1. HOME  > 
  2. 株式会社 明昭(サ高住)のグループ医療機関一覧

株式会社 明昭(サ高住)

明昭は東京都と埼玉県で、複数の介護サービスを展開しています。母体は、医療法人社団「苑田会」で、複数の病院・クリニックを運営し、高齢者には欠かせない、内科、外科、脳神経外科、整形外科、心臓血管外科の診療をおこなっています。明昭の介護施設は、そうした苑田会の病院と強い連携体制をとっていて、入居者様とご家族様に「安心」と「信頼」を提供しています。

採用担当メッセージ

7棟のサービス付き高齢者向け住宅を足立区で運営

医療法人社団苑田会グループ 株式会社明昭は、首都圏にて「介護付き有料老人ホーム」を運営しているイメージが強いかと思いますが、高齢者住宅に関する豊富なノウハウを結集し、2009年より「サービス付き高齢者向け住宅(サ高住)」の運営を開始しており、足立区にて7棟を運営。直近では、2019年10月にサ高住「ガーデンフィールズ竹の塚Ⅱ(85戸)」を開設し、苑田会グループの病院との医療連携を強みに、年齢を重ねても快適に暮らせる住環境づくりを追求しています。

介護職の専門性・国家資格所持者6割以上・個別ケアの充実

当社のサ高住で働く介護スタッフは、介護福祉士資格所持者が6割を超えており、他社から転職される方も、安心して個別ケアを提供可能です。介護業界では、国家資格を所持していると役職を任される場合が多いですが、「現場で利用者様と向き合いたい」と考えるベテラン介護スタッフも少なくありません。おかげさまで、当社への入職希望者には介護福祉士所持者が多く、介護職本来の業務に専念できる環境が整っていますから、個別ケアに取り組みたい介護スタッフの方、入職をお待ちしています。

介護記録を手書きからスマートフォンへ

当社では、東京都も推奨する「介護業務のICT化」を図るため、2020年7月1日より、スマートフォンによる介護記録システムを導入。介護スタッフの負担軽減と業務効率の向上を目指して、新規スマートフォンを60台導入し、感染リスクのある申し送りノートを廃止しました。スタッフ間の情報共用がとてもスムーズです。

働きがいを生み出す、独自の3つの取り組み

働くスタッフを第一に考える

現場には最新の介護設備を積極的に導入し、介護スタッフの身体的負担の軽減に尽力。

スマートフォンによる介護記録

より効率的な働き方を追求するため、スマートフォンによる介護記録システムを導入。

積極的な連休取得を推進

計画有休制度を取り入れ、夏季・冬季休暇に加えて5日間のリフレッシュ休暇を用意。

先輩メッセージ

ガーデンフィールズ竹の塚II 介護スタッフ

働きながら資格取得を

キャリアサポートが手厚く、働きながら介護福祉士の資格取得に挑戦しやすいことが魅力です。当施設で活躍する介護職は、約6割が介護福祉士資格を有していて、先輩の背中を見て成長できる環境です。

ガーデンフィールズ六木 介護職 副主任

休日充実、育児と両立

年間休日は110日(+有休休暇)あり、夏休み・冬休みには連休を取得できますし、有休消化率も高いです。勤務はシフト制で、子育てなどのライフスタイルにも配慮しています。

とねり公園Big Bell 介護職 リーダー

1つの施設内での訪問介護

誰とでも気軽に会話ができます。訪問介護は1人で働くイメージがありますが、当社の場合は1つの施設内での訪問介護なので、仕事中に困ったことがあれば、いつでも仲間を頼ることができるんですよ。