医療法人社団 清愛会
七生病院 Webで病院見学

おうちでゆっくりご覧いただける、病院見学の体感コンテンツです。

supported by 医療21
  1. HOME  > 
  2. 東京都  > 
  3. 日野市  > 
  4. 医療法人社団 清愛会 七生病院  > 
  5. webで病院見学
おうちでゆっくり見学できます。webで病院見学
おうちでゆっくり見学できます。webで病院見学

医療法人社団 清愛会

七生病院

( 精神科病院 )

編集部が取材しました

見学の下調べ

七生病院の見学の下調べ

子育てと仕事を両立したい方にとって、「17時前に退勤できる職場」はとても魅力的ですよね。豊かな自然に囲まれた東京都日野市で精神科医療を展開する「七生病院」は、日勤が8時30分~16時30分の実働7時間で、残業がほとんど発生しないとのこと。看護部には、小さなお子さんを持つママさんも多く活躍していて、管理職を任されているママさんも珍しくないそうです。さっそく見学に行って、働きやすさを確かめてきます!

形 態
精神科病院
所在地
東京都日野市/平山城址公園駅
病床数
268床

百聞は一見にしかず見学開始!!

七生病院の玄関

玄関

「七生病院」があるのは、京王線「平山城址公園駅」から徒歩8分ほどの緑の多い住宅街。JR中央線「豊田駅」と病院を結ぶ無料送迎バスもあり、敷地内には広い職員用駐車場(無料)も完備されているので、八王子・多摩・立川など、多方面からアクセスに便利なんだとか。玄関では、認知症専門病棟で働く看護師の北山さんが迎えてくれました。今日はよろしくお願いします!

玄関の次

裏付けされた”自信”を聞く職場自慢

七生病院の勤怠管理システム

勤怠管理システム

玄関を入った事務室の隣には、ICカードの勤怠管理システムが設置されていました。こちらの病院では、残業がほとんど発生しないって本当ですか?「本当ですよ。どの部署も残業ほぼゼロを達成しています。日勤の定時は16時30分なので、16時15分からの夜勤者にスムーズに申し送りをして、17時前に職場を後にしています。当院は家庭を持つ看護師が中心なので、ONとOFFのメリハリを大切にしているんですよ」。

勤怠管理システムの次
七生病院のナースステーション

ナースステーション

つづいてナースステーションに伺うと、関戸看護部長にばったり遭遇。「部長は山梨から通勤しているので、スタッフの中で一番通勤に時間がかかっているはず」と、北山さん。山梨って遠いイメージですが、通勤が大変なのでは?「いえいえ、車で片道1時間半ほどで、残業がない分、多少通勤に時間がかかっても負担になっていません。看護部では、管理職も早く帰ることで、部下たちが帰りやすい雰囲気を作っているんです」と、関戸看護部長。

ナースステーションの次
七生病院の男性急性期病棟

男性急性期病棟

つづいて、男性急性期病棟を案内していただきました。急性期の病棟でも、慌ただしさを感じない雰囲気ですね。「ええ、緊急性や重症度の高い患者様などは少ないと思います。入院設備は、男性の急性期病棟と慢性期病棟、女性の急性期病棟と慢性期病棟、開放病棟、認知症病棟と、6つの機能に分かれていますが、どの病棟もゆったりとした雰囲気で、患者様とじっくり向き合いやすい環境ですよ」。

男性急性期病棟の次
七生病院の男性慢性期病棟

男性慢性期病棟

お次は男性慢性期病棟で、カンファレンスの様子を見学させていただきました。「近隣に精神科病院が多い地域なのですが、当院には、“早期退院を目指しつつも『生活の場』に近い療養環境づくりを進め、患者様のペースに合わせたケアを重視している”という特色があります。特に慢性期病棟には、自宅で生活するには症状が重い患者様もいらっしゃるため、QOLや生活機能の維持・向上を踏まえた関わりが求められているんです」と、皆さん。

男性慢性期病棟の次

創意工夫を伺う独自の取り組み

七生病院の男性慢性期病棟

男性慢性期病棟

北山さんのもとに、新人看護師さんが質問にやってきました。新人さんは、ゆったり働ける慢性期病棟に配属されることが多いそうです。「当院の新人教育はプリセプター制度ではなく、病棟スタッフ全員が指導に関われるように、教育係を日替わりにしています。勤務中でも質問・相談しやすい雰囲気を大切にしているので、精神科が未経験の方や、ブランクのある方なども安心して応募して欲しいです」と、北山さん。

男性慢性期病棟の次

特徴は”名”を聞く名物・名所・名スタッフ

七生病院の認知症専門病棟 談笑スペース

認知症専門病棟 談笑スペース

認知症専門病棟へ伺うと、広々とした畳敷きの談笑スペースを発見。「認知症専門病棟は高齢患者様が中心のため、患者様同士や、面会に訪れたご家族と一緒に自宅のようにくつろいでいただけるように、畳敷きのスペースも用意したんです。最近は、認知症が重度の方も増えていますが、生活支援や見守り役を担う看護助手さんを多く配置し、家庭的な病棟づくりを目指しているんです」。それは素晴らしい!

