医療法人社団 協友会

船橋総合病院 Webで病院見学

おうちでゆっくりご覧いただける、病院見学の体感コンテンツです。

supported by 医療21
  1. HOME  > 
  2. 千葉県  > 
  3. 船橋市  > 
  4. 医療法人社団 協友会 船橋総合病院  > 
  5. webで病院見学
おうちでゆっくり見学できます。webで病院見学
職場の舞台裏、もっと知りたい…。実際の様子やスタッフを見たい…。そんなあなたに代わって、見学に行ってきました!写真と文章でお届けします。ゆっくりご覧ください。

医療法人社団 協友会

船橋総合病院

( 一般病院 )

編集部が取材しました

見学の下調べ

子育てをしながら働くためのサポートといえば、職場に設置された保育室ですよね。上尾中央医科グループ(AMG)の「船橋総合病院」の自慢は、定員50名の大きな保育室が敷地内にあること。しかも、病院のある「ふなばし森のシティ」周辺は、公園や子育て支援施設が多く、街全体で子育てしやすい環境づくりを目指しているそうです。これは働くママ・パパがたくさん活躍している予感!さっそく見学に行って、働く魅力を見つけてこようと思います。

形 態
一般病院
所在地
千葉県船橋市/新船橋駅
病床数
246床
百聞は一見にしかず見学開始!!

玄関

東武アーバンパークライン「新船橋駅」東地区に広がるのは、環境配慮型の街づくりで注目を集める「ふなばし森のシティ」。再開発事業によって多くのマンションが建設され、駅前には大型商業施設「イオンモール船橋」が建っています。そんな新しい街の医療を支えているのが、駅から徒歩5分の立地に建つ「船橋総合病院」。玄関では、3歳と1歳のお子さんを持つ看護師の益留さんが迎えてくれました。あれ、もしかして、あちらに見えるのは…。

特徴は”名”を聞く名物・名所・名スタッフ

にんじん保育室

「そうです。こちらが当院自慢の『にんじん保育室』です」。わぁ~、開放的なスペース!広いお庭まであるなんて!これは自慢したくなりますね~。「基本的には未就学児が対象ですが、夏休みなどは小学生も預かってくれますし、38度までの風邪なら別室で病児保育にも対応してもらえます。うちの子ども達も、普段は近所の保育園に通っていますが、日曜日や祝日などはこちらをスポット的に利用しているんですよ」。敷地内にこれだけ大きい保育室があるとは、本当にビックリです。

エントランス

うわさの保育室を一番に見学できて大満足!さぁ、さっそく院内へ。おや?エントランスに『にんじん』のマークを発見しました。「これは、当院のシンボルマーク。にんじんは船橋市の名産なのですが、色といい形といい、健康的で親しみやすいイメージがあるでしょう?当院も、地域からにんじんのようなイメージをもたれる存在になりたくて、シンボルマークに採用したんです。受付や待合ロビーも、ぜ~んぶオレンジとグリーンの『にんじんカラー』で統一しています」。

看護部長室

看護部長室へ伺い、岡田看護部長を紹介していただきました。「看護部は産休・育休後の復帰率が非常に高く、私自身も仕事と育児を両立しながら20年以上勤務しています。子どもがいても、管理職への昇進や、認定看護師の資格取得など、キャリアアップを目指すメンバーばかりなので、院内研修の機会を増やして理想の看護師像を追求できる環境を整えているんです」と、岡田看護部長。院外研修やAMG主催の合同研修にも積極的な参加を促しているんだとか。

創意工夫を伺う独自の取り組み

忘年会の様子

「こちらは昨年の忘年会の写真です」と、岡田部長が見せてくれました。とっても盛り上がっていますね!「当院では、地域の方々向けのバザーや、職員がハンドベルを披露したりする患者様・ご家族・地域の方々向けのコンサートなど、多くの行事を開催していて、スタッフ間の親睦がとても深まります。毎年秋にはAMG主催の運動会が開催されますが、当院独自の運動会も毎年春に開催して、新人さんが他部署のスタッフと打ち解けやすいように配慮しているんですよ」と、岡田部長。

