医療専門の
求人サイト

看護師の求人・転職・募集サイト 【医療21】

医療法人社団 哺育会 桜ヶ丘中央病院

Webで病院見学

online hospital tour

おうちでゆっくりご覧いただける、病院見学の体感コンテンツです。

医療法人社団 哺育会 桜ヶ丘中央病院

Webで病院見学

online hospital tour

おうちでゆっくりご覧いただける、病院見学の体感コンテンツです。

  1. HOME  > 
  2. 神奈川県  > 
  3. 大和市  > 
  4. 医療法人社団 哺育会 桜ヶ丘中央病院  > 
  5. webで病院見学

医療法人社団 哺育会

桜ヶ丘中央病院

( 一般病院 )

編集部が取材しました

見学の下調べ

桜ヶ丘中央病院の見学の下調べ

理想のキャリアと自分のライフスタイルとの両立を実現をする上で、職場選びはとても重要ですよね。上尾中央医科グループ(AMG)の「桜ヶ丘中央病院」では、みんなが笑顔で楽しく働ける職場を目指し、スタッフ一人ひとりの「理想の働き方」に寄り添っているとのこと。キャリアサポートも子育て支援も手厚く、結婚・出産後も自分らしく働くスタッフがたくさんいるらしいので、さっそく見学に行ってチェックしてきます。

形 態
一般病院
所在地
神奈川県大和市/桜ヶ丘駅
病床数
171床(一般病棟45床 障害者病棟40床 回復期リハ病棟86床)
※マスクなしの写真は撮影時のみはずしています。

百聞は一見にしかず見学開始!!

桜ヶ丘中央病院の玄関

玄関

「桜ヶ丘中央病院」へのアクセスは、小田急江ノ島線「桜ヶ丘駅」西口から徒歩1分。電車に乗れば、便利な「横浜駅」まで約30分で行くことができ、新宿方面や湘南方面にもアクセスしやすい魅力的な立地です。玄関では、看護部長さんが笑顔で迎えてくれました。「ようこそ!今日は自慢の職場をたっぷりとご紹介しますね」。

玄関の次
桜ヶ丘中央病院の外来フロア

外来フロア

さっそく玄関を入って外来フロアへ。「外来患者様は当院をかかりつけ病院としている地元の方が中心で、小児科にも対応しているため、小さなお子さんから高齢者の方まで幅広い年齢層の患者様の来院があります。2次救急病院として24時間体制で救急車を受け入れていて、外来看護師が救急外来も兼務しているんですよ」。

外来フロアの次
桜ヶ丘中央病院の訪問看護室

訪問看護室

お次は、訪問看護室を案内していただきました。「当院では在宅支援にも多職種で対応していて、訪問看護の他に、訪問診療・訪問リハビリ・訪問薬剤管理指導・訪問栄養指導などに対応しています。薬剤師や管理栄養士による在宅サービスを行っている施設は地域に少なく、今後も需要が高まっていきそうなので、訪問事業の更なる拡大を検討中です」と、看護部長。

訪問看護室の次

創意工夫を伺う独自の取り組み

桜ヶ丘中央病院の健康管理課

健康管理課

院内には健康管理課が設置されていて、人間ドックや健診目的で来院される方も多いとのこと。「当院の院長は地域医療に熱心で、近隣住民の方の健康維持・増進を支える予防医療にも力を注いでいます。行政と連携し、大和市特定健診・がん検診の協力医療機関となっているため、当院の広報誌でも受診を呼びかけ、健康長寿の街づくりに貢献しています」。

健康管理課の次
桜ヶ丘中央病院の急性期病棟

急性期病棟

急性期病棟に伺うと、子育て中の看護主任さんが活躍していました。「私は急性期の看護が好きなので、出産後も職場・保育室・家族の協力を得ながら好きな仕事を続けています。緊急入院や手術、急変対応なども多くて忙しい部署ですが、自分の興味のある看護領域なので、日々やりがいや充実感を感じています」と、看護主任さん。

急性期病棟の次

特徴は”名”を聞く名物・名所・名スタッフ

桜ヶ丘中央病院の廊下

廊下

廊下で看護部長におたずねしました。結婚・出産後も定着する看護師が多いですか。「ええ、保育室などの子育てサポートが充実しているため、看護部は30代~40代の子育て世代が中心で、日勤常勤・時短勤務・パート勤務など、家庭に合った働き方をしています。そのため、夜勤者が不足しないように新卒採用にも力を注ぎ、独身者にも居心地の良い職場づくりを進めているんです」と、看護部長。

