1. 看護師の求人・転職トップ > 
  2. 東京都の看護師求人 > 
  3. 世田谷区の看護師求人 > 
  4. 特定医療法人 大坪会 三軒茶屋病院の看護師求人 > 三軒茶屋病院をwebで病院見学
おうちでゆっくり見学できます。webで病院見学

特定医療法人 大坪会

三軒茶屋病院

( ケアミックス型病院 )

編集部が取材しました

見学の下調べ

ON(仕事)とOFF(プライベート)のベストバランス、実現していますか?仕事にせよ、プライベートにせよ、“時間がないからできないこと”って、結構ありますよね。三軒茶屋病院が取り組んでいるのは、職員のライフスタイルを尊重すること。キャリアアップ、育児、趣味など…、一人ひとりが優先したい部分を応援するサポート体制が整っているのだそうです。今日はその内容を、しっかりチェックしてこようと思います!

■形 態 :
ケアミックス型病院
■所在地 :
東京都世田谷区/三軒茶屋駅
■病床数 :
一般病床135床、療養病床112床
百聞は一見にしかず見学開始!!

玄関

暮らしにも遊びにも便利な「三軒茶屋駅」周辺は、住みたい街として大人気のエリア。親しみやすい元気な街の雰囲気は、幅広い世代に愛されています。そんな駅から徒歩8分の「三軒茶屋病院」は、地域に40年以上根差している、歴史の長い病院。玄関では、案内役の楯さん(左)と上野さん(右)が元気に迎えてくれました。

透析室

まずは、病院の強みである“人工透析”を行う透析室へ。「当院は、1970年から透析治療を開始した、血液透析分野のパイオニア的存在。近くに大坪グループの病院が点在していますが、透析治療を行っているのは当院だけなんです。透析看護を深めたい方には、うってつけの職場ですよ」と、お二人。

廊下

法人グループの中で、最も早く開設したそうですね?「はい。約40年、三軒茶屋に根差しています。内装は何度かリニューアルしていますが、建物自体は建て替えていないので、至る所がレトロなんです。ほら、この“冷房室”もめずらしいでしょ?」。本当だ、なんだか親しみやすいですね。この40年の間に、グループは大きく成長したそうですね?

創意工夫を伺う独自の取り組み

廊下

「はい。グループは、OZAK(O:大坪会、Z:全仁会、A:青葉会、K:弘生会)という、4つの法人に分かれていて、首都圏を中心に、約40以上もの関連病院、介護施設、クリニック、訪問看護ステーションなどを運営しています」と、ネットワーク図を見せて頂きました。各施設合同で、学術集会や懇親会も開いているそうです。

特徴は”名”を聞く名物・名所・名スタッフ

病棟

つづいて8F病棟へ。「こちらの小森さんは、介護スタッフとして働きながら、看護師を目指しています。当院で働くスタッフは、法人の“奨学金制度”を利用して、看護師の資格を取得する方が多いんです」と、上野さん。身近に同じ目標を達成した先輩がいると、心強いですよね。ぜひガンバってください!

ナースステーション

お次は、大村看護部長を紹介していただきました。手に持っている紙は何ですか?「これは、OZAKグループの年間教育スケジュール。病院ごとに勉強会を行っていますが、グループ合同の研修にも参加できるので、学べるチャンスがたくさんあります」と、看護部長。希望を出せば、院外研修にも日勤扱いで参加できるとか。

ナースステーション

「大村看護部長はいつも現場にいるから、気軽に相談がしやすいんですよ」と、お二人。へ〜、上司と距離が近くていいですね。「実は私、看護部長室にいるのが苦手なんです(笑)。毎日現場の意見を聞いて、みんなが抱える問題を把握するようにしています」と、看護部長。それは素晴らしい!だから、職員の優先したい部分に気付いてあげられるのですね。

病棟

上野さんは、ブランクから復職したばかりの新人さん。復職する際、技術面で不安はありませんでしたか?「最初は不安でしたが、今はもう大丈夫。当時は静脈注射や採血もできませんでしたが、イチから指導して頂きました。当院の看護業務は幅広いので、技術面ですごくスキルアップできると思います」と、上野さん。

廊下

廊下を歩いていると、1歳4ヵ月のお子さんを育てている看護師さんにお会いしました。お二人は、出産後も仕事を続けたいですか?「はい。当院の院長は、3人の育児経験がある女性なので育児への理解がとても大きいんです。“日勤常勤”や“保育室”といったサポートもありますし、“始業時間が9時で残業が少ないと”いう点でも、働きやすいと思いますよ」。

裏付けされた”自信”を聞く職場自慢

休憩室

お次は休憩室にやってきました。「これ、○○さんの仙台旅行のお土産だって」と、楯さん。長期休暇は取りやすいですか?「はい。当院は年間休日が120日(+有休)もあり、有休消化率も100%なので、旅行に行くスタッフが多いです。私も来月は海外に行ってきま〜す」と、上野さん。うらやまし〜な〜!

ナースステーション

最後は皆さんに質問!仲間のONとOFFのバランスを保つために、気遣い合っている事はありますか?「生活環境が違うので、それぞれ優先したい所が違うのは当たり前。『院外研修に行きたい』、『授業参観に出たい』、『海外旅行したい』など、みんなの希望を出し合って、シフト作りをしています」と、皆さん。なるほど、ライフスタイルの違いを尊重し合っているのですね。今日はありがとうございました。

介護21スタッフが聞く「で、実際のところは?」見学後記

帰り道

―― お疲れさまでした。ONとOFFのベストバランスが実現できる病院、いかがでしたか?
仕事、子育て、趣味など…、それぞれが打ち込みたいモノを、仲間や上司に伝えやすい雰囲気がありました。手厚いサポートがあるだけでなく、実際にそれらを活用して、やりたいことを実現した先輩方が後輩を導いていましたよ。
―― 一番印象に残ったことは?
皆さん口を揃えて、働き始めてから看護スキルが上がったと喜んでいました。大学病院などでは研修医が行う処置や介助も、ここでは看護師が積極的に携わっているそうです。民間病院ならではの魅力ですよね。
――では、ここはちょっと、という点は?
約40年間建っている病院なので、ハード面は歴史を感じるかもしれません。ただ、それ以上にソフト面の充実が印象的でしたし、成長を続ける医療グループの中心的な存在なので、働く安定性はバッチリです。
――最後に、ここだけの話をひとつお願いします
20代後半〜30代前半のスタッフが多いので、独身寮の利用者が多いとか。大人気の三軒茶屋駅から徒歩圏内に、リーズナブルな家賃で暮らせるので、皆さん憧れの都会ライフを満喫しているそうですよ。

ON「仕事」とOFF「プライベート」のバランスを保ちたい方

幅広い看護業務を経験してスキルアップしたい方

募集職種を見る