社会医療法人 ジャパンメディカルアライアンス
座間総合病院 Webで病院見学

おうちでゆっくりご覧いただける、病院見学の体感コンテンツです。

supported by 医療21
  1. HOME  > 
  2. 神奈川県  > 
  3. 座間市  > 
  4. 社会医療法人 ジャパンメディカルアライアンス 座間総合病院  > 
  5. webで病院見学
おうちでゆっくり見学できます。webで病院見学
おうちでゆっくり見学できます。webで病院見学

社会医療法人 ジャパンメディカルアライアンス

座間総合病院

( ケアミックス型病院 )

編集部が取材しました

見学の下調べ

座間総合病院の見学の下調べ

看護部の全体研修だけでなく、レベル・部署・役職に合わせた勉強会や、他職種との合同研修など、学びの機会が充実した職場は魅力的ですよね。社会医療法人ジャパンメディカルアライアンス(JMA)が運営する「座間総合病院」では、救急から在宅まで切れ目なく対応するケアミックス型病院の特徴を活かして、ジェネラリスト(通称/座間ナース)を育成する教育制度を確立しているとのこと。働きやすさも整っていて、結婚・出産後も定着するスタッフが多いらしいので、さっそく見学に行ってチェックしてきます。

形 態
ケアミックス型病院
所在地
神奈川県座間市/相武台前駅
病床数
352床(一般急性期131床、回復期リハ90床、地域包括ケア45床、療養78床)
※マスクなしの写真は撮影時のみマスクをはずしています。もしくは以前の写真です。

百聞は一見にしかず見学開始!!

座間総合病院の玄関

玄関

「座間総合病院」へのアクセスは、小田急小田原線「相武台前駅」より徒歩15分。バス停も近く、マイカー通勤もOKで、通勤に1時間以上かかる方は、病院の近くにあるリーズナブルな職員寮(最大入寮期間5年)を利用することもできるんだとか。玄関で迎えてくれたのは、入職2年目の看護師さん。新卒で入職したため、技術を身に付けるために一般急性期病棟に勤務しているそうです。今日はよろしくお願いします。

玄関の次
座間総合病院の玄関ロビー

玄関ロビー

まずは、所属するJMAグループのパンフレットを見せていただきました。「JMA グループは3法人が連携し、神奈川・埼玉・静岡でさまざまな医療・介護施設を運営しています。隣接する海老名市には、高度急性期医療に特化した「海老名総合病院」をはじめ、クリニック・介護施設・訪問看護ステーションなどのグループ施設が多くあり、スキルアップのために異動を希望することもできるんですよ」と、看護師さん。

玄関ロビーの次
座間総合病院の看護部長室

看護部長室

お次は、看護部長(写真右から2番目)と、2人の看護副部長(写真左端と左から2番目)にお会いしました。研修が充実しているそうですね。「領域を超えた幅広い知識を持つ座間ナースを育成するため、看護部内やラダー別の研修に加えて、2021年度はeラーニングを導入し、2022年度は全職種の指導者層への多職種連携教育(IPE)や、終末期医療・ケアの意思決定に関する学びにも積極的な参加を促しています」と、看護部長。

看護部長室の次

創意工夫を伺う独自の取り組み

座間総合病院の研修の様子

研修の様子

「こちらは、外部講師を招いた多職種連携教育の研修の様子です」と、看護部長が写真を見せてくれました。どんな内容なんですか?「OJTや多職種連携に求められるコミュニケーションスキルを養うため、アサーションやファシリテーションを中心に学んでいます。全職種の指導者が職種・立場・個性を尊重した関わりができなければ意味がないので、看護部だけでなく、他職種にも参加を呼び掛けているんです」。素晴らしい取り組みですね。

研修の様子の次
座間総合病院の一般急性期病棟(人工関節・リウマチセンター)

一般急性期病棟(人工関節・リウマチセンター)

つづいて、人工関節の手術目的の患者様を中心に受け入れる一般急性期病棟へ。「JMAには日本初の『人工関節・リウマチセンター』を開設した歴史があり、当院開設時にその機能を移転して以降、人工関節手術累積7000件以上という関東屈指の実績を誇ります。忙しさのある部署ですが、入職後はプリセプターの先輩が付き、こんなふうにマンツーマンの丁寧なOJTを行うので、未経験の領域に挑戦したい方も安心です」と、看護師さん。

一般急性期病棟(人工関節・リウマチセンター)の次
座間総合病院のリハビリテーション室

リハビリテーション室

お次は、明るく開放的なリハビリテーション室を案内していただきました。「リハビリに力を注ぐ当院では、PT・OT・ST合わせて100名以上のセラピストが在籍し、2F~5Fの各フロアにリハビリテーション室を設けているのが大きな特徴です。患者様一人ひとりのリハビリの進捗状況を多職種チームで共有し、スムーズな在宅復帰につなげていて、看護師は退院支援に関する知識を積極的に学んでいます」。