認知症専門病棟 談笑スペースの次
七生病院の認知症専門病棟 談笑スペース

認知症専門病棟 談笑スペース

談笑スペースの一角で、看護師さんと患者様がお話をしていました。「こちらは、小さなお子さんを3人持つママさんナースで、病棟師長も務めています。師長の中では最年少ですが、看護部の世代交代を図るため、実力次第で責任ある役職を任せて、子育て世代の看護師の活躍も推進しているんです」と、北山さん。キャリアよりも子育てを優先したい方には、時短勤務やパート勤務を用意しているそうです。

認知症専門病棟 談笑スペースの次
七生病院の認知症専門病棟

認知症専門病棟

「当院では、男性看護師の入職も大歓迎しています」と、男性の病棟師長さんを紹介してくれました。男性看護師の割合は多いですか?「ええ、男性専門病棟もあるため、看護部の約半分は男性職員で、男女が平等に活躍しやすい雰囲気があります。家事・育児に積極的に参加したい男性の気持ちも理解してくれる職場なので、これから結婚を控えている方や、お子さんとの時間を大切にしたいパパさんにもお勧めの職場ですよ」と、男性看護師長さん。

認知症専門病棟の次
七生病院のデイケア棟・作業療法室

デイケア棟・作業療法室

病院を出た敷地内には、デイケア棟と作業療法室が併設された建物がありました。「デイケアでは、外来通院中の患者様や、退院された患者様に対して、再発・再入院の予防や、社会参加の促進を図るためのリハビリを提供しています。病院の敷地内なので、外来・病棟看護師とも情報を共有しながら、住み慣れた地域で自分らしく生活するためのサポートに取り組んでいるんです」と、北山さん。

デイケア棟・作業療法室の次
七生病院の廊下

廊下

最後は、多職種の皆さんが集まってくれました。職場のどんなところに働きやすさを感じていますか?「17時前に退勤できることと、休みの希望をほぼ100%通してもらえるところです。夜勤の曜日・回数の相談にも柔軟に対応してもらえますし、子どもの急な体調不良による欠勤・早退にも理解があるため、看護部の定着率はとても高いんですよ」と、皆さん。自分の時間も確保しながら、私生活も大切にできるんですね。今日はありがとうございました!

廊下の次

医療21スタッフが聞く「で、実際のところは?」見学後記

帰り道

おつかれさまでした。無理のない働き方ができる精神科病院、いかがでしたか?

――おつかれさまでした。無理のない働き方ができる精神科病院、いかがでしたか?

うわさ通り、日勤は16時30分までで残業はほとんどなく、子育て中のママ・パパや、家族の介護をしている方もいきいきと働いていました。看護部では数年前から世代交代を進めていて、若手の管理職が増えているそうで、小さなお子さんを持つママさんも、師長や教育担当として活躍していましたよ!

――子育て支援体制は整っていましたか?

はい。日勤が16時30分までなので、時短勤務制度の利用実績は少ないそうですが、希望すれば利用できるそうです。休日・夜勤の曜日の希望なども、お子さんの予定優先で組んでいるママさん看護師が多く、保育園や学校行事には必ず参加できているんだとか。

――では、ここはちょっと、というところは?

看護部長としては、入職後の導入研修プログラムを確立したいとのこと。現在の新人教育はOJTが中心のため、今後は精神科に関する座学研修も充実させて、精神科が未経験の方を積極的に受け入れていきたいそうです。

――最後に、ここだけの話をひとつお願いします。

病院の新築リニューアルが検討されているそうです。歴史ある病院なので、ハード面は古さを感じる部分もありますが、数年後にはきれいで新しい病院へと生まれ変わる予定だそうですよ!

17時前に退勤して、家庭やプライベートな時間を大切にしたい方

精神科看護に興味があり、未経験から挑戦したい方

募集職種を見る