医療法人社団 明芳会

イムス三芳総合病院 Webで病院見学

現在募集中の求人一覧です。

supported by 医療21
  1. HOME  > 
  2. 埼玉県  > 
  3. 入間郡三芳町  > 
  4. 医療法人社団 明芳会 イムス三芳総合病院  > 
  5. webで病院見学
おうちでゆっくり見学できます。webで病院見学
職場の舞台裏、もっと知りたい…。実際の様子やスタッフを見たい…。そんなあなたに代わって、見学に行ってきました!写真と文章でお届けします。ゆっくりご覧ください。

医療法人社団 明芳会

イムス三芳総合病院

( 一般病院 )

編集部が取材しました

見学の下調べ

少子高齢化が進行する今、あらゆる医療現場で退院後の支援体制づくりが進められています。看護師・介護スタッフで、在宅支援に興味を持った場合、どんなところで働けばよいのか悩みますよね。地域の中核病院としての役割を担う「イムス三芳総合病院」では、病院スタッフだけでなく、在宅部門スタッフの育成にも力を注ぎ、入院中から退院後まで継続したサポートを実現しているとのこと。さっそく見学に行って、その実態を確かめてきます!

形 態
一般病院
所在地
埼玉県入間郡三芳町/鶴瀬駅
病床数
273床
百聞は一見にしかず見学開始!!

玄関

「イムス三芳総合病院」へのアクセスは、病院と「鶴瀬駅」を結ぶ無料送迎バスが便利。敷地内には広い職員用駐車場が完備されているため、約7割のスタッフが車通勤をしているそうです。玄関では、医療福祉相談室でソーシャルワーカーとして働く中島さんが迎えてくれました。「私の部署は、病棟とも在宅部門とも連携しているので、どちらのスタッフとも顔見知りの関係。今日は院内だけでなく、在宅部門の様子もじっくり見学して行ってくださいね」。

特徴は”名”を聞く名物・名所・名スタッフ

玄関ロビー

玄関ロビーはとても開放感のある空間で、病院とは思えないほど洗練されたインテリア。お洒落なカフェまで併設されていて、気持ちのいい空間ですね。「当院の歴史は長いのですが、2013年に新築移転オープンしました。総合病院なので診療科も多く、専門外来や専門センターなども充実させて、さまざまな疾患・症例の患者様を受け入れています。手術室、透析センター、HCUなど、病棟以外の活躍の場が広いことも働く魅力です」。

創意工夫を伺う独自の取り組み

外科病棟

つづいて、中島さんが担当する外科病棟へやってきました。「病棟は4F~9Fにあり、ソーシャルワーカーはそれぞれ担当病棟を受け持っています。あちらで情報共有をしているのは、病棟看護師と訪問看護師。在宅部門の事業所は病院に併設されているため、気軽に行き来することができて、病棟の退院前カンファレンスにも訪問看護師が参加しているんですよ」と、中島さん。

在宅部門

お次は、在宅部門の訪問看護ステーション、定期巡回・随時対応型訪問介護看護ステーションを案内していただきました。「在宅部門は、対象者やサービス内容が異なる2つの事業所で構成されていますが、働くフロアは同じなんです。訪問看護師、訪問リハビリスタッフ、訪問介護スタッフが在籍しており、地域からの利用ニーズがとても増えているので、スタッフの増員を計画しています」と、中島さん。

在宅部門

こちらは、2つの事業所の所長を務める小椋さん。「在宅部門では特に、定期巡回・随時対応型の訪問介護スタッフを積極採用中です!事業所内の訪問看護ステーションと一体型のサービス提供方式なため、介護スタッフはいつでも看護師に相談できる環境があります。利用者様のお宅には、ケアコール端末の緊急ボタンを設置し、24時間こちらのパソコンにケアコールが届く仕組みで、夜間の万が一に備えて、看護師が2台の専用電話を携帯しているんですよ」

在宅部門

定期巡回・随時対応型訪問介護看護は、どんな利用者様向けのサービスなんですか?「利用できるのは三芳町の住民の方で、要介護1~5の認定を受け、在宅療養を希望される方への介護保険サービスです。対応エリアが狭いため、移動時間は5~10分程度。医療ニーズの高い方は、医療保険の訪問看護サービスを利用しているので、業務はデイサービスへの送り出しや服薬管理、着替えのお手伝い、家庭のゴミ出しなどの日常生活支援が中心になります」と、小椋さん。

