1. HOME  > 
  2. 埼玉県  > 
  3. 越谷市  > 
  4. 医療法人社団 俊睿会 南埼玉病院  > 
  5. webで病院見学
おうちでゆっくり見学できます。webで病院見学

医療法人社団 俊睿会

南埼玉病院

( 精神科病院 )

編集部が取材しました

見学の下調べ

精神科と聞くと、閉鎖的な雰囲気を想像してしまいがち。看護にも専門知識が求められるので、未経験だととっつきにくい印象ですよね。「南埼玉病院」は、そうした旧来の精神科のイメージとは違う明るく開放的な病院づくりに取り組み、精神科未経験者も大歓迎しているんだとか。さっそく見学に行って、働きやすさをチェックしてきます!

■形 態 :
精神科病院
■所在地 :
埼玉県越谷市/南越谷駅
■病床数 :
230床
百聞は一見にしかず見学開始!!

玄関

「南埼玉病院」へのアクセスは、「南越谷駅」からの無料送迎バスが便利。10分ほどバスに乗ると、のどかな田園風景に溶け込む外観が見えてきました。玄関で迎えてくれたのは、外来主任の近重さん。「当院は駅から少し離れているので、マイカー通勤の職員も多くいます。駐車場はすぐ近くに4つあり、いずれも無料で利用できるんですよ。では、院内にご案内しますね。どうぞ!」

外来

まずは、近重さんが働く外来へ。精神科未経験者も大歓迎って、本当ですか?「本当です!当院では、看護実習の受け入れや、新卒採用も行っているため、指導者の育成に力を注ぎ、教育体制をしっかり整えているんです。中途入職の方にも、こんなふうに丁寧なマンツーマン指導を行っているので、安心してご応募くださいね」と、近重さん。それは安心です。

創意工夫を伺う独自の取り組み

病棟

お次は、病棟へやって来ました。白衣の職員さんが少ないんですね。「ええ。心を閉ざしがちな精神科の患者様にとっては、白衣が最善とは限らないので、働く服装は自由なんです。家族や友人のような距離感で接するため、Tシャツやジーパンなど、私服で働く職員もいるんですよ」と、近重さん。珍しい取り組みですね~!

裏付けされた”自信”を聞く職場自慢

病棟

病棟を歩いていると、西出看護部長にばったり遭遇!こちらの病院では、開放的な環境作りに取り組んでいるそうですね。「ええ。ほとんどが開放病棟になっていて、患者様が自由に院内を歩いています。入院中の制限を最小限に留めているから、社会復帰につながりやすく、3カ月以内の退院を実現している病棟もあるんですよ」と、西出部長。それはビックリ!精神科は閉鎖的で入院期間が長いと思い込んでいました。

スタッフステーション

「看護部には、部長をはじめ、たくさんの男性職員が活躍しています」と、紹介してくれました。どのくらいの割合ですか?「全体の3割以上は男性で、男女比が半々という病棟もあります。病気のせいで落ち着きのない患者様もいらっしゃるため、一般科よりも男性が頼りにされる場面は多いですよ」と、男性看護師の皆さん。

特徴は”名”を聞く名物・名所・名スタッフ

秋祭りの写真

「こちらは、毎年恒例の『秋祭り』の様子です。年に1度、患者様やご家族をはじめ、地域の皆様や、職員の家族も参加できるお祭りを開催しています」と、写真を見せてくれました。楽しそうな雰囲気ですね!「患者様の作品展示や、職員の催し、多職種で出店する模擬店など、内容が充実しています!ドクターの承諾が得られた患者様には、アルコールも提供し、本格的なお祭り気分を味わってもらっています」。

スタッフステーション

スタッフステーションでは、ドクターを囲んでカンファレンスが始まりました。活発な意見交換が行われていますね。「ええ。当院には気さくなドクターが多く、心と向き合う専門家だけに、どんな意見も受け入れてくれる安心感があります。特に理事長は、とってもフレンドリーな方で、職員と挨拶を交わす時は、ストレスケアに最適な『ハグ』をしてくれることもあるんですよ(笑)」。ユニークな理事長ですね!

リハビリテーション室

お次は、リハビリテーション室へやってきました。「当院には、多くの作業療法士が活躍しており、社会復帰を目指すリハビリプログラムを充実させています。リハビリ中は、病棟では見られない患者様の一面や、意外な能力を発見できるチャンスなので、それらを職種間で共有することで、日々のケアに役立てています」と、近重さん。他職種と連携する場面も多いんですね。

訪問看護ステーションの駐車場

病院を出て、訪問看護師さんを紹介していただきました。「当院には、退院後のサポートを担う『訪問看護ステーション』と『デイケア』が併設されていて、在宅でも心穏やかな生活が送れるよう支援しています」。2つのサテライトクリニックもあり、病院勤務だけでなく、訪問看護ステーションやクリニック勤務も希望できるんだとか。

職員食堂

つづいて、近重さんお気に入りの職員食堂へ。「ランチは1食300円とお手頃な値段で、味も栄養バランスも抜群です!食事を楽しみにしている患者様が多いので、栄養科では毎月1度『イベントメニュー』を企画し、世界中の個性溢れる料理を提供しているのですが、職員も同じメニューを食べることができるんですよ」と、過去のメニューを見せてくれました。おいしそ~!

保育室

最後は、病院からすぐ近くの保育室へ。「年間休日120日(+有休)と、休みが多い職場なので、結婚・出産後も働き続ける職員が多く、保育室は大人気!私自身も働きながら2回の産休・育休を取得し、子育てを機に夜勤のない外来勤務になりました。病棟でも、時短勤務や日勤常勤を選択できるので、常勤として活躍するママさん看護師がたくさんいます」と、近重さん。子育て中も働きやすい職場なんですね。今日はありがとうございました。

介護21スタッフが聞く「で、実際のところは?」見学後記

帰り道

――明るく開放的な精神科病院、いかがでしたか
想像していた以上に明るく開放的な病院でした。患者様やご家族にも人気の病院で、越谷市と周辺エリアだけでなく、都内からいらっしゃる患者様も多いんだとか。教育制度も整っているので、精神科が未経験でも安心して働けそうでしたよ!
――働きやすさはどうでしたか?
病院では珍しく「労働組合」があり、職員の待遇面がしっかり保障されていました。また、保育室、職員食堂、無料の職員専用駐車場など、福利厚生も充実していましたね。職員定着率も高く、栃木県から1時間以上かけて通勤している職員もいるんだとか。
――では、ここはちょっと、というところは?
駅から少し離れていることですね。でも、「南越谷駅」から無料送迎バスが出ています。残業がほとんど発生しないため、帰りのバスの時間に間に合わないことはないそうです。
――最後に、ここだけの話を一つお願いします。
働く服装が自由なので、毎年ハロウィンの時期は、患者様と一緒に職員も仮装を楽しんでいるんだとか(笑)。私服勤務OKと聞いて、最初はビックリしましたが、精神科においては、白衣を着ない看護もアリなんだなと感じましたね。

患者様の心に寄り添う精神科看護に興味がある方

子育て中でも安心して働くことができる環境を求めている方

募集職種を見る