1. HOME  > 
  2. 埼玉県  > 
  3. 川越市  > 
  4. 医療法人 瑞穂会 川越リハビリテーション病院  > 
  5. webで病院見学
おうちでゆっくり見学できます。webで病院見学
職場の舞台裏、もっと知りたい…。実際の様子やスタッフを見たい…。そんなあなたに代わって、見学に行ってきました!写真と文章でお届けします。ゆっくりご覧ください。

医療法人 瑞穂会

川越リハビリテーション病院

( リハビリテーション病院 )

編集部が取材しました

見学の下調べ

患者様の在宅復帰を目指すリハビリ病院では、医療的な知識・技術だけではなく、「退院後の暮らし」を想定した関わりも求められます。全床が回復期リハビリテーション病棟の「川越リハビリテーション病院」では、スタッフの趣味や家事のスキルを活かして、高い在宅復帰率を維持しているとのこと。働きやすさが整った職場なので、子育て中のママさんもたくさん活躍しているそうです。さっそく見学に行って、その実態をチェックしてきます!

形 態
リハビリテーション病院
所在地
埼玉県川越市/川越駅
病床数
151床(回復期リハビリテーション病棟)
百聞は一見にしかず見学開始!!

玄関

JR「川越駅」周辺は、デパート、スーパー、文化施設に加えて、保育園や学校などの子育て環境も充実したエリア。駅の西口から「川越リハビリテーション病院」の無料送迎バスが運行しているので、10分ほどで到着しました。玄関で迎えてくれたのは、2人のお子さんを持つ看護師の橋本さん。「駅から少し離れているので、マイカー通勤もOKなんです。近くの瑞穂会の病院『城南中央病院』内には、法人合同の保育室があり、お子さんと一緒に車通勤をしているママさんも多いんですよ」。

玄関の花壇

玄関前で、花壇のお手入れをしている稲川看護部長を発見!「こちらの花壇は、園芸が趣味の看護部長が中心となって管理しています。最近、部長がお花を全て植え替えて、イメージチェンジをしてくれたばかりで、患者様やご家族から大好評なんです」と、橋本さん。看護部長自ら、自分の特技を患者様のために活かすことを示してくれているんですね。

病棟

お次は、橋本さんが働く病棟で、ママさん仲間を紹介していただきました。「4週9休と休みが多く、残業が少ない職場なので、仕事と子育ての両立もバッチリ!当院では、看護師も積極的に生活リハビリに携わっていて、主婦の目線から見た家事動作の提案や、身近な物を取り入れた自宅介護の提案なども行っているんです」と、橋本さん。例えば、どんな取り組みをしているのでしょう?

裏付けされた”自信”を聞く職場自慢

病棟

「こんなふうに、コーヒー粉とトロミ剤を混ぜると食器の汚れが再現できるので、食器をキレイに洗えるようになる訓練にぴったり。入院患者様は脳梗塞の後遺症で片麻痺の方が多いのですが、退院後に家庭の中で役割が持てるように、家事動作訓練には特に力を注いでいます」と、橋本さん。ママさんナース達のアイディアで、100円ショップで材料を揃え、手作りのリハビリグッズの作成にも取り組んでいるそうです

特徴は”名”を聞く名物・名所・名スタッフ

共同スペース

病棟内の共同スペースで、新人さんが先輩の指導を受けていました。「回復期看護が未経験の方でも活躍できるよう、入職後は教育担当の先輩を付け、マンツーマンのOJTを行っています。育児経験を持つ看護師が多いので、新人さんを励ましながら、成長を温かく見守る指導力には自信があります!長いブランクがある方の復職も、しっかりサポートしているので安心してくださいね」と、橋本さん。

特徴は”名”を聞く名物・名所・名スタッフ

院長室

つづいて院長室に伺い、スタッフの皆さんに大人気の清水院長を紹介していただきました。「清水院長のアイディアで、近隣の瑞穂会の施設の喫茶スペースを借りて、毎月スタッフの誕生日会を開催しているんです。各部署から同じ誕生月のスタッフを集めて、ケーキでお祝いしながら、院長とおしゃべりをして交流を深めているんですよ」と、橋本さん。スタッフ想いの素敵な院長ですね!

