1. HOME  > 
  2. 埼玉県  > 
  3. 久喜市  > 
  4. 医療法人 大壮会 久喜すずのき病院  > 
  5. webで病院見学
おうちでゆっくり見学できます。webで病院見学

医療法人 大壮会

久喜すずのき病院

( 精神科病院 )

編集部が取材しました

見学の下調べ

「精神科病院」と聞くと、閉鎖的で入院期間が長いイメージがありますが、「久喜すずのき病院」では、明るく開放的な空間を整え、早期退院を実現しているんだとか。さまざまな厳しい基準をクリアした「スーパー救急病棟」を5つ持ち、多職種のプロ集団が一丸となって、独自のサービスを追求しているそうです。さっそく見学に行って、時代をリードする精神科病院の実態に迫ります!

■形 態 :
精神科病院
■所在地 :
埼玉県久喜市/久喜駅
■病床数 :
442床
百聞は一見にしかず見学開始!!

玄関

JRと東武伊勢崎線が通る「久喜駅」は、上野や新宿、渋谷へも直通アクセスできる便利な駅。駅前には飲食店が建ち並び、少し歩くと昔ながらの商店街が賑わっています。駅の西口から病院の無料送迎バスに乗ると、5分ほどで「久喜すずのき病院」に到着しました。玄関で迎えてくれたのは、ゼネラルマネージャーの石川さん。看護部では、役職者の呼称をマネージャー、チーフ、サブチーフとしているそうです。

特徴は”名”を聞く名物・名所・名スタッフ

スーパー救急病棟

まずは、病院自慢の「スーパー救急病棟」へ。スーパー救急病棟って、どんな特徴があるんですか?「1番の特徴は、重症な救急患者様を24時間体制で受け入れ、短期間で退院に導く関わりをしていることです。入院患者様の6割以上が3ヶ月以内に在宅へ移行しなければ、認可は降りないんですよ」と、石川さん。医師や看護師の配置も手厚く、病床の半分以上が個室なんだとか。

スーパー救急病棟

ナースステーションでは、多職種カンファレンスが行われていました。「当院では、独自のクリティカルパス(入院診療計画)を作成し、多職種チームで患者様の回復状況を見守りながら、必要な介入を見極めているんです」と、石川さん。2017年度からは疾患別のクリティカルパスを導入し、各専門職が患者様への「退院指導勉強会」を開いて、よりスムーズな退院を実現しているそうです。

裏付けされた”自信”を聞く職場自慢

ナースステーション

現場では、どんな教育を行っているんですか?「中途入職の新人さんにもプリセプターを付け、独自のチェックリストをもとにOJTを行っています。精神科が未経験の方でも安心して働けるよう、基礎的な部分から丁寧な指導を心がけ、教育委員会によるラダー別研修や、医師や認定看護師による講義も充実しています」と、石川さん。中途入職の方の大半は、精神科未経験で入職しているそうです。

会議室

つづいて会議室を覗くと、入浴サービス向上に向けた話し合いが行われていました。「当院では患者様の声から入浴環境を見直し、多職種による『お風呂プロジェクトチーム』を結成して、安心・安全な入浴の提供を目指しています。快適な入浴は、患者様の心の安定にもつながるので、2012年から継続しているんですよ」と、石川さん。水分チェッカーとローションを用いて、入浴後の保湿ケアまで取り組んでいるそうです。

病棟

病棟を歩いていると、子育て中の看護師さんにお会いしました。子育てをしているメンバーは多いですか?「はい。職員用の保育室が近くにあるので、ママさんがたくさん活躍しています。当院は就業開始が9時なので、忙しい朝に余裕が持てて、働くママとしてはとっても助かっていますよ」と、子育て中の看護師さん。朝はゆっくりできる上、残業もほとんど発生しないそうです。

ナースステーション

こちらのお2人は、CVPPP(包括的暴力防止プログラム)トレーナーコースに参加し、CVPPP委員会の委員長、副委員長を務められているそうです。「当委員会では、すべての職員が現場での暴力行為に対して、専門知識に基づいた対処ができるよう働きかけています。行動制限最小化看護専攻の認定看護師とも連携しながら、患者様にとっても職員にとっても安心・安全な環境づくりに取り組んでいるんです」と、お2人。

