医療法人社団 御幸会
熊本循環器科病院 Webで病院見学

おうちでゆっくりご覧いただける、病院見学の体感コンテンツです。

supported by 医療21
  1. HOME  > 
  2. 熊本県  > 
  3. 熊本市南区  > 
  4. 医療法人社団 御幸会 熊本循環器科病院  > 
  5. webで病院見学
おうちでゆっくり見学できます。webで病院見学
おうちでゆっくり見学できます。webで病院見学

医療法人社団 御幸会

熊本循環器科病院

( 一般病院 )

編集部が取材しました

見学の下調べ

熊本循環器科病院の見学の下調べ

職場を選ぶ際に一番重視する事柄として、「人間関係」と答える方は多いと思います。信頼できる仲間と毎日楽しく仕事ができれば、たいていの困難は乗り越えられそうですよね。熊本市南区にある「熊本循環器科病院」では、人間関係の温かさが職員定着率を向上させているとのこと。部署を超えたコミュニケーションが活発で、理想的なチーム医療が実現しているそうです。さっそく見学に行って、働く魅力を見つけてきます!

形 態
一般病院
所在地
熊本県熊本市南区/平成駅
病床数
160床(一般1病棟41床、療養3病棟119床)

百聞は一見にしかず見学開始!!

熊本循環器科病院の玄関

玄関

「熊本循環器科病院」へのアクセスは、「南熊本駅」からバスに乗り、「友添」バス停で下車して徒歩3分ほど。敷地内には無料の職員用駐車場が完備されているため、マイカー通勤の方が多いそうです。玄関では、社会福祉士さん(写真左)と、作業療法士さん(写真右)が迎えてくれました。「ようこそ!今日は私たちの自慢の職場をたっぷりとご紹介しますね」。

玄関の次
熊本循環器科病院の玄関

玄関

院内に入る前に、看護部の管理職の皆さんを紹介していただきました。「ここ数年で世代交代が進み、新しい部長や師長が就任しました。看護部の管理職は外部から採用せずに、当院で長く活躍するベテランスタッフが昇格しているので、現場との距離がとても近いんです。特に中村看護部長(写真左から3番目)は新卒から30年以上勤務していて、患者様からも職員からも厚い信頼を寄せられています」と、お2人。

玄関の次

創意工夫を伺う独自の取り組み

熊本循環器科病院のスタッフステーション

スタッフステーション

お次は、スタッフステーションへ。中村看護部長は管理業務に加えて、糖尿病療養指導士の資格を活かして患者様と向き合う時間も大切にしているそうです。「当院では糖尿病の診療・療養指導に力を入れていて、私を含めて9名の糖尿病療養指導士が中心となり、一人ひとりの患者様の症状に合わせた指導を行い、治療継続をサポートしています」と、手作りの生活指導ファイルと、糖尿病療養指導士の仲間を紹介してくれました。

スタッフステーションの次

裏付けされた”自信”を聞く職場自慢

熊本循環器科病院のスタッフステーション

スタッフステーション

スタッフステーションの一角では、宮田院長(写真右から2番目)を中心に多職種カンファレンスが開催されていました。「宮田院長はとても気さくな人柄で、いつでも職員が話しかけやすい空気を作ってくださるので、質問・相談がしやすいです。カンファレンス中もスタッフ一人ひとりの意見に耳を傾け、良いアイディアは率先して取り入れようとしてくだるんですよ」と、皆さん。素敵な院長ですね!

スタッフステーションの次
熊本循環器科病院の療養病棟 病室

療養病棟 病室

お次は、2Fの療養病棟の病室へ。「全160床の入院設備は、3Fにある一般病棟(41床)と、2F・4F・5Fにある3つの療養病棟(119床)で構成されています。2Fの療養病棟だけは少し特殊な体制で、病床数が20床と少なく、人工呼吸器を装着した患者様の長期療養を受け入れています」と、看護師さん。こちらには人工呼吸器の患者様が常時15名前後いらっしゃるため、看護師は人工呼吸器管理についてしっかり学んでいるそうです。

療養病棟 病室の次
熊本循環器科病院のスタッフステーション

スタッフステーション

スタッフステーションに戻ると、新人指導が行われていました。「入職後は、新卒者にも中途入職者にもプリセプター制度を導入し、こんなふうにマンツーマンのOJTを行っています。当院では、働きながら看護師を目指す准看護師・看護助手の方への支援を行っているので、初めて臨床現場に立つ方を教育する機会も多く、基礎的なことから丁寧に分かりやすく指導できるスタッフが揃っています」と、お2人。それは安心です。