リハビリテーション室の次

特徴は”名”を聞く名物・名所・名スタッフ

座間総合病院の患者サポートセンター

患者サポートセンター

つづいて、脳卒中リハビリテーション看護認定看護師さんを紹介していただきました。「看護部には、専門・認定看護師などを目指す際の資格取得支援制度が整っているため、手術看護・感染管理・認知症看護などの分野の認定看護師も在籍しています。また、医師と協働する診療看護師(NP)も活躍していて、さまざまな分野のスペシャリストの先輩から直接指導してもらえる環境にも恵まれているんです」と、看護師さん。

患者サポートセンターの次
座間総合病院の回復期リハビリテーション病棟 スタッフステーション

回復期リハビリテーション病棟 スタッフステーション

回復期リハビリテーション病棟のスタッフステーションを覗くと、多職種カンファレンスが行われていました。「当院では、質の高いチーム医療の実践を目指して、セラピストも各病棟に固定で配置され、定期的なカンファレンスの中で職種間の情報共有を徹底しています。多職種による合同研修なども充実しているため、職種に関係なく仲が良く、コミュニケーションが活発なところも当院の強みです」と、皆さん。

回復期リハビリテーション病棟 スタッフステーションの次
座間総合病院の療養病棟 病室

療養病棟 病室

療養病棟の病室では、看護師さん(写真中央)と介護福祉士さん(写真右)が連携していました。「地域に暮らす高齢患者様が中心なので、身体介助や生活支援を担う介護福祉士・看護アシスタントも大歓迎です。当院では、終末期を迎える患者様の尊厳ある意思決定を実現するため、多くの職員が一般社団法人エンドオブライフ・ケア協会の研修に参加し、最期まで寄り添った支援を目指しています」。

療養病棟 病室の次

裏付けされた”自信”を聞く職場自慢

座間総合病院の療養病棟

療養病棟

つづいて、ママさん看護師のお2人を紹介していただきました。お子さんを持つスタッフは多いですか?「はい、とても多いです。子育て真っ最中の30代から、少し手が離れた40代~50代まで、いろいろなママさんが活躍しています。子育てサポートとして、24時間対応の院内保育園があり、子どもが小さいうちは、時短勤務・パート勤務を選ぶこともできるため、無理なく仕事を続けることができるんです」。

療養病棟の次
座間総合病院の職員食堂

職員食堂

最後は、多職種の憩いの場となっている職員食堂を案内していただきました。「ランチは、毎日3種類の日替わりメニューのほかにイベント食や特別食も充実しています。食事補助として、夜勤帯の夕食・朝食と、日曜・祝日の日勤帯の昼食が提供されるのですが、朝食はこちらの食堂でバイキング形式の食事が用意されるので、ちょっとした楽しみなんです」と、看護師さん。福利厚生も充実しているんですね。今日はありがとうございました。

職員食堂の次
※マスクなしの写真は撮影時のみマスクをはずしています。もしくは以前の写真です。

医療21スタッフが聞く「で、実際のところは?」見学後記

帰り道

お疲れさまでした。いろいろな研修が充実した病院、いかがでしたか。

――お疲れさまでした。いろいろな研修が充実した病院、いかがでしたか。

看護部長は、教えることよりも「育てること」を重視する教育方針を掲げ、入職時だけでなく、継続的に成長できる職場づくりに取り組んでいました。看護副部長が教育担当を担い、さまざまなテーマの院内研修を立案していて、2022年度から導入した「多職種連携教育」や「終末期医療に関する研修」は、とても好評だそうです。

――働きやすさはどうでしたか?

ワークライフバランスを大切に考え、病院全体で残業削減に努めているので、月の平均残業時間は約5時間と少なめです。部署によって多少差がありますが、一番忙しい急性期病棟でも残業は月10時間以内で、慢性期病棟では毎日ほぼ定時に退勤できるそうで、小さなお子さんを持つママさんも無理なく活躍していました。

――では、ここはちょっと、というところは?

看護部長としては、新人さんが安心して働けるように、指導者となる中堅層の育成を一番の課題にしているとのこと。2022年度から導入したアサーション研修やファシリテーション研修では、円滑な人間関係の構築や、チーム力を高めるコミュニケーション能力を養う内容を中心とし、更なる職員定着率の向上につなげていきたいそうです。

――最後に、ここだけの話をひとつお願いします。

所属するJMAグループには、多様な機能の病院・介護施設・在宅支援機関があり、看護の視野を広げるために、グループ内の異動も推進しているとのこと。神奈川だけでなく、埼玉や静岡にも拠点があり、現在『下田メディカルセンター』に学びに行っているスタッフもいるそうですよ。

教育制度が充実している総合病院で、ジェネラリストを目指したい方

職種間のチームワークの良い職場で、長く活躍したい方

募集職種を見る