創意工夫を伺う独自の取り組み

暑気払いの写真

「職員同士の『家族的なつながり』を大切にしている当院では、毎年恒例で『暑気払い』を開催しています」と、写真を見せてくれました。院内で開催しているんですか?「はい。リハビリ室を活用して、たこ焼きを作ったり、スイカ割りをしたり、お祭り気分を味わいながら親睦を深めています。子どもを連れて参加してもOKなので、家族ぐるみの交流が持てて楽しいです」と、橋本さん。皆さん盛り上がっていますね!

廊下

院内を歩いていると、栄養課の課長さんにバッタリ遭遇。栄養課では、月に一度の「お楽しみメニュー」として、季節にちなんだ食事を提供しているそうです。「課長は、車イスのパンクを直したり、クリスマスイルミネーションを作ったり、みんなのために尽くしてくれる多才な人なんです。看護部長が大切にしている花壇のお手入れも、よく手伝っているんですよ」と、橋本さん。何でもやってしまうのですね(笑)。

リハビリテーション室

お次は、最上階のリハビリテーション室へ。「当院には、基準人員数を超える60名近いリハビリスタッフが在籍しているので、とても広いスペースが確保されています。こちらは、PTがメインで活躍する理学療法フロアで、ほかにも言語聴覚室や作業療法室もあるんです」。多くのリハビリスタッフの活躍で、現在の在宅復帰率は約88%という高い割合なんだとか(2018年10月)。

合同学会の写真

つづいて、瑞穂会の合同学会の写真を見せていただきました。「瑞穂会では、病院の他にさまざまな介護施設を運営していて、毎年全体で忘年会を開いているほか、研修なども一緒に行う機会があります。公費扱いとなる外部研修の伝達講習には、他の施設の職員も自由に参加できるんですよ」と、橋本さん。合同行事は、グループウェアの掲示板を通して知ることができるそうです。

病棟

最後は、多職種の皆さんが笑顔で見送ってくれました。「私たちの目標は、患者様の在宅復帰。いつもこんなふうに、元気になった患者様を笑顔でお見送りしています。瑞穂会では、退院後のサポートとして、訪問看護や通所などの在宅医療も展開しているので、患者様とずっとつながっていられる気がして嬉しいです」と、皆さん。今日はありがとうございました。

介護21スタッフが聞く「で、実際のところは?」見学後記

帰り道

――お疲れさまでした。高い在宅復帰率を維持するリハビリ病院、いかがでしたか?
ママさん看護師が多く活躍していて、主婦の目線から、患者様が安心して在宅生活が送れるような訓練に取り組んでいました。疾患や障害を抱える患者様と暮らすご家族にも配慮し、本人の自立支援にとどまらず、家族のためにできる家事動作の獲得にも力を注いでいたことが素晴らしいと思いました。
――回復期看護が未経験でも働くことはできるでしょうか?
はい。入職後のOJT体制も整っていましたし、回復期看護やリハビリに関する院内研修も定期的に開催されるそうです。院外研修は、必要な内容であれば日勤扱いになり、費用も病院に負担してもらえるので、積極的に参加している方が多いそうですよ。
――では、ここはちょっと、という点は?
看護部長さんとしては、認定看護師などの資格をもつスタッフを増やして、リハビリ病院としての専門性を高めていきたいそうです。リハビリ看護の分野でキャリアアップを目指したい方は、すごく歓迎してもらえると思います。
――最後に、ここだけの話をひとつお願いします
ママさん看護師が多く活躍しているので、子育ての相談をし合ったり、おさがりの洋服をあげ合ったり、ベビーカーやベビーベッドなども、先輩ママから後輩ママへと受け継いでいるんだとか。毎年恒例の「暑気払い」では、同僚の子ども達の成長を見るのが楽しみなんだそうですよ。

家庭での経験を活かして、在宅復帰支援に取り組みたい方

職員間の家族的なつながりを大切にする温かい職場で働きたい方

募集職種を見る