1. HOME  > 
  2. 東京都  > 
  3. 江東区  > 
  4. 医療法人社団 清湘会 清湘会記念病院  > 
  5. webで病院見学
おうちでゆっくり見学できます。webで病院見学

医療法人社団 清湘会

清湘会記念病院

( 一般病院 )

編集部が取材しました

見学の下調べ

職場選びで「働きやすさ」と「スキルアップ」をどちらを重視すべきか、悩んで決められない方は特に必見!腎臓病と透析治療に特化した「清湘会記念病院」では、無理のない労働環境を整備しつつ、「透析看護のプロ」へと導く教育支援に取り組んでいるんだとか。やりがいも安定も得られる職場だから、産休・育休後の復帰率はほぼ100%で、大半の看護師が仕事と家庭を両立しているそうです。さっそく見学に行って、その理由を確かめてきます。

■形 態 :
一般病院
■所在地 :
東京都江東区/亀戸駅
■病床数 :
45床

玄関

総武線と東武亀戸線が通る「亀戸駅」は、都心に短時間でアクセスできる便利な駅。周辺には大型商業施設が多く、昔ながらの商店街も賑わっています。北口を出て、線路沿いの道を4分ほど歩くと、「清湘会記念病院」が見えてきました。駅から近く、とても便利な立地です!玄関で迎えてくれたのは、透析室で活躍する看護師の滝口さん。今日はよろしくお願いします。

特徴は”名”を聞く名物・名所・名スタッフ

看護部長室

まずは、吉永看護部長にご挨拶へ。あれ?ドアが開いてる!「誰でも気軽に出入りしやすいように、ドアは常にオープンなんです。私は2016年冬に赴任したばかりで、今は看護部全員と個人面談をしている最中。一人ひとりの目標、家庭の状況、職場への要望を把握して、より働きやすい職場づくりに取り組んでいます」と、吉永部長。働くスタッフの声を大切にしているんですね。

手術室

つづいて手術室へやってきました。「手術室の業務は外来看護師が兼務していて、月60件以上の手術に対応しています(2017年3月)。シャント手術・PTAだけでなく、専門性の高い再建術も行っていて、外来・入院患者様はもちろん、サテライトクリニックや地域の医療機関からも多くの紹介患者様を受け入れているんですよ」と、滝口さん。

透析室

お次は、滝口さんが活躍する透析室へ。「透析室は2階と3階にあり、ベッド数は全部で100台。透析装置は全てオンラインHDFに対応した最新式だから、操作がシンプルで覚えやすいです。透析室勤務が初めての方にも、1人立ちまで教育係が付き、マンツーマンのOJTを行うので安心してください」。器械に精通した臨床工学技士さんも、新人指導に入ってくれるそうです。

創意工夫を伺う独自の取り組み

透析室

透析患者様のために開催している「料理講習会」の写真を見せていただきました。参加者が多いですね~。「そうなんです。栄養科主催の恒例行事で、患者様だけでなく、ご家族や看護師も参加することができるので、毎年150名くらい集まります。私達も実際に透析食を作り、味わうことで、よりスムーズな指導ができるんですよ」と、滝口さん。

食堂

食堂へ行って、栄養士さんを紹介していただきました。看護部では、栄養科と連携を取りながら食事指導に力を入れているそうです。「透析導入後は食事管理が必須で、一人ひとりの患者様に合わせた個別指導が求められます。栄養科との距離が近いので、気軽にアドバイスがもらえたり、ベッドサイドで直接指導のお願いもでき、すごく心強いです」と、滝口さん。

病棟 ナースステーション

病棟のナースステーションを覗くと、カンファレンスが行われていました。「病棟の患者様はほぼ全員が透析を受けていますが、入院の目的はさまざまです。透析導入のシャント造設が目的の方もいれば、シャントトラブルに対するPTAを受ける方、さらには重度の病態で呼吸器装着が必要な方などもいます。だから、患者様一人ひとりの状況を全体で共有し、適切な個別ケアに取り組んでいるんですよ」と、皆さん。

病棟 ナースステーション

病棟でも、新人さんへのマンツーマンのOJTを行っているんですね。「はい。経験に合わせて、1~3カ月間はサポートしています。透析患者様と関わったことがない方でも、基本から指導するので安心してくださいね。当院は勉強会も充実していますし、希望を出せば外部研修にも積極的に参加できます」と、滝口さん。教育体制が整っているんですね~。

病棟 ナースステーション

病棟には、2カ月後に出産を控えた妊婦さんが働いていました。産休・育休後は復帰予定ですか?「もちろんです。1人目の子どもも、こちらで働きながら出産して復帰しました。残業がほとんどなく、子どもが小さいうちは夜勤免除もしてもらえるので、子育て中の看護師もたくさん活躍しているんですよ」と、妊婦さん。

裏付けされた”自信”を聞く職場自慢

休憩室

女性スタッフの更衣室兼休憩室は、12畳の畳敷き。のんびりくつろげる広さですね~。「立ち仕事が多いので、休憩中に横になれるのはありがたいです。たいてい誰かの旅行土産があるので、お菓子を食べながらお喋りを楽しんでいますよ」と、皆さん。年間休日が120日以上(+有休)もあり、長期休暇も取りやすいため、毎年のように海外旅行を楽しむ方もいるそうです。

透析室

最後は、多職種の皆さんが集まってくれました。とても魅力的な職場環境ですね!「ありがとうございます。当院では『ボーナス年3回支給』という給与体系を導入し、やりたい仕事をしながら、豊かな人生を送れるようにバックアップしています。興味のある方は、ぜひ一度見学にいらしていください」と、皆さん。「働きやすさ」も「スキルアップ」も手に入る職場だということがよ~くわかりました。今日はありがとうございました。

介護21スタッフが聞く「で、実際のところは?」見学後記

帰り道

――お疲れさまでした。「働きやすさ」も「スキルアップ」も手に入る職場、いかがでしたか?
仕事とプライベート、どちらに重点を置きたいかは個人差があると思いますが、ライフスタイルの状況に応じて、そのバランスを変えていける職場でした。実際、独身時代はバリバリ働き、出産後は仕事をセーブしている方などもいて、職員一人ひとりの「理想の働き方」を尊重している姿勢を感じましたよ。
――他にも印象に残ったことはありますか?
法人全体のスケールの大きさです。病院だけで見ると、外来透析の患者様は約250名ですが、4つのサテライトクリニックも合わせると、約700名の透析患者様を受け入れているそうです。病棟と手術室は、サテライトクリニックの患者様も利用されるそうで、地域の透析医療の充実に大きく貢献している法人でしたよ。
――では、ここはちょっと、という点は?
腎臓病・透析に特化した専門病院なので、専門性を身に付けたい方でないと合わないと思います。でも、職場環境が整っているので、透析看護に苦手意識があった方も、長く定着しているそうです(笑)。透析未経験者も大歓迎しているので、少しでも興味がある方は見学に行ってみると良いと思います。
――最後に、ここだけの話をぜひ
病院の裏玄関からは、東京スカイツリーがすぐ近くに見えます!便利な「亀戸駅」も近いので、仕事の後は駅前やソラマチへお買い物に行ったり、ゴハンに行ったり、楽しく過ごせそうですよ!

「働きやすさ」も「成長」も手に入る職場で、長く働きたい方

透析看護に興味がある方、未経験から学んでみたいと思っている方

募集職種を見る