一般財団法人 生活保健協会
湯河原中央温泉病院 Webで病院見学

おうちでゆっくりご覧いただける、病院見学の体感コンテンツです。

supported by 医療21
  1. HOME  > 
  2. 神奈川県  > 
  3. 足柄下郡  > 
  4. 一般財団法人 生活保健協会 湯河原中央温泉病院  > 
  5. webで病院見学
おうちでゆっくり見学できます。webで病院見学
おうちでゆっくり見学できます。webで病院見学

一般財団法人 生活保健協会

湯河原中央温泉病院

( 療養型病院 )

編集部が取材しました

見学の下調べ

湯河原中央温泉病院の見学の下調べ

療養型病院での看護は、患者様に時間をかけて寄り添える充実感を得やすいですよね。全国でも有名な温泉地・湯河原にある「湯河原中央温泉病院」では、患者様一人ひとりとじっくり向き合った看護を提供できるよう、心にゆとりが持てる職場づくりを進めているのだとか。さまざまな働きやすさを用意し、多様な人材の活躍を推進しているらしいので、さっそく見学に行ってきます。

形 態
療養型病院
所在地
神奈川県足柄下郡/湯河原駅
病床数
223床
※マスクなしの写真は撮影時のみはずしています。
湯河原中央温泉病院の玄関

玄関

「湯河原中央温泉病院」へのアクセスは、温泉の街らしい駅舎が特徴の「湯河原駅」から徒歩15分。駅前からバスも運行されていて、病院の目の前には「新崎」バス停があります。玄関では、入職5年目の看護師さんが迎えてくれました。「ようこそ!当院の外観は、湯河原町特産のミカンと同じオレンジ色です。歴史ある病院ですが、老朽化したハード面は随時リニューアル工事を行っていて、外観・内観ともに明るい雰囲気なんです」。

玄関の次
湯河原中央温泉病院の受付前

受付前

玄関を入った受付前で、病院のパンフレットを紹介してくれました。「当院は、A棟・B棟・C棟の3つの建物で構成されていて、A棟には介護医療院を併設し、病棟のあるB棟と渡り廊下でつながっています。車で5分の場所には関連施設の老健『ニューライフ湯河原』があり、法人全体で高齢化が進む地域を支えていく体制を実現し、開設当初から無料低額診療事業及び無料低額介護老人保健施設利用事業にも取り組んでいることも特徴です」。

受付前の次
湯河原中央温泉病院の玄関

玄関

お次は、力石看護部長にお会いしました。看護部にはどんなスタッフが活躍していますか?「年齢・キャリアはさまざまですが、育児経験者が多いです。独身時代は忙しい急性期病院に勤務していて、結婚や出産を機に働き方を見直すため、当院のようなワークライフバランスを大切にできる療養型病院を選んだ方がたくさんいます。私は入職34年目を迎えますが、入職当初は小さな子どもがいて、パート職員からスタートしたんですよ」とのこと。

玄関の次

裏付けされた”自信”を聞く職場自慢

湯河原中央温泉病院の保育室

保育室

「こちらは、関連施設の老健の敷地内にある保育室です」と、看護部長が写真を見せてくれました。「保育料は月7000円とリーズナブルですし、保育士さんが毎日病院~保育室間を車で送迎してくれるので、送り迎えの負担がない点も好評です。お子さんが小さいうちは日勤常勤・時短勤務・パート勤務の選択も可能で、お子さんの急な体調不良や行事によるお休みにも理解を示しているので安心してくださいね」と、看護部長。

保育室の次
湯河原中央温泉病院の浴室

浴室

つづいて、温泉を利用しているという浴室を案内していただきました。敷地内に源泉があるそうですね。「そうなんです。湯河原は全国でも有名な温泉地ですから、良質な温泉を患者様の入浴に利用できています。当院の入院患者様は要介護度の高い方が多いため、お身体の状態に合わせて安心・安全な入浴を提供できるよう、一般浴・リフト浴・機械浴など、数種類の浴槽を備えています」。

浴室の次
湯河原中央温泉病院の病室

病室

病室を覗くと、新人指導が行われていました。「看護部では部署全体で新人さんを育てていく方針を掲げていて、入職後は相談役となる先輩が付きますが、技術指導はチェックリストを活用し、いろいろなスタッフが携わるようにしています。新卒者だけでなく、中途入職者にも業務に慣れるまで指導期間を設け、経験が浅い方やブランクのある方には特にきめ細かい指導を心がけています」。それは安心です。

