1. HOME  > 
  2. 東京都  > 
  3. 足立区  > 
  4. 医療法人社団 苑風会 苑風会病院  > 
  5. webで病院見学
おうちでゆっくり見学できます。webで病院見学

医療法人社団 苑風会

苑風会病院

( 一般病院 )

編集部が取材しました

見学の下調べ

足立区中央本町にある「苑風会病院」は、腎臓内科・透析に特化した地域密着型病院。2016年4月にオープンし、働く環境は明るく清潔で、最新の医療機器が整備され、さまざまな活躍の場が用意されているんだとか。さて、肝心の「働きやすさ」はどうだろう?さっそく見学に行ってチェックしてきます!

■形 態 :
一般病院
■所在地 :
東京都足立区/梅島駅
■病床数 :
56床
百聞は一見にしかず見学開始!!

玄関

東武スカイツリーライン「梅島駅」周辺は、下町らしい商店街がひろがる温かい街並み。日比谷線と半蔵門線の直通電車が走っていて、都心へのアクセスも便利です。足立区役所から歩いて2分ほどで「苑風会病院」に到着しました。

受付ロビー

さっそく玄関を入って受付ロビーへ。わぁ~、キレイで快適ですね。受付ロビーも外来の待合も、患者様がゆったり過ごせるスペースが確保されています。院長先生が腎臓内科、副院長先生が循環器内科の専門医とのことで、高血圧などの生活習慣病や、腎臓病、透析にも特化した病院になっています。その他、幅広い疾患に対応しているそうです。

スタッフステーション

つづいてスタッフステーションへ。スタッフ同士、お互いにフラットな立場で意見交換ができていて、「働きやすい職場をつくっていこう!」という、いい雰囲気だそうです。入職者には先輩スタッフが業務に慣れるまで丁寧に教えてくれるとのこと。

病室

病室にも案内していただきました。明るいですね~。採光が良く、入院患者様だけでなく、働くスタッフにとっても、気持ちよさそうな良い空間でした。

創意工夫を伺う独自の取り組み

浴室

浴室には、横になったまま入浴できるシャワー装置がありました。スタッフの業務負担を軽減できる設備を積極的に導入しているとのこと。廊下も広いスペースが確保されているので、ベッドごと移動する際も、まったく窮屈には感じないでしょうね。バリアフリーも徹底しているそうです。

透析室

1日2クールの治療を行っている透析室は、「ふく射冷暖房」という、温度ムラを起こさない最新の空調システムを取り入れていて、ベッド数は50床以上配置できる空間を有しているそうです。また、職員間の連携は密に行い、入院設備や手術室などを設け、万全の体制で患者様に透析を受けていただけるようにしているとのことでした。

手術室

続いて手術室へ。手術室は、透析患者様のシャント手術に対応するために設置され、それ以外の手術にも対応できる機能も有しているとのことです。

裏付けされた”自信”を聞く職場自慢

スタッフラウンジ

最後はラウンジにやってきました。こちらも広くてキレイですね~。管理栄養士さんが患者様のために考えたメニューが出るため栄養バランスはバッチリで、値段もお手頃で、味もおいしいんだそうです。毎日おいしいランチが食べられるのは嬉しいですね!今日はありがとうございました。

介護21スタッフが聞く「で、実際のところは?」見学後記

帰り道

――見学中に印象に残ったことはありますか?
はい。どこもかしこもピカピカで、気持ち良く仕事ができそうな環境でした。病棟の雰囲気は落ち着いていました。
――どんな看護が求められる病院でしょう?
現在は、急性期の患者様、入院される透析患者様が増えてきて、幅広い知識が求められるとのことです。しかし、いろいろなキャリアを積んできたスタッフが多く、各自が自分の経験を活かしてさまざまな視点から患者様に安心・安全な看護を提供して、わからないことを皆でサポートし合っているそうです。
――では、ここはちょっと、というところは?
病棟にも透析されている患者様がいらっしゃるので、一般的な知識に加え、より専門的な知識が求められます。でも、「透析に関する知識はわからなければ気兼ねなく聞いてください。なんでも丁寧に教えます。前向きに学ぶ意欲があれば大丈夫!」とのことでした。

病院づくりに携わりたい方

腎臓内科や透析に興味がある方

募集職種を見る