1. HOME  > 
  2. 東京都  > 
  3. 墨田区  > 
  4. 医療法人社団 隆靖会 墨田中央病院  > 
  5. webで病院見学
おうちでゆっくり見学できます。webで病院見学

医療法人社団 隆靖会

墨田中央病院

( 一般病院 )

編集部が取材しました

見学の下調べ

地域からの評判が良い病院は、魅力的な職員がたくさん働いているはず。「墨田中央病院」は、長年にわたって地域医療の発展に貢献し、近隣に暮らす人々と固い絆で結ばれているそうです。院長をはじめ、地域医療に熱い人材が集まっているそうで、信頼し合える人間関係が強い団結力につながっているとのこと。さっそく見学に行って、働きやすさをチェックしてきます!

■形 態 :
一般病院
■所在地 :
東京都墨田区/小村井駅
■病床数 :
97床
百聞は一見にしかず見学開始!!

玄関

「墨田中央病院」があるのは、東武亀戸線「小村井駅」から徒歩約5分の親しみやすい街並み。東京スカイツリーが間近に見え、「京成曳舟駅」からは徒歩約12分、「亀戸駅」「錦糸町駅」からはバス便も出ているため、アクセスに便利です。玄関で迎えてくれたのは、看護師の千國(ちくに)さん。「私は長野県出身ですが、墨田区の温かい地域性が大好きになり、学生の頃から住んでいます。今日は、地域と固い絆で結ばれた当院の魅力を、たっぷりとご紹介しますね」。

創意工夫を伺う独自の取り組み

墨田中央訪問看護ステーション

病院の目の前には関連施設の「墨田中央訪問看護ステーション」があり、これから往診に行く小嶋院長を発見しました!「私たちが目指しているのは、病院完結型ではなく、地域完結型の医療サービス。退院後も住み慣れた地域で安心して暮らしていただけるよう、多くの医師が往診を行い、関連施設の訪問看護ステーションと連携を取りながら、在宅での療養生活を見守っています」と、院長。院長は往診だけでなく、外来も、手術も、病棟も担当しているそうです。

外来待合

外来の受付へ行くと、20年以上病院の成長を見守る総務課長さんに遭遇!たくさんの患者様で賑わっていますね。「おかげさまで、外来には毎日200名以上の来院があります。ほとんどの患者様はリピーターで、当院をかかりつけ院として長くご愛顧いただいているご近所の皆さん。私たちは、地域全体を病棟と捉えていますから、入院・退院関係なく、近隣の皆さんの健康を末長く見守っていくつもりです」と、総務課長さん。

外来診療室

つづいて外来の診療室へ伺い、井尻副院長(写真中央)と墨田中央クリニックの小嶋副所長(写真左)を紹介していただきました。「こちらの2人は、職員で結成しているバンドの主力メンバーです!毎年恒例の忘年会では、プロ並みのカッコイイ生演奏を披露して、会場を盛り上げてくれるんですよ」と、千國さん。副院長はドラムで、副所長はギターを担当しているそうです。

裏付けされた”自信”を聞く職場自慢

放射線科

放射線科を覗くと、放射線技師さん達が迎えてくれました。「当院では、CTやMRIなどの先端医療設備を導入し、高度な検査体制を整えています。地域医療に貢献するため、近隣の開業医の先生方にも、当院の設備を気軽に利用していただけるよう呼びかけているんですよ」と、技師さん。コンピューターに強い技師さん達は、地域のドクターからも頼られる存在なんですよ。

内視鏡室

お次は内視鏡室で、ママさん看護師さんを紹介していただきました。仕事と家庭の両立はうまく行っていますか?「はい。内視鏡室は日勤のみで、残業はほとんど発生しないので、子どもと過ごす時間を大切にできています。私は内視鏡技師の資格を持っているので、専門性も活かせていますし、院外研修で更なるスキルアップも図れていますよ!」と、ママさん。子育て支援として、お子さんが6歳までは保育園補助が支給されるそうです。