病室の次
湯河原中央温泉病院の病棟

病棟

つづいて、介護スタッフさんを紹介していただきました。「ほとんどの患者様は日常生活支援が必要なため、各病棟には看護師とほぼ同数の介護スタッフを配置し、看護師と協働しています。介護スタッフは無資格・未経験OKで、働きながら介護福祉士や看護師の資格を取得したい方も大歓迎。近年では、ミャンマーやベトナムから特定技能の外国人介護スタッフも受け入れていて、多様な人材が活躍中です」。

病棟の次

創意工夫を伺う独自の取り組み

湯河原中央温泉病院の会議室

会議室

会議室では、部署間の情報共有や委員会の活動報告を行う「師長会」が行われていました。「看護部では、定期的に管理職が集まる機会を設け、より良い病院づくり・職場づくりに向けた意見交換を行っています。2024年度は教育体制を更に強化したいと考えていて、定期的な院内研修に加えて、個々が興味のある外部研修にも積極的な参加を促しているんです」。業務貢献につながる外部研修であれば、病院が費用を負担しているとのこと。

会議室の次

特徴は”名”を聞く名物・名所・名スタッフ

湯河原中央温泉病院の4階ホール

4階ホール

4階ホールの窓からは、周辺の街並みや相模湾を一望できます。魅力的な立地環境ですね。「ええ、すぐ近くの吉浜海岸は人気のサーフスポットで、サーフィンが趣味の方には絶好の立地だと思います。私は当院の奨学金制度を利用するために青森から引っ越してきたのですが、湯河原市は温暖な気候で、地域の人々もあたたかく、暮らしやすくて気に入っています」。遠方でご自宅から通えない看護学生も職員寮が利用できるそうです(条件あり)。

4階ホールの次
湯河原中央温泉病院の介護医療院

介護医療院

お次は、併設の介護医療院を案内していただきました。「当院を退院して介護医療院に入所される方や、介護医療院から当院に入院される方も多いため、介護医療院のスタッフとは日常的に連携を取り、同じチームの仲間として協力し合っています。より在宅に近い環境で『生活を支える看護』に携わりたい方は、介護医療院に異動を希望することもできるんですよ」と、看護師さん。

介護医療院の次
湯河原中央温泉病院の病棟

病棟

最後は、子育て中の師長のお2人にお会いしました。仕事と子育ての両立は順調ですか?「はい。残業がほとんどなく、休みの希望も通りやすいので、子どもとの時間も大切にできています。看護部には、ママさんだけでなくパパさんも多く活躍していて、育休を取得したり、保育室を利用したり、子の看護休暇を取得したり、職場の子育て支援を積極的に利用しているんですよ」と、お2人。それは素晴らしい!今日はありがとうございました。

病棟の次
※マスクなしの写真は撮影時のみはずしています。

医療21スタッフが聞く「で、実際のところは?」見学後記

帰り道

おつかれさまでした。心にゆとりが持てる職場環境を整えている療養型病院、いかがでしたか?

――おつかれさまでした。心にゆとりが持てる職場環境を整えている療養型病院、いかがでしたか?

急性期の治療を終え、比較的容態の落ち着いた患者様が中心なので、業務に追われるような慌ただしさがなく、患者様一人ひとりとしっかり向き合える環境がありました。また、看護師とほぼ同数の介護職を配置し、看護師の負担軽減に努めている点も、ゆとりが持てる職場づくりにつながっているようです。

――看護部にはどんなスタッフが活躍していますか?

新卒看護師から定年退職前後のプラチナナースまで、幅広い年齢・キャリアのスタッフが活躍しています。保育室などの子育て支援が充実しているため、ママさん・パパさんも多く勤務していて、日勤常勤・時短勤務・パート勤務など、家庭に合わせた働き方を選んでいる方も複数いました。

――では、ここはちょっと、というところは?

全床が療養病床で、慢性期医療に特化しているため、急性期の看護を学びたい方には合わない職場だと思います。看護部長としても、慢性期の看護に興味があり深めていきたい方を歓迎しているそうです。

――最後に、ここだけの話をひとつお願いします。

遠方からも安心して入職できるように、病院から徒歩5分の場所に職員寮が完備されています。周辺には、スーパー・ドラッグストア・ホームセンター・家電量販店などの商業施設が充実していて、生活にとても便利だそうですよ。

患者様とじっくり向き合える療養型病院で、家庭を大事にしながら働きたい方

きれいな海を一望できる職場で、慢性期看護や高齢者看護を深めていきたい方

募集職種を見る