1. HOME  > 
  2. 東京都  > 
  3. 目黒区  > 
  4. 医療法人社団 爽玄会 碑文谷病院  > 
  5. webで病院見学
おうちでゆっくり見学できます。webで病院見学
職場の舞台裏、もっと知りたい…。実際の様子やスタッフを見たい…。そんなあなたに代わって、見学に行ってきました!写真と文章でお届けします。ゆっくりご覧ください。

医療法人社団 爽玄会

碑文谷病院

( 一般病院 )

編集部が取材しました

見学の下調べ

仕事とプライベートにメリハリがあった方が、生活がより充実するはず。忙しさはほどほどに、ONとOFFのバランスを大切にしていきたいですよね。東京都目黒区にある「碑文谷病院」の魅力は、心にゆとりを持てる職場環境とのこと。年間休日が多く、残業もほとんど発生しないため、プライベートを満喫しながら働けるそうです。さっそく見学に行って、その実態を確かめてこようと思います!

形 態
一般病院
所在地
東京都目黒区/大岡山駅
病床数
72床(一般29床、療養43床)
百聞は一見にしかず見学開始!!

玄関

東急目黒線・大井町線が乗り入れる「大岡山駅」は、都内や横浜市内へのアクセスに便利な駅。駅前に大学があるので、庶民的な商店街や賃貸物件も充実しており、閑静で暮らしやすい街並みが広がっています。「碑文谷病院」があるのは、駅から徒歩約10分の環七通り沿い。玄関では、人事総務に携わっている石田さん(写真右)と小嶋さん(写真左)が迎えてくれました。今日はよろしくお願いします!

玄関ロビー

まずは、玄関ロビーで周辺マップを見せていただきました。「『大岡山』は知名度こそ低いものの、実はとっても便利なエリアなんです。目黒線・大井町線ともに急行電車が停まりますし、人気の『自由が丘駅』へは電車で2駅、『渋谷・新宿方面』には電車で30分以内で行くことができます。看護師は、神奈川や埼玉から通勤している方も多く、仕事帰りにゴハンや買い物を楽しんでいるようです」と、お2人。

特徴は”名”を聞く名物・名所・名スタッフ

看護部長室

つづいて、益子看護部長にご挨拶へ。看護部では、オフの時間も大切に考えているそうですね。「ええ。ONとOFFのメリハリを持って、仕事中は集中して取り組み、定時になったらパッと上がれる職場を目指しています。2017年度は年間休日が129日もあり、個々の有休希望にもほとんど応えることができました。メンバーには充実した生活を送って欲しいので、プライベートな時間もきちんと確保できるよう配慮しています」と、益子看護部長。

救急外来の処置室

お次は、救急外来の処置室を紹介していただきました。こちらの病院は、2次救急の指定を受けているんですよね。「はい。全72床と小規模な病院ですが、救急搬送の受け入れを積極的に行っています。多い日には救急車が3台ほど重なる日もありますが、職種を越えたチームワークを発揮して、忙しさを乗り越えているんですよ!」と、小嶋さん。小規模だからこそ、小回りを利かせた対応が実現しているそうです。

外来

院内を歩いていると、外来の看護師さんにばったり遭遇!外来では、どんな診療に力を入れているんですか?「数年前までは脳神経外科の専門病院でしたが、最近では総合診療に力を入れ、あらゆる科の患者様を受け入れています。外来は3診体制をとり、近隣に暮らす方々の身近なかかりつけ病院として、ちょっとした風邪の相談はもちろん、整形外科や精神科の診療にも対応しています」と、看護師さん。

リハビリ室

つづいて、リハビリ室へやってきました。「当院は整形外科の手術が多いので、リハビリスタッフが大活躍しています。院長は精神科医ですが、統合失調症やうつ病などの精神疾患を持つ患者様に転倒事故や交通外傷が多いことに着目して、一般病院や精神科病院では対応が難しい入院治療を受け入れているんです」と、石田さん。

