1. HOME  > 
  2. 東京都  > 
  3. 調布市  > 
  4. 特定医療法人 大坪会 北多摩病院  > 
  5. webで病院見学
おうちでゆっくり見学できます。webで病院見学

特定医療法人 大坪会

北多摩病院

( ケアミックス型病院 )

編集部が取材しました

見学の下調べ

気持ち良く働くには、チームワークやコミュニケーションがとても重要。職場に明るい活気があると、自然とモチベーションが上がりますよね。「北多摩病院」が取り組んでいるのは、「チーム医療」のための人間関係づくり。病院全体で在宅復帰支援に力を入れているので、多職種が連携する場面が多いんだとか。さっそく見学に行って、チームワークの良さを確かめてきます!

■形 態 :
ケアミックス型病院
■所在地 :
東京都調布市/調布駅
■病床数 :
269床(一般病床179床、医療療養病床90床)
百聞は一見にしかず見学開始!!

玄関

豊かな緑に囲まれながら、京王線特急で「新宿駅」まで約15分という利便性にも恵まれている「調布駅」周辺は、東京のベッドタウンとして再開発が進行中。駅の北口から15分ほど歩くと、閑静な住宅街に「北多摩病院」が見えてきました。玄関で迎えてくれたのは、看護師の新岡さん(写真左)と宇建さん(写真右)。今日はよろしくお願いします!

特徴は”名”を聞く名物・名所・名スタッフ

ナースステーション

まずは、院内で一番元気とウワサの幕内院長にご挨拶。「幕内院長が赴任されてから、病院の雰囲気がガラリと変わりました。以前は入退院の動きが緩やかで、のんびりとした慢性期病院でしたが、ここ数年で在宅復帰率がすごく上がりましたし、職種を越えた情報共有が活発になったんですよ」と、お2人。いつも明るく大きな声で笑う院長は、患者様にも職員にも大人気なんだとか。

療養病棟

療養病棟でも、在宅復帰率は上がっているんですか?「はい。今まで、療養病棟から退院される患者様は少なかったのですが、一般病棟のベッドの回転率が上がったことをきっかけに、長期で入院されている患者様の在宅復帰支援にも積極的に取り組むようになりました」と、お2人。それは素晴らしい!

医療相談室

お次は「医療相談室」へやってきました。「患者様のスムーズな在宅復帰のために、日頃から相談員さんとはコミュニケーションを取るようにしています。ご家族の意向や不安なども聞いている相談員さんからは、いろいろな情報が得られるので、しっかり情報交換を行い、ご自宅でも安心した療養生活が送れるよう準備しているんですよ」。相談員さんは、病棟にもよく足を運んでくれるそうです。

裏付けされた”自信”を聞く職場自慢

ナースステーション

つづいて、ナースステーションへやってきました。「2017年度から電子カルテを導入したことで、記録の時間が短縮され、職場全体での情報共有がよりスムーズになりました。私達のユニフォームも新しくなり、心機一転がんばろう!という雰囲気が高まっているんですよ」と、皆さん。電子カルテ化によって作業効率が上がり、残業がほとんどなくなったんだとか!

リハビリ室

つづいて、在宅復帰率の向上に大きく貢献しているリハビリ科の皆さんを紹介していただきました。若い方が多いですね~!「そうなんです。リハビリ科に限らず、当院のスタッフは20~30代の若手が多いんです。同世代が多いから、職種間の垣根が低く、誰とでも気軽に話せる関係になれるのかもしれません」と、お2人。

廊下

廊下に、男性職員の皆さんが集まってくれました。「ここ最近は、男性職員の入職が増えているので、男女がともに活躍できる職場づくりに取り組んでいます。看護部は、男性看護師が各病棟に1~2名程度ですが、部署を越えた男性職員のつながりもあるので、女性ばかりで心細いと感じたことはないですよ」と、新岡さん。

透析室

透析室では、最新の透析機械を導入し、オンラインHDF(血液透析にろ過を加えた治療法)にも対応しているそうです。「現在は、外来・入院合わせて約60名の透析患者様の治療にあたっていて、高齢化、合併症、重篤化に対応するため、最新の技術を取り入れているんです」と、臨床工学技士さん。新人さんへの機械操作指導は、臨床工学技士さんが丁寧に指導しているそうです。

創意工夫を伺う独自の取り組み

談話室

お次は談話室で、「eラーニング」のためのiPadを見せていただきました。「自宅に帰ってスマホやパソコンからアクセスして学習するだけでなく、仕事のすき間時間を活用して、気になることを調べたり、院内研修の予習・復習をすることもあります」と、お2人。iPadは、各病棟に配布されているんだとか。

内視鏡室

つづいて、内視鏡室にやってきました。「当院では、一般診療、透析両方、療養医療に加えて、予防医療も充実させるために内視鏡検査に力を入れています。内視鏡室は外来看護師が担当するので、外来勤務でも専門スキルを磨くことができるんですよ」と、お2人。一般病棟、療養病棟、透析室、外来、内視鏡室、手術室と、活躍の場がたくさんあるんですね!

保育室

最後は、病院の近くにある保育室へやってきました。「日勤常勤や時短勤務など、多様な働き方ができるので、働くママもたくさん活躍しています。パート勤務の場合も、勤務時間が6パターンも用意されており、自分の生活に合った時間帯を選ぶことができるんですよ」と、お2人。働き方の相談も、柔軟に対応してもらえるんですね!今日はありがとうございました。

介護21スタッフが聞く「で、実際のところは?」見学後記

帰り道

――お疲れさまでした。チーム医療を推進するために、人間関係を大切にしている病院、いかがでしたか?
部署の垣根が低く、職種・性別・役職に関係なくコミュニケーションが取れる風通しの良い職場でした。院長がとにかく明るい方で、現場の士気を高めながらリーダーシップを発揮していて、スタッフの皆さんにとても慕われていましたよ。
――働きやすさはどうでしたか?
電子カルテを導入したことで作業効率が上がって、残業はほとんどなくなり、有休もほぼ100%消化できているそうです。子育てサポートとして、0歳児から預けられる保育室、日勤常勤制度、時短勤務制度などが整っているので、子育て中のママさんもたくさん活躍していました。
――では、ここはちょっと、という点は?
療養病棟も入退院によるベッド回転率が上がっているので、のんびり働きたい方には向いていないかもしれません。今後も、病院全体で在宅復帰率の向上に取り組む方針だそうです。
――最後に、ここだけの話をひとつお願いします
案内役の新岡さんと宇建さんは、臨床経験3年未満の第2新卒でした。看護部では、第二新卒者やブンランクのある方も積極的に受け入れていきたいそうで、今後は現場の指導力の向上に取り組んで行くそうですよ。

他職種とのチームワークを大切にする職場で働きたい方

在宅復帰支援や退院調整に興味のある方

募集職種を見る