裏付けされた”自信”を聞く職場自慢

一般病棟

つづいて、一般病棟の病室を案内していただきました。「全246床の入院設備は、3つの一般病棟、回復期リハビリテーション病棟、障害者病棟に分かれていて、救急の受け入れから在宅復帰に向けたリハビリ、慢性期医療、緩和ケアに至るまで切れ目なく対応しています。新卒者にはもちろん、中途入職者にもこんなふうにマンツーマンのOJTを行っていて、第二新卒者やブンランクのある方には、特に丁寧な指導を心がけているんですよ」。それは安心です。

リハビリテーション室

お次は、明るく開放的なスペースのリハビリテーション室へ。「当院はリハビリ科の人数が多く、充実したリハビリ環境が整っているため、回復期リハビリテーション病棟の在宅復帰率はほぼ100%を維持しています(2019年11月)。今後は、退院後のサポート体制を一層強化していく方針で、往診、訪問看護、訪問リハビリ、訪問薬剤師と、さまざまな専門職が地域へ出向く体制を築いているんです」。それは素晴らしい!

訪問看護ステーション

病院を出て、隣接する同法人の「訪問看護ステーション きゃろっと」にやってきました。「こちらには病棟から異動した看護師も活躍しているため、スムーズな連携体制が構築されていて、在宅の患者様に入院が必要になった場合も迅速に対応できています。また、行政が取り組む『船橋在宅医療ひまわりネットワーク』にも参画し、近隣の関連機関のスタッフとも顔の見える関係性を築いています」と、益留さん。

健診センター

院内に戻り、健診センターを案内していただきました。「地域密着型病院である当院は、『健康で長寿な街づくり』にも貢献していくため、予防医療にも力を注いでいます。健診センターには、糖尿病、高血圧、がんなどの早期発見に向けた最新検査設備を導入し、内視鏡センターも設置しているので、看護師は専門手技を身に付けることができているんです」。

透析室

お次は、看護師さんと臨床工学技士さんがチームを組んで働く透析室へ。「透析室は、新築移転を機に開設した部署で、全部で31台のベッドを完備しています。当院には看護師の活躍の場がたくさんあるので、新卒向けの教育プログラムに『ローテーション研修』を取り入れて、透析室や手術室などの特殊な部門の職場体験も行っているんですよ」と、益留さん。

裏付けされた”自信”を聞く職場自慢

廊下

最後は、看護部の皆さんが見送ってくれました。職場の働きやすさはどうですか?「家庭を持つ看護師が多いので、どの部署も残業が発生しないように協力し合う雰囲気があり、公休や有休の希望も通りやすいです。子どもが小さいうちは、日勤常勤や時短勤務などを希望できますし、年に一度は『リフレッシュ休暇制度』を活用して、1週間程度の長期休暇を取得することもできるんですよ」と、皆さん。私生活を大切にしながら働ける環境なんですね。今日はありがとうございました。

介護21スタッフが聞く「で、実際のところは?」見学後記

帰り道

――お疲れさまでした。子育て中の看護師に優しい病院、いかがでしたか?
2013年に新築移転した病院なので、ハード面がきれいで新しく、周辺の街並みも再開発事業で生まれ変わっているため、とても魅力的な環境でした。看護部長をはじめ、管理職には育児経験者が多いそうで、子育てをしながらキャリアアップを実現している方が多く活躍している職場でしたよ。
――大きな院内保育室はどんな雰囲気でした?
とにかく広くて、病院の保育室とは思えないほどしっかりとした建物で驚きました!全職種が利用できるので、リハビリスタッフや事務スタッフにも利用者が多く、保育士さんの人数も充実していましたね。
――では、ここはちょっと、という点は?
看護部長としては、新人さんの入職時教育だけでなく、中堅・ベテラン層への教育も充実させたいとのこと。AMG主催のリーダー研修や管理職向け研修も開催されるそうですが、病院独自で院内研修の数を増やし、継続的な成長を目指せる環境を目指しているそうです。
――最後に、ここだけの話をひとつお願いします
独身の女性スタッフの方に、働くママが多い職場の魅力について伺ってみると、「子どもができても仕事を続けたいと思える」「人生経験が豊富だから教え方が上手い」「私生活でも良いアドバイスがもらえる」など、ママさんを慕う声をたくさん聞くことができました!

魅力的な院内保育室のある職場で働きたい方

結婚・出産後もキャリアアップを目指したい方

募集職種を見る