スタッフステーションの次

特徴は”名”を聞く名物・名所・名スタッフ

熊本循環器科病院のスタッフステーション

スタッフステーション

「当院では、2022年度内に電子カルテに切り替える予定のため、こちらの営繕担当スタッフさんに、ステーション内のコンセントの差込口の増設をお願いしたんですよ」と、見せてくれました。「こちらの営繕担当スタッフさんは、どんなことでも器用にこなす多才な方で、いろいろな部署からも頼りにされています。前職の建築業界で培ったスキルを活かして、環境整備から送迎業務、ちょっとした院内設備の修理まで、なんでも引き受けてくださるんですよ」と、お2人。

スタッフステーションの次
熊本循環器科病院のリハビリテーション室

リハビリテーション室

リハビリテーション室へ行くと、セラピストの皆さんが迎えてくれました。「当院では、多様なリハビリテーション機器を充実させて、運動器疾患・脳血管疾患・循環器疾患・廃用症候群など、幅広い疾患を対象に訓練を実施しています。療養病棟の寝たきりの患者様に対しては、セラピストが病室に出向いてベッドサイドで訓練を行い、身体機能の維持・改善はもちろん、介護負担の軽減なども目指しています」と、皆さん。

リハビリテーション室の次
熊本循環器科病院の職員食堂

職員食堂

職員食堂に伺い、管理栄養士のお2人を紹介していただきました。「ランチは1食260円とリーズナブルな上に、おいしくて栄養バランスもバッチリです。こちらの2人も糖尿病に関する知識が豊富で、それぞれ『日本糖尿病療養指導士』(写真右)と『熊本地域糖尿病療養指導士』(写真左)の資格を有しています。当院には院長を含めて2名の糖尿病専門医が在籍しているため、現場で指導が受けやすく、受験資格を得やすいんですよ」。

職員食堂の次
熊本循環器科病院の一般病棟

一般病棟

お次は一般病棟で、ママさん看護師のお2人にお会いしました。仕事と子育ての両立は順調ですか?「はい。子どもがまだ小さいため、日勤常勤を希望したり、夜勤を月2回に減らしたりと、無理なく両立しています。看護部の管理職は育児経験者ばかりですし、同僚も子育て世代が多いため、子どもの行事や急な体調不良によるお休みにも理解が得やすくて助かります」と、お2人。男性の育児参加にも協力的で、パパさん看護師も活躍しているそうです。

一般病棟の次
熊本循環器科病院の廊下

廊下

最後は、多職種の皆さんが見送ってくれました。人間関係の温かさが職員定着率を向上させているそうですね。「ええ、思いやりのあるメンバーが集まっているので、10年、20年と働く方が多く、産休・育休取得後の復帰率は100%で、新人さんも溶け込みやすい職場です。これまで、診療体制改変や経営母体の変更など、数々の重大な局面を迎えてきましたが、皆で協力して乗り越えてきたんですよ」と、皆さん。それは素晴らしい!今日はありがとうございました。

廊下の次

医療21スタッフが聞く「で、実際のところは?」見学後記

帰り道

おつかれさまでした。温かい人間関係が自慢の病院、いかがでしたか?

――おつかれさまでした。温かい人間関係が自慢の病院、いかがでしたか?

どのスタッフさんも笑顔で気持ちよく接してくださり、職場の雰囲気の良さや人間関係の魅力が伝わってきました。職種間のチームワークも抜群でしたし、院長や看護部長が現場と近い距離で仕事をしていて、皆さんからすごく慕われていたことも印象的でした。

――働きやすさはどうでしたか?

すごく働きやすい環境です。看護部は子育て世代が中心で、残業がほとんどなく、希望休がほとんど通るそうで、有休消化率は90%以上でした。お子さんが小さいうちは、日勤常勤・時短勤務・パート勤務を希望することも可能で、夜勤の日程・回数の相談にも柔軟に対応してもらえるそうですよ。

――では、ここはちょっと、というところは?

「熊本循環器科病院」という病院名から、循環器の診療に特化した病院を想像していましたが、心疾患の患者様はそこまで多くなかったです。病院名は開院当初の名残りなんだそうで、現在の院長の就任を機に、地域から需要の高い糖尿病診療に力を注ぐ方針になったそうです。

――最後に、ここだけの話をひとつお願いします。

「夢眠グループ」の一員になって以来、さまざまな改善が行われていて、現場の皆さんに好評でした。例えば、今までユニフォームは各自購入していたそうですが、カラフルな新ユニフォームが貸与となったり、業務効率アップのために、オーダリングシステムや電子カルテの導入が決定したりと、今後もいろいろ改善する方針だそうですよ。

人間関係が温かい職場で長く働き続けたい方

地域医療に興味があり、仕事と子育てを両立しながら働きたい方

募集職種を見る