在宅部門

タイミング良く、午前の訪問から戻ってきた介護スタッフさんにお会いできました。1日何件のお宅を訪問しているんですか?「6~7件です。毎日の訪問や、1日に複数回の訪問にも対応しています。24時間365日体制での随時対応と聞くと、忙しいイメージを抱くかもしれませんが、定期巡回時にきめ細かく対応しているので、緊急訪問依頼はほとんど入りません。残業も少ないですし、毎日ほぼ定時に退勤できるので、無理なく仕事を続けられています」と、介護スタッフさん。

在宅部門

お昼休憩をはさんで、午後の訪問介護のお見送りをしました。移動は電動自転車なんですね。「はい。訪問車もあるので、雨の日は車移動も可能です。訪問時間は1件あたり1時間程で、効率の良い訪問ルートで巡回するため、移動が大変だなぁと感じたことはないですね」と、介護スタッフさん。利用者様は受け持ち制にせず、すべての介護スタッフがすべての利用者様に対応できる体制を取っているそうです。

訪問看護の様子

特別に、実際の訪問看護の様子を見学させていただきました。「看護師は、訪問看護と定期巡回・随時対応型訪問看護を兼務する場合が多く、ターミナル期や医療機器管理が必要な重度の方から、疾病予防の健康管理程度の方まで、さまざまな在宅療養者のケアに携わっています。独居の方や、老々世帯の方の利用も多いので、コミュニケーションを通して生活背景まで理解し、個別にじっくりと向き合っているんです」と、訪問看護師さん。

院内研修の様子

つづいて、所長の小椋さんに院内研修の写真を見せていただきました。「院内研修には在宅部門のスタッフも参加していて、IMSグループの合同研修や、外部研修にも積極的に参加できる環境を整えています。また、訪問看護・訪問介護が未経験の方でも安心して働けるよう、入職後は先輩の同行訪問を1カ月間行い、業務に自信がついてから一人で訪問に行く体制にしているんですよ」と、小椋さん。

裏付けされた”自信”を聞く職場自慢

院内保育室

最後は、院内保育室を紹介していただきました。「保育室は24時間対応で、病院スタッフも在宅部門のスタッフも利用しています。子育て中のママさんが多く活躍する職場なので、利用者がとても多いんです。保育中にお子さんの体調が悪くなっても、院内の小児科を受診できるので安心ですよ」と、中島さん。子育て支援として、お子さんが小さいうちは、日勤常勤や時短勤務を選ぶこともできるんだとか。今日はありがとうございました。

介護21スタッフが聞く「で、実際のところは?」見学後記

帰り道

――おつかれさまでした。在宅部門スタッフの育成にも力を注ぐ総合病院、いかがでしたか?
患者様の病院から在宅へのスムーズな移行体制が整っていて、一般的な訪問看護サービスだけでなく、定期巡回・随時対応型訪問介護看護サービスの利用拡大にも取り組んでいました。病棟では、在宅部門スタッフも含めたチーム医療を推進しており、在宅部門スタッフは院内研修に積極的に参加しているそうです。
――在宅部門には、どんなスタッフの方が活躍していましたか?
家庭を持つ女性スタッフが多かったです。病院の保育室が利用できるため、小さなお子さんを持つ方や、産休・育休中のスタッフの方もいて、所長さんも仕事と家庭の両立に理解の大きい方でした。また、入職後の教育サポートが充実しているので、訪問看護・介護の仕事に初めて挑戦した方も活躍していました。
――では、ここはちょっと、というところは?
定期巡回・随時対応型訪問介護看護ステーションの勤務は宿直があり、夜間も忙しいのかな?と想像していましたが、ここ数カ月は夜間の緊急ケアコールがないと伺いました。宿直時は事業所待機なので、病棟や介護施設の夜勤とは少し異なるそうです。
――最後に、ここだけの話をひとつお願いします
在宅部門の所長さんはとても気さくな方で、在宅部門スタッフからはもちろん、病院スタッフからも慕われていました。以前は、イムス三芳総合病院の外来・病棟・透析室などで働いていたそうで、在宅部門の事業所のトップが病院スタッフと距離が近いからこそ、部門を超えた密な連携が実現しているのだなと感じました。

定期巡回・随時対応型訪問介護看護サービスに興味のある方

子育て中も、やりがいやスキルアップを大切にしたい方

募集職種を見る