医療法人社団 東京白報会 (東京エリア6拠点合同募集)

せたがや在宅診療所 Webで病院見学

おうちでゆっくりご覧いただける、病院見学の体感コンテンツです。

supported by 医療21
  1. HOME  > 
  2. 東京都  > 
  3. 世田谷区  > 
  4. 医療法人社団 東京白報会 (東京エリア6拠点合同募集) せたがや在宅診療所  > 
  5. webで病院見学
おうちでゆっくり見学できます。webで病院見学
職場の舞台裏、もっと知りたい…。実際の様子やスタッフを見たい…。そんなあなたに代わって、見学に行ってきました!写真と文章でお届けします。ゆっくりご覧ください。

医療法人社団 東京白報会 (東京エリア6拠点合同募集)

せたがや在宅診療所

( 在宅診療所 )

編集部が取材しました

見学の下調べ

近年、需要の高まる「在宅医療」は、医師と看護師をはじめ、さまざまな職種がチームを組んで提供しています。さまざまな医療・介護施設を展開している「白報会グループ」では、在宅医療に力を注ぎ、訪問診療を担う在宅診療所の拠点拡大に取り組んでいるんだとか。東京都内には6つの拠点があり、看護師をはじめ、医療相談員や医療事務スタッフも募集しているそうなので、さっそく見学に行って働く魅力を見つけてきます!

形 態
在宅診療所
所在地
東京都世田谷区/二子玉川駅
百聞は一見にしかず見学開始!!

玄関

白報会グループの在宅医療部門「せたがや在宅診療所」があるのは、「二子玉川駅」から徒歩5分のビルの2F。拠点によって立地環境はさまざまですが、どこも比較的駅から通いやすい場所にあるそうです。玄関で迎えてくれたのは、事務長補佐の大吉さん。「ようこそ!当診療所は開設3年目のため、患者数は約125名と少なく、これからもっと増やす方針です。グループ内には、300名以上の患者様に対応している拠点もあり、スタッフ数や規模はさまざまなんですよ」。

室内

さっそく中へ入り、白報会グループの在宅医療部門のパンフレットを見せていただきました。東京以外にも拠点があるんですね。「ええ、埼玉、千葉、新潟、静岡、愛知でも在宅診療所を展開しています。引っ越しなどの家庭の事情で異動希望を出すこともできるので、当診療所の看護師や医療相談員にも、グルー内の他の診療所から異動してきたスタッフがいるんですよ」と、大吉さん。

創意工夫を伺う独自の取り組み

室内

診療所内は、オフィスのような雰囲気ですね。「ええ、『診療所』というよりも『事務所』っぽい雰囲気です。スタッフには、一人一台の個人デスクとパソコンがあり、コミュニケーションの取りやすさやスムーズな動線を考えて、仕切りなどを作っていません。だから、他職種との意見交換が活発で、チーム連携が図りやすいんですよ」と、大吉さん。とても風通しの良い環境ですね。

ホワイトボード

大きなホワイトボードには、訪問エリアの地図が掲示されていました。訪問診療に対応しているエリアは広いですか?「当診療所では、世田谷区をはじめ、目黒区の一部地域、川崎市の一部地域に対応しています。移動はすべて専用車両で、一番遠い訪問先だと片道45分くらいかかります。でも、ドライバーさんが運転してくれるので、同行の看護師や医療相談員は運転業務はありませんよ」と、スタッフの皆さん。

特徴は”名”を聞く名物・名所・名スタッフ

室内

「こちらの看護師は1歳のお子さんのママさんで、育休から復帰したばかりなんです」と、紹介してくれました。仕事と子育ての両立はうまく行っていますか?「はい。勤務時間は9時~17時で、だいたい16時には事業所に戻って定時に退勤できるので、保育園のお迎えに遅れる心配はありません。また、土日祝日が休みという点も魅力的で、病院で働いていた頃よりも休みが多いな~と感じます」と、看護師さん。

建物前

「当診療所では、一般のご家庭だけでなく、有料老人ホーム、グループホーム、サ高住などの高齢者施設にも出向いているんです。開設当初は、施設への訪問が圧倒的に多かったですが、近隣の病院のソーシャルワーカーさんや、居宅介護支援事業所のケアマネージャーさんとの関係づくりが進んでいるため、少しずつ一般のご家庭も増えていますね」と、大吉さん。

室内

診療所に戻った看護師さんは、医療相談員さんと新規患者様の情報共有中。「新たに訪問診療を希望される患者様・ご家族には、まず医療相談員が面談に伺い、お身体の状況や、生活スタイル、希望する診療内容などを把握した上で、医師と看護師にバトンタッチしています。医療相談員は、眼科や精神科など、医療処置の少ない訪問診療にも同行しているので、外に出る機会も多いですね」と、大吉さん。

創意工夫を伺う独自の取り組み

室内

看護師さんとの情報共有の次は電話対応と、医療相談員さんは忙しそうですね!「ええ、そのサポートを担うのが、メディカルコーディネーターや医療事務スタッフの存在。特に医療事務スタッフは、レセプト関連業務に加えて、診療所内の電話対応やお客様対応など、事務業務全般を担っています。在宅医療が未経験の方でも活躍しやすいように、診療報酬などについてはグループ全体の医療事務スタッフで研修を開いているんですよ」。

裏付けされた”自信”を聞く職場自慢

室内

みなさん、職場のどんなところが働きやすさにつながっていますか?「スタッフ数が少ないので、アットホームな雰囲気の中で和気あいあいと仕事ができるところです。メンバーの家庭の事情なども把握しているので、急な欠勤などにも理解を示していますし、長期休暇を取得する際は、グループ内の他の診療所からヘルプスタッフを呼べる体制も整っているんですよ」とのこと。グループ内の協力関係もあるんですね。今日はありがとうございました。

介護21スタッフが聞く「で、実際のところは?」見学後記

帰り道

――おつかれさまでした。訪問診療を担う在宅診療所、いかがでしたか?
医師、看護師、医療相談員、医療事務スタッフなどがチームを組み、外部の関連施設とも連携を図りながら、地域の在宅療養者の暮らしを支えていました。診療所はビルの一室のワンフロアですが、訪問診療の対応エリアは広いですね。東京エリアの他の診療所では、300名以上の患者様に対応しているところもあるそうです。
――働きやすさはどうでしたか?
勤務時間は9時~17時で、残業はほとんどなく、土日祝日が休みという働きやすさが整っていました。白報会グループの在宅医療部門には、子育て中のママさんも多く活躍しているそうで、産休・育休取得実績も高いんだとか。
――では、ここはちょっとというところは?
看護師さんは、「新しい看護技術を身に付けていきたい!」という方には向いていないかも…と、おっしゃっていました。ただ、一人ひとりの患者様の状況に応じた処置の仕方や対応について模索することがやりがいにつながっていて、病院勤務では経験できない学びも多いそうですよ。
――最後に、ここだけの話をひとつお願いします。
せたがや診療所の医療相談員さんで、複数の拠点での勤務経験を持つ方がいて、新しい事業所のサポートや、事務長業務などの経験もできてスキルアップにつながったそうで、拠点を拡大しながら成長を続けるグループならではの魅力だなと感じました。

未経験から在宅医療にチャレンジしたい方

少人数の職場で、家庭やプライベートを大切にしながら働きたい方

募集職種を見る