し、毎月さまざまな研修を実施しているんですよ」と、研修写真を見せてくれました。専門知識はどのように学んでいくんですか?「ドクターに講師を依頼したり、外部から有識者を招いたりしています。また、外部研修にも参加しやすい環境が整っており、必要な内容であれば勤務扱いになります」と、清水さん。

屋上庭園

つづいて清水さんお気に入りの屋上庭園を案内していただきました。こちらは患者様も利用できるんですか?「時間を決めて開放しています。患者様の中には、長期入院をしながら抗がん剤治療を続けている方や、末期がんでターミナル期の方もいるので、少しでも気晴らしができる空間を提供したいと思っているんです」。

保育室

病院を出て2~3分歩くと、職員用の保育室がありました。子育て中の方は多いですか?「はい。看護部には、ちょうど子育てをスタートする20代後半~30代のスタッフが多いので、保育室は大人気。大学病院などの忙しい職場から、結婚・出産のタイミングで当院に転職されるケースが増えています」と、清水さん。

裏付けされた”自信”を聞く職場自慢

駅直結出口

最後は駅直結出口まで見送っていただきました。一歩出ると駅なんて、本当に便利ですね。「ええ。この立地を気に入って入職される方もいるくらいなんですよ。『専門病院で働くには経験がないと…』と考える方もいるかもしれませんが、『保育室があるから』『立地が良いから』という志望理由でも大歓迎。ぜひお気軽にご応募ください」。それは安心。今日はありがとうございました。

介護21スタッフが聞く「で、実際のところは?」見学後記

帰り道

――最新の医療設備が揃った専門病院、いかがでしたか?
専門病院は敷居が高いかも…という不安がありましたが、経験がなくても働けると聞いて安心しました。現在の看護部には、未経験からスタートした方もたくさん活躍されているそうで、専門知識を学ぶための研修が充実していましたよ。
――見学で印象に残ったことはありましたか?
結石破砕が目的の患者様は、2~3日で退院されるそうですが、短期入院の患者様にも手厚い看護を心がけ、ホスピタリティ向上に取り組んでいるところが印象的でした。
――では、ここはちょっと、というところは?
看護部長としては、認定看護師を育成したいそうです。母体のIMS(イムス)グループには、資格取得支援制度があるので、意欲のある人にはしっかりバックアップしていくそうですよ。
――最後に、ここだけの話をひとつお願いします。
IMSグループでは、中国人看護師の育成に取り組んでいるそうで、こちらの病院にも5名の中国人スタッフが勤務していました。地域柄、外国の患者様も多いそうで、通訳としても活躍してくれているんだとか。

腎・泌尿器の専門病院でスキルアップしたい方

通いやすい駅近の職場で、ワークライフバランスを大切にしたい方

募集職種を見る