廊下の次
桜ヶ丘中央病院の障害者病棟

障害者病棟

つづいて、障害者病棟に行き、看護師さんへの指導風景を見学しました。「看護部は『部署全体で育てていこう』という方針で、教育担当者を固定せず、いろいろな先輩が教育担当となってマンツーマンの丁寧なOJTを実施しています。入職1年目は精神的なサポートを担うメンターの先輩も付くため、仕事の悩みなども相談しやすいと思いますよ」と、看護部長。

障害者病棟の次
桜ヶ丘中央病院のリハビリテーション室

リハビリテーション室

最上階の7Fにあるリハビリテーション室に行ってみると、セラピストの皆さんが迎えてくれました。「当院は回復期の病床数が一番多く、リハビリテーション科にはPT・OT・ST合わせて約100名のセラピストが勤務しています(2023年7月)。スムーズな在宅復帰のために、患者様のリハビリの進捗状況やADLに合った介助方法などを看護師と共有し、病棟でも生活リハビリに取り組んでもらえるよう働きかけています」と、皆さん。

リハビリテーション室の次
桜ヶ丘中央病院の屋上庭園

屋上庭園

リハビリテーション室のベランダは屋上庭園につながっていて、周辺の景色を見渡すことができます。「天気の良い日は富士山も見え、開放的な気持ちでリハビリに取り組むことができるんです。こちらの屋上庭園には、屋外リハビリ用のスペースや、園芸療法のためのリハビリ菜園も備え、患者様と一緒に季節の野菜を育てているんですよ」と、看護部長。

屋上庭園の次
桜ヶ丘中央病院の研修室

研修室

つづいて、研修室で看護部長と打ち合わせをしていた看護部の教育担当者(写真中央)から教育委員会の取り組みについて伺いました。「仕事を楽しむにはモチベーションづくりが重要だと思うので、新卒者には2カ月間のローテーション研修で配属先を検討する期間も設けてできる限り応え、教育委員会による毎月の個人面談で目標管理・メンタルケアを行っています」と、教育担当者。

研修室の次

裏付けされた”自信”を聞く職場自慢

桜ヶ丘中央病院の保育室

保育室

最後は、病院の向かいにある保育室へ。「保育室は24時間対応なので夜勤にも安心して入れますし、近隣の3つの幼稚園バスが乗り入れているため、朝は一緒に通勤して保育室から幼稚園に通うことも可能です。園バスの送り出し・お迎えも保育士さんが対応してくれるため、ママさんたちは安心して仕事に専念できています」。魅力的な保育サービスですね。今日はありがとうございました。

保育室の次
※マスクなしの写真は撮影時のみはずしています。

医療21スタッフが聞く「で、実際のところは?」見学後記

帰り道

理想とする働き方に寄り添ってくれる病院、いかがでしたか?

――理想とする働き方に寄り添ってくれる病院、いかがでしたか?

救急から在宅まで切れ目なく対応するケアミックス型病院で、看護師に幅広い活躍の場が用意されています。興味に合った看護が学べるように、配属先の希望にはできる限り応えているそうで、教育体制も充実していて、理想のキャリアを形成しやすい職場だと感じました。

――ライフスタイルに合った働き方もできますか?

はい。看護部には結婚・出産後も定着するママさんが多く、それぞれの家庭の状況に合った働き方をしているそうです。お子さんが小さいうちは日勤常勤・時短勤務・パート勤務を選んでいる方もいますし、子育て中も常勤としてバリバリ働く方もいて、24時間対応の保育室も完備されています。

――では、ここはちょっと、というところは?

認定看護師などのスペシャリストが在籍していないことでしょうか。ただ、AMGには手厚いキャリア支援制度が整っていて、看護部長としても各領域の認定看護師や特定行為研修修了者を育てていきたいそうなので、興味がある方は挑戦しやすいと思います。

――最後に、ここだけの話をひとつお願いします。

保育室の保育士さんたちは優しくて頼りになる方ばかりで、安心して預けられるという声をたくさん聞きました。天気の良い日はお散歩に行ったり、病院の小児科に健診に連れて行ってくれたり、年間を通した季節行事も充実しているそうです。

結婚・出産後もキャリアアップを目指したい方

家庭やプライベートを大切にしながら長く働きたい方

募集職種を見る