医療法人社団 明芳会
江田記念病院 Webで病院見学

おうちでゆっくりご覧いただける、病院見学の体感コンテンツです。

supported by 医療21
  1. HOME  > 
  2. 神奈川県  > 
  3. 横浜市青葉区  > 
  4. 医療法人社団 明芳会 江田記念病院  > 
  5. webで病院見学
おうちでゆっくり見学できます。webで病院見学
おうちでゆっくり見学できます。webで病院見学

医療法人社団 明芳会

江田記念病院

( 一般病院 )

編集部が取材しました

見学の下調べ

江田記念病院の見学の下調べ

活躍の場が広く、自分が挑戦してみたい看護領域に携われる職場は魅力的ですよね。IMS(イムス)グループの「江田記念病院」は、幅広い看護経験を積めるケアミックス型病院で、スタッフ一人ひとりが興味をとことん深めていけるような教育サポートを行っているとのこと。子育て支援が充実していて、ママさん看護師もスキルアップに励んでいるそうなので、さっそく見学に行って働く魅力を見つけてきます!

形 態
一般病院
所在地
神奈川県横浜市青葉区/江田駅
病床数
229床(認知症60床、精神科急性期52床、特殊疾患60床、回復期リハ57床)
※マスクなしの写真は撮影時のみマスクをはずしています。もしくは以前の写真です。

百聞は一見にしかず見学開始!!

江田記念病院の玄関

玄関

「江田記念病院」へのアクセスは、田園都市線「江田駅」から徒歩約3分。駅のホームからは病院外観がよく見え、とても便利な立地です。玄関では、入職7年目の看護師さんが迎えてくれました。「私は新卒で入職後、結婚・出産を経て、現在は1歳の子どもを院内保育室に預けながら働いています。子育てとの両立は大変なこともありますが、看護部にはキャリアも大切にしている先輩ママが多く、私も頑張ろう!という気持ちになるんです」。

玄関の次
江田記念病院の玄関ロビー

玄関ロビー

ロビーでは、多職種の皆さんが迎えてくれました。今風でスタイリッシュな空間ですね。「ホテルなどを設計する方にデザインを依頼し、都市型病院らしいハード面を整えています。当院の入院設備は、認知症治療病棟・精神科急性期治療病棟・特殊疾患病棟・回復期リハビリテーション病棟と全国でも珍しい編成で、身体と心の両方へのアプローチが求められているため、敷居が低く気軽に受診できる環境づくりに努めているんです」と、皆さん。

玄関ロビーの次
江田記念病院の看護部長室

看護部長室

つづいて、櫻井看護部長にお会いしました。子育て支援を充実させているそうですね。「ええ、休みの希望はできる限りシフトに反映し、有休消化も促進しているため、産休・育休後も復帰するスタッフがほとんどです。小さなお子さんを持つ方のために、時短勤務・日勤常勤・パート勤務などの選択肢も用意していますし、お子さんの急な体調不良や行事による勤務変更にも理解を示しています」と、シフト表を見せてくれました。

看護部長室の次

特徴は”名”を聞く名物・名所・名スタッフ

江田記念病院の院内保育室

院内保育室

お次は、働くママ・パパに大人気の院内保育室を案内していただきました。「保育料がリーズナブルな上に、英語レッスンや季節行事などの保育サービスも充実していて、多職種(パート職員含む)が利用しています。『子育て中も夜勤にも入りたい』というスタッフを応援するために、夜勤時は保育料も食事代も無料にしていて、各部署の上司が夜勤の回数・曜日の相談などにも柔軟に対応しているんですよ」。

院内保育室の次
江田記念病院の認知症治療病棟

認知症治療病棟

3Fの認知症治療病棟では、新人指導が行われていました。「入職後は新卒者にも中途入職者にもプリセプター制度を導入し、こんなふうにマンツーマンの丁寧なOJTを行っています。スキルアップ支援として、幅広いテーマの院内研修やラダー別研修を定期開催しているほか、IMSグループの合同研修や外部研修への参加も促しているんですよ」。認知症治療病棟には、認定看護師を目指して研修に参加している方もいるそうです。

認知症治療病棟の次
江田記念病院の精神科急性期治療病棟

精神科急性期治療病棟

4Fの精神科急性期病棟のデイルームには、患者様とスタッフの皆さんが談笑する姿が見受けられました。「当院は横浜市青葉区で唯一精神科病棟を持つ病院で、統合失調症・うつ病・適応障害など、さまざまな心の病を抱える方に対応しています。看護師は患者様の悩みや不安に寄り添い、それを理解して支える『支持的関係形成』を目指して、十分な関わりを持つように心がけているんですよ」。