中庭

緑に囲まれた中庭に、精神科認定看護師さん達が集まってくれました。「当院の資格取得支援は充実していて、研修参加のシフト調整、奨学金制度、取得後の活躍の場の提供など、さまざまなバックアップが受けられます。現在5名の精神科認定看護師が在籍しており、活動日を決めて院内ラウンドや勉強会を行ったり、院外での講演活動にも取り組んでいます」と、皆さん。

中庭

こちらは、看護部のチーフ&サブチーフの皆さん。看護部は、どのような体制になっているんですか?「院内全体を統括するゼネラルマネージャーと、地域部門を統括するマネージャーがいて、各病棟のチーフとサブチーフが現場管理を担っています。定期的に役職者同士が集まる機会も設け、ヨコのつながりも大切にしているんですよ」と、皆さん。

創意工夫を伺う独自の取り組み

デイケア それいゆ

お次は、病院の隣にあるデイケア「それいゆ」へやってきました。地域部門を統括するマネージャーは、デイケア、地域連携室、グループホームを管轄していて、病棟と地域をつなぐパイプ役として活動しているのだそうです。「病棟看護師は、在宅医療サービスについて詳しく知らない方が多いので、マネージャーに地域の情報を発信してもらい、スムーズな退院を実現できるよう取り組んでいます」と、石川さん。

訪問看護ステーション

つづいて、併設された訪問看護ステーションへ。退院後は、訪問看護を利用する患者様が多いため、こちらの事業所では1ヵ月に約500件ものお宅を訪問しているんだとか。「訪問看護のニーズは増えているので、こちらでも新規スタッフを大募集しています。最初は病棟勤務でも、在宅支援に興味が出たら、訪問看護事業所への異動希望を出すのもアリですよ」と、石川さん。関連施設のデイケア・クリニックへ異動したい際も、相談に乗ってもらえるそうです。

会議室

院内へ戻って、事務長を勤める大森さんにご挨拶。今後の病院のビジョンについて教えてください。「当院の最終的なビジョンは、日本一の精神科病院になることです。2017年に5つ目のスーパー救急病棟が誕生したことで、目標達成にまた1歩近づきました。日本一の精神科病院を目指していくには、優秀な職員の確保・育成が欠かせないので、採用活動をますます強化していきたいと考えています」と、大森さん。

事務室

最後に事務室へ行ってみると、採用担当の芦川さんが病院の求人サイトを編集中。「当院オリジナルの求人サイト『ナースフレンド』は、全て芦川さんが手掛けてくれたんですよ。スゴイでしょ〜?」と、石川さん。情報量満載の求人サイトですね。みなさん見学前には要チェックですよ!今日はありがとうございました。

介護21スタッフが聞く「で、実際のところは?」見学後記

帰り道

――お疲れさまでした。精神科専門病院はいかがでしたか?
想像していた精神科病院とは全く違う雰囲気で驚きました。院内は明るくオープンな雰囲気で、病院らしくない開放感を大切にしているそうです。中庭も開放し、患者様が自由にお散歩ができるようにしていて、退院後に元の暮らしに戻りやすい環境を作っているんだとか。
――スーパー救急病棟はどうでしたか?
全部で9病棟あるうち、5つがスーパー救急病棟で、患者様の早期退院に向けて取り組んでいました。スーパー救急病棟での早期退院実績によって、余裕のある空間と人員配置が、治療をする上でいかに重要か証明されたそうです。
――では、ここはちょっと、という点は?
ゼネラルマネージャーとしては、5名の認定看護師の活躍の場を増やしていきたいそうです。現在は、行動制限最小化看護を専攻した方が「CVPPP(包括的暴力防止プログラム)委員会」と連携したり、うつ病看護を専攻した方が「リワークプログラム(社会復帰支援)」に取り組んでいるそうで、今後は全員が学んだ知識を活かせるステージを作っていきたいそうですよ。
――最後に、ここだけの話をひとつお願いします
看護部の体制が変わったり、スーパー救急病棟が増えたりと、目覚ましい成長を遂げている病院ですが、現場のスタッフのワークライフバランスは全く崩れていないんだとか。救急に特化して規模が大きくなっても、働きやすい労働環境は守り続けていくそうです。

スーパー救急病棟のある病院で、精神科の最前線を学びたい方

育児をしながら、精神科のエキスパートナースを目指したい方

募集職種を見る