1. HOME  > 
  2. 東京都  > 
  3. 足立区  > 
  4. 医療法人社団 苑田会 苑田第一病院  > 
  5. webで病院見学
おうちでゆっくり見学できます。webで病院見学

医療法人社団 苑田会

苑田第一病院

( 一般病院 )

編集部が取材しました

見学の下調べ

急性期医療に忙しさは付きもの。でもヤリガイは大きいし、第一線の現場ゆえのスキルアップができるから、「ずっと急性期に携わりたい」という方も多いですよね。「救急医療の東京ルール」の指定病院でもある苑田第一病院には、子育てやブランクを乗り越えて活躍し続ける看護師さんがたくさんいるとのこと。その背景には一体…!?

■形 態 :
一般病院
■所在地 :
東京都足立区/竹ノ塚駅
■病床数 :
221床(うちHCU20床)
百聞は一見にしかず見学開始!!

玄関

竹ノ塚駅東口から国道4号線につながる一本道をまっすぐ進み、国道4号線を左に曲がると、目指す苑田第一病院が見えてきました。本日、病院を案内していただくのは、看護師長の西尾さん。小学生のお子さんをもつママさん看護師です。よろしくお願いします…と挨拶をしている途中、早くも救急車のサイレンが。「あ、うちにきますね。救急入口に行ってみましょうか」。

救急入口

数秒後には、救急車が到着。 「当院は年間1万台を超える救急車を受け入れているので、ここに救急車がズラリと並ぶこともしょっちゅう。1日30台前後はやってくるので、救急処置室は1日中忙しいです」と、西尾さん。足立・葛飾・荒川を中心としたエリアだけでなく、隣接する埼玉県からも救急の患者様が運ばれてくるそうです。

創意工夫を伺う独自の取り組み

救急処置室

救急処置室は、救急入口から院内に入ったすぐ左側にありました。中では、医師と看護師が見事な連携で、患者様の処置を行っています。「ここには同時に4名の処置ができるスペースがあります。うちは二次救急の病院ですが、患者様の数、処置内容とも、三次救急に負けない対応をしていますよ」。

待合ロビー

つづいて1階の待合ロビーへ。あれ?患者様の姿があまり見当たりませんが…。「実は2014年3月から、お隣に移転した苑田第二病院へ一般外来機能を移したんです。だから現在は、救急外来のみ。今後はもっと救急患者様の受け入れに力を入れていく方針なんです」と、西尾さん。第二病院と連携して、ベッドの回転率も上げていきたいそうです。

HCU

「2013年7月からは、HCU(ハイケアユニット)の認可を取得しました」と、20床のHCUを案内していただきました。お隣にいるのは、師長を務める金谷さん。HCUならではの看護の魅力って何でしょう?「脳外、循環器、心外など、複数の科の患者様に対応するのは大変ですが、やり遂げた時の達成感は、それまでの苦労を吹き飛ばしてくれるほど大きいです。それを一回でも味わうと、ハマっちゃうんじゃないかな〜(笑)」と、金谷さん。ハマってみたい!

HCU

こちらのポスターは何ですか?「接遇委員会が作成している、接遇目標です。看護部長が接遇にとても力を入れているので、毎月目標を立てて、接遇ラウンドを行っているんですよ」。接遇ラウンドとは?「みんなが目標を達成できているか、接遇委員が抜き打ちチェックに周るんです(笑)。でもそのおかげで、身だしなみは常に正されていますよ」。なるほど、どうりで皆さんキレイだと思いましたよ〜。

DMAT隊員

「こちらは、DMAT隊員として活躍する看護師です。当院は、2014年度から災害拠点病院に認定されたんですよ」。DMATって何ですか?「DMATとは、医師、看護師、コメディカルで構成された災害派遣医療チームのこと。定期的に、災害時に備えたトレーニングを行っているんです」と、西尾さん。

特徴は”名”を聞く名物・名所・名スタッフ

病棟

脳外病棟で、脳卒中リハビリテーション看護認定看護師の押山さんを発見。苑田会グループで初めて、認定看護師に挑戦されたそうですね?「はい。脳外病棟への異動を機に、脳卒中の患者様やご家族に、もっと根拠のあるケアを提供したいと思ったんです。前例がなかったので、辞めるくらいの覚悟で上司に相談したのですが、温かく応援してくださり、とても感謝しています」と、押山さん。

ナースステーション

お次は、西尾さんが師長を務める病棟へ。「こちらは、看護副主任の佐藤さん。最近、どの病棟でも男性看護師が増えているんですよ。今までの仕事の進め方に男性ならではの視点が加わることで、改善された点も多いです」と、西尾さん。ちなみに佐藤さんは、4歳のお子さんをもつパパさんで、家に帰るとしっかり育児に参加しているのだとか。

救急処置室

育児中の方が多いようですが、いくら急性期が好きでも、子どもが小さいうちはゆったり働きたいと思いませんか?「もちろん大変さはありますが、それをカバーしてくれる仲間の支えや職場のサポートがあるので、自分が本当にやりたい仕事を続けられているんです。保育所も完備されているし、短時間正職員制度で働く時間を短縮することだってできるんですよ」と、皆さん。恵まれた環境ですね〜。

保育所

最後は、グループ合同の保育所「そのだこどもランド」へやってきました。「24時間体制だから、夜勤時はもちろん、勉強会の時は延長保育がお願いできます。生後2ヵ月から対応してもらえるので、職場復帰もしやすいですよ」と、西尾さん。2011年に新築した保育所なので、設備がキレイなのも魅力的!今日はありがとうございました。

介護21スタッフが聞く「で、実際のところは?」見学後記

帰り道

――お疲れさまでした。忙しい救急病院、いかがでしたか?
子どもがいるのに、どうして忙しい職場で働くの?という疑問が、職場を見るたび、話を聞くたびに「なるほど」と変わっていきました。忙しくやりがいがあり、達成感もある、さらに待遇や福利厚生も整っている恵まれた環境でしたよ。
――どんな特徴がありましたか?
人員が足りない時は、苑田会グループの病院の協力を得ることができるそうです。近隣にいろいろなグループ病院があるので、そういった環境を最大限活かしていました。
――では、ここはちょっと、という点は?
2人目、3人目を妊娠する看護師さんも多く、産休が重なって大変な時期も多いのだそうです(笑)。でも、「またこの職場に戻ってきたい」という想いを受けて、残されたメンバーがしっかり頑張っているそうですよ。
――最後に、ここだけの話をひとつお願いします
ナースステーションでは、「今日は17時半には帰ろうね」、「いや、17時25分」、「いやいや、定時の17時20分が目標」と、みんなで残業を減らせるように取り組んでいました。忙しくても、笑顔でそんなやりとりができる雰囲気があるので、人間関係もとっても良さそうでしたよ。

専門性の高い職場で、スキルアップしたい方

協力し合える職場、働きやすい職場を求めている方

募集職種を見る