裏付けされた”自信”を聞く職場自慢

病棟

病棟へ行ってみると、子育て中のママさん看護師が活躍していました。仕事と子育ての両立は順調ですか?「はい。小学生と中学生の子どもがいるので、8:45~15:00のパート勤務をしています。看護師長もママさんなので、子育てに対する理解が大きく、休みの希望に融通を利かせてもらえますし、学校行事や長期休暇に合わせてシフトを組んでもらえるので助かっています」と、ママさん。子育て中も常勤として働きたい方には、日勤常勤や時短勤務が提案されるそうです。

創意工夫を伺う独自の取り組み

職員食堂

お次は、福利厚生の職員食堂へ。ランチは日替わりメニューなんですね。「ええ。厨房で毎日手作りしているランチは、いつも美味しく職員から大人気!1食260円とリーズナブルな上に、栄養バランスもしっかり考えられていますし、ボリュームもたっぷりなので男性職員も大満足です」と、お2人。月に一度は豪華な「行事食」の日があり、職員の皆さんのお楽しみなんだとか。

職員食堂

職員食堂のテーブルの上に、「よかったら食べてください」というメモ書きを発見。これは一体なんですか?「職員の旅行土産です。事前に申請すれば、1週間程度の長期休暇が取得できるので、旅行が趣味のスタッフが多いんですよ!旅先で見つけた名産品は、こんなふうに食堂に置いて、仲間におすそ分けするのが暗黙のルールなんです(笑)。」と、お2人。コミュニケーションが弾んで楽しそう!

職員食堂

職員食堂の一角に、タイムカードが設置されていました。残業が少ないって本当ですか?「本当です!まったくゼロではないですが、看護師はほぼ毎日定時で退勤しています。看護師の活躍の場は、外来(救急外来兼務)、一般病棟(手術室兼務)、療養病棟の3つがあり、緊急入院や手術があるとバタバタしますが、看護部長や手の空いているメンバーが忙しい部署の応援に行き、全体でカバーし合っているんですよ」と、お2人。

廊下

最後は、職員の皆さんが見送ってくれました。働きやすい環境が整った職場ですね。「ありがとうございます。休みの多さ・残業の少なさはもちろん、待遇や給与面に満足している職員も多いんです。看護部にはベテランスタッフも多く在籍しているので、経験に自信のない方、ブランクのある方にもきめ細かな指導を行うので安心してくださいね」と、皆さん。それは心強い!今日はありがとうございました。

介護21スタッフが聞く「で、実際のところは?」見学後記

帰り道

――お疲れさまでした。プライベートを大切にできる病院、いかがでしたか?
公休が年間128日以上という充実ぶりにはびっくりでした!有休も希望に合わせて取得できますし、残業もほとんど発生しないため、仕事と家庭を両立したい方だけでなく、趣味や習い事を楽しみたい独身の方にもおすすめの職場です。
――どんな看護スキルを身に付けられる職場ですか?
救急医療から在宅復帰支援、慢性期の療養支援まで、幅広く対応する地域密着型病院なので、さまざまな知識・技術を学んでいくことができます。一般病棟も療養病棟も混合病棟で、開院時からの強みである脳神経外科をはじめ、精神科、整形外科の診療にも力を入れていました。
――では、ここはちょっと、という点は?
看護部長としては、福利厚生の充実を目指して、職員寮を設置したいそうです。立地が非常に良く、病院周辺も暮らしやすい街並みなので、寮が誕生したらますます魅力的な職場になると思います。
――最後に、ここだけの話をひとつお願いします。
2018年度から新院長・新看護部長が就任し、地域に定着していた脳神経外科の専門病院というイメージから、総合的な診療を行う病院としての一歩を踏み出したばかりでした。病院の第二創業期を迎え、新しい仲間も積極的に採用中だそうで、入職するなら今がチャンスですよ!

仕事とプライベートのメリハリを大切にしながら働きたい方

子育てや趣味など、家族や自分の時間を大切にしたい方

募集職種を見る