精神科急性期治療病棟の次

特徴は”名”を聞く名物・名所・名スタッフ

江田記念病院の特殊疾患病棟のイベントの様子

特殊疾患病棟のイベントの様子

5Fの特殊疾患病棟では、長い入院生活を送る患者様のために、全職種が一丸となって季節にちなんだイベントやレクリエーションを開催しているそうです。「外出が難しく、お子さんの結婚式に参列できない患者様のために、結婚式後に花嫁・花婿さんを招いて、病棟で結婚式を挙げたこともあるんですよ」と、看護師さん。とっても素敵な取り組みですね。

特殊疾患病棟のイベントの様子の次
江田記念病院の特殊疾患病棟の機械浴槽

特殊疾患病棟の機械浴槽

つづいて、浴室で、最新の機械浴槽を見せていただきました。「特殊疾患病棟の患者様は、神経難病や脳梗塞の後遺症などで寝たきりの方が中心なので、最新の機械浴槽を導入して介護負担の軽減に努めています。現場には、日常生活支援を担う介護福祉士や看護助手もたくさん活躍しており、看護師と協働で清潔ケアに力を注いでいるんです」。

特殊疾患病棟の機械浴槽の次

創意工夫を伺う独自の取り組み

江田記念病院の回復期リハビリテーション病棟

回復期リハビリテーション病棟

6Fの回復期リハビリテーション病棟は、急性期治療後の受け皿を担うために2019年に開設し、近隣の病院からの転院を多く受け入れているそうです。「入院生活自体をリハビリと捉えていただけるよう、看護師も積極的に生活リハビリに介入しています。着替えやトイレなど、日常生活動作を自力でできるようになるにはどんな支援が効果的か、リハビリスタッフからアドバイスをもらうことも多いです」と、看護師さん。

回復期リハビリテーション病棟の次
江田記念病院のリハビリテーション室

リハビリテーション室

つづいて、明るく開放的なリハビリテーション室へ。「リハビリテーション科には、PT・OT・ST合わせて60名以上が在籍し、回復期~生活期における身体障害への機能訓練と、さまざまな精神疾患へのOTプログラムを実施しています。医師や看護師と連携し、難病や認知症を抱える患者様にも個別的なリハビリを提供していて、退院後もリハビリを継続していただくため、通所リハビリ・訪問リハビリ・精神科デイケアに対応しているんですよ」。

リハビリテーション室の次
江田記念病院の精神科デイケア えだまめ

精神科デイケア えだまめ

最後は、併設する精神科デイケア「えだまめ」を案内していただきました。「こちらでは、社会復帰や就労復帰に役立つ多彩なプログラムを用意し、多職種チームで『その方らしい地域での暮らし』を応援しています。少し離れた場所には、精神科に対応する訪問看護ステーションもあり、在宅医療に興味がわいた方は併設施設への異動も可能です」。本当に幅広い活躍の場があるんですね。今日はありがとうございました。

精神科デイケア えだまめの次
※マスクなしの写真は撮影時のみマスクをはずしています。もしくは以前の写真です。

医療21スタッフが聞く「で、実際のところは?」見学後記

帰り道

お疲れさまでした。幅広い看護経験を積めるケアミックス型病院、いかがでしたか?

――お疲れさまでした。幅広い看護経験を積めるケアミックス型病院、いかがでしたか?

うわさ通り活躍の場が広く、IMSグループの教育プログラムを活用しながら新人教育・継続教育ともに充実させていました。定期的に開催される院内研修やラダー別研修に加えて、IMSグループの合同研修や外部研修にも積極的に参加することができ、認定看護師などを目指す方への資格取得支援制度も整っていましたよ。

――配属先の希望は通りますか?

はい。面接時に希望を聞き、できる限り考慮しているとのこと。看護部には、「精神科に挑戦したい」「回復期を学びたい」「認知症ケアを深めたい」など、目的を持って入職される方が多いそうで、現場の皆さんからは「興味のある看護に携われているから毎日が充実している」という声を聞くことができました。

――では、ここはちょっと、というところは?

「一般科急性期の看護に携わりたい」という方には向いていない職場かもしれません。どの部署もゆったりとした雰囲気があり、看護師も積極的に生活支援に介入しながら、一人ひとりの患者様とじっくり向き合っていました。

――最後に、ここだけの話をひとつお願いします。

患者様向けの行事だけでなく、職員対象の運動会や忘年会などのイベントも充実しているため、部署を超えた職員交流が盛んでした。また、新人さんが同期とのつながりを深めていけるように、座談会形式で仕事の悩みを語り合う「ホッとカフェ」というメンタルサポートを取り入れていることも印象的でした。

駅チカの都市型病院でスキルアップに励みたい方

結婚・出産後も興味のある看護領域を深めていきたい方

募集職種を見る