ナースステーション

病棟のナースステーションを覗くと、ベテランの看護師さんが新人指導を行っていました。「入職後は、新卒者へはもちろん、中途入職者にもレベルに合わせたOJTを行っています。病棟は、外科系と内科系の2つがあり、急性期〜慢性期の幅広い疾患に対応しているので、学べる領域も広いです。また、退院支援はもちろん、退院後指導にも力を入れて、病棟看護師が往診に同行することもあるんですよ」と、千國さん。

裏付けされた”自信”を聞く職場自慢

ナースステーション

ナースステーションに、看護師の皆さんが集まってくれました。ぜひ、看護部の自慢できるところを教えてください。「いつも愛情いっぱいで接してくれる園田総看護師長の人柄です。職員一人ひとりに目を向け、良い部分や得意なことを伸ばす教育を大切にしてくれています。足りない部分は、仲間と補え合えばいいという考えなので、看護部のチームワークは抜群!温かい職場なので、新人さんも溶け込みやすいと思います」と、皆さん。

病室

お次ぎは病室へ。「2次救急病院として、24時間体制の受け入れを行っているため、退院後も病状の急変時には当院で迅速に受け入れ、適切な救急治療を提供しています。再入院の患者様に関しては、疾病の経過や生活背景まで細かく把握しているので、個別的なケアが実現していて、ご家族にも安心してもらっています」と、看護師さん。

ナースステーション

ナースステーションでは、多職種カンファレンスが始まりました。活発に意見交換をしていますね。「はい。職種や部署の垣根が低く、誰とでも気兼ねなくコミュニケーションが図れる職場です。最近は、他部署で学ぶ『病棟間研修』もスタートしたので、今後は更に部門を超えた協力体制が強化されていくと思います」と、皆さん。病棟間研修でお互いを知り、他部署の人員不足の際には、応援に行きやすい体制を整えていく方針だそうです。

デイケア すみ花

つづいて、隣接する「墨田中央クリニック」内にある「デイケア すみ花」へやってきました。「利用者様は、ほとんどが当院を退院された地域のお年寄り。退院後も、自分らしい生活をイキイキと楽しんでもらえるよう、趣味活動やレクリエーションを行っています。看護師にとって、退院された患者様のその後は気になる部分なので、ここへ来て元気な姿を見られると安心します」と、千國さん。

特徴は”名”を聞く名物・名所・名スタッフ

墨田中央クリニック屋上

最後は、墨田中央クリニックの屋上から見える東京スカイツリーの写真を見せていただきました。夕焼けの空が幻想的で、ベストショットですね!「昼間の東京スカイツリーもキレイですが、夕方はまた違った趣があるし、夜のライトアップも素敵ですよ。周りに高い建物がないので、屋上からは地域の花火大会もよ〜く見えます」と、千國さん。わぁ、いいな〜。今日はありがとうございました。

介護21スタッフが聞く「で、実際のところは?」見学後記

帰り道

――おつかれさまでした。地域医療に熱い病院、いかがでしたか?
予想通り、地域からの評判が良い病院には、魅力的な医療スタッフがたくさん活躍していました!院長をはじめ、各部署に名スタッフがいて、地域医療の充実のために、全職種が一丸となっている職場です。職員間の温かい人間関係も伝わりました。
――働きやすさはどうでしたか?
日勤のみで働ける部署や、保育園補助があることから、子育て中のママさんも多く、長く安心して働ける環境が整っています。とにかく職員の皆さんが温かく、医師や他職種と気軽に話ができる関係なので、人間関係のストレスを感じなそうな職場でしたね。
――では、ここはちょっと、というところは?
24時間体制で救急医療に取り組んでいることから、緊急入院が入ると、病棟で残業が発生してしまうそうです。でも、2017年冬から病棟間研修をスタートし、臨機応変に人手不足の部署へ応援に行きやすい体制を整え、現場の負担を軽減していく方針なんだそうです。
――最後に、ここだけの話をひとつお願いします。
「地域全体を病棟と捉えて対応する」という、究極の地域密着型医療を展開していたことが印象的でした。近隣の集合団地には、高齢の独居世帯が多いことから、地域の高齢者見守り隊と連携を取り合い、何かあれば迅速に受け入れる体制を整えているそうです。

地域密着型の医療サービスに興味がある方

人間関係の温かい職場で長く働きたい方

募集職種を見る