1. HOME  > 
  2. 東京都  > 
  3. 足立区  > 
  4. 医療法人社団 苑田会 苑田第三病院  > 
  5. webで病院見学
おうちでゆっくり見学できます。webで病院見学

医療法人社団 苑田会

苑田第三病院

( 一般病院 )

編集部が取材しました

見学の下調べ

中途入職でも、教育環境にはこだわりたいですよね。結婚や出産でライフスタイルが変わった後も、スキルアップに励みたい方は多いと思います。整形・透析・心臓カテーテルを3本柱に、地域の救急医療も担う「苑田第三病院」が取り組んでいるのは、中途入職者のキャリア開発。看護部長が中心となって教育環境を見直し、指導者の育成にも力を入れているんだとか。教育環境に注目しながら、早速現場を訪ねてみましょう!

■形 態 :
一般病院
■所在地 :
東京都足立区/竹ノ塚駅
■病床数 :
117床
百聞は一見にしかず見学開始!!

玄関

東武スカイツリーライン「竹ノ塚駅」周辺は、下町らしい商店街が広がり、鉄道高架化などの都市基盤整備が進んでいます。「苑田第三病院」があるのは、駅の西口から10分ほど歩くいた大通りに面した立地。玄関では、看護主任の高濱さんが迎えてくれました。「ようこそ!今日は、病院の成長とともにレベルアップを続ける看護部について、たっぷりとご紹介します」。

待合フロア

玄関を入った待合ロビーには、新聞や雑誌に取り上げられた病院の実績がたくさん掲示されていました。「開院以来、高度なオペや治療の実績が伸び続けていて、いろいろなメディアで紹介されています。3階に併設された『東京脊椎脊髄病センター』では、地域でも稀少な専門医療を提供していますし、透析のシャント関連手術や、心臓カテーテル治療においても、近隣の病院から多くの紹介を受け入れているんですよ」。

創意工夫を伺う独自の取り組み

病棟

病棟へ行ってみると、濱田看護部長にバッタリ遭遇!看護部では、教育環境の充実に取り組んでいるそうですね。「はい。より円滑なチーム医療を推進するため、2017年度に多職種による教育委員会を結成して、全職種合同で学ぶ研修を増やしました。それと同時に、看護師としての継続的なスキルアップも支援するため、クリニカルラダーも導入する予定です」と、濱田部長。今後もさらに学べる環境が整うんですね!

病棟

あちらでは何をやっているのでしょう?「看護学生が実習に来ているんです。実習指導者を養成して、2017年度から看護実習を受け入れ始めたんですよ。実習病院になったことで、『教えること』が身近になり、看護部全体の指導力が上がりました。今後は、手厚いOJTが求められる新卒・第二新卒・ブランクのある方なども積極的に迎える方針です」と、高濱さん。

スタッフステーション

スタッフステーションでは、中途入職者へのOJTが行われていました。入職時のサポートはどうでしたか?「新卒者と一緒に『新人オリエンテーション』に参加して、グループ病院や関連施設を見学できたのがとても良かったです。また、月1〜2回の院内研修のほかに、リフレッシュ研修や苑田会グループの合同研修にも参加する機会もあり、教育環境にはとても満足していますよ」と、看護師さん。

スタッフステーション

「技術や知識の習得だけでなく、社会人としてのマナーも高めて欲しい思いから、接遇教育にも力を注いでいます。こんな風に各部署で接遇目標を掲げ、患者様やご家族にはもちろん、仲間内でも笑顔や元気な挨拶を心がけています」。接遇マナー向上を目指して、職員の身だしなみなどをチェックする「接遇ラウンド」も開始したんだとか。

スタッフステーション

スタッフステーションに、仕事と子育てを両立するママさん達が集まってくれました。働くママ・パパは多いですか?「はい。近くに苑田会グループ合同の保育室があり、時短勤務制度や日勤常勤制度も活用できるので、仕事と子育てを両立している職員がたくさんいます。残業が少なく、子どもと過ごす時間を大切にできるので、産休・育休取得後も常勤として復帰しやすいですよ」と、皆さん。

特徴は”名”を聞く名物・名所・名スタッフ

手術室

つづいて、件数が伸び続けているという手術室へ。年間どれくらいの手術を行っているんですか?「2つの手術室とカテーテル室で、年間約500件の手術に対応しています。 開院当初は脊椎手術がメインでしたが、循環器の専門医が赴任してからは心臓カテーテルの件数が伸びていますし、全国的な透析患者様の増加に伴い、シャント関連手術も増えています」と、手術室の看護師さん。手術件数が増えても、ほとんどが予定手術のため、時間通りに働けるそうです。

リハビリテーション室

リハビリテーション室で、理学療法士さんを紹介していただきました。「当院では、看護師とリハビリスタッフが密に連携を図り、術後の早い段階からリハビリに介入して、早期離床を目指しています。術後の患者様のベッドサイドには、ADL状況が一目で分かる表が掲示されており、リハビリスタッフが日々更新してくれるので、看護師は日々のケアに活かすことができているんですよ」と、高濱さん。苑田会グループにはリハビリに特化した専門病院もあるので、リハビリスタッフに対する教育も充実しているんだとか。

裏付けされた”自信”を聞く職場自慢

透析室

お次は、透析室で臨床工学技士さんを紹介していただきました。「透析装置は6台ですが、シャント関連手術に対応しているので、重度の合併症を持つ患者様も受け入れていますし、人工透析室を持つ苑田第二病院や、地域の透析施設の患者様のシャント造設やPTA(経皮的血管形成術)も行っています」と、臨床工学技士さん。コンソールも最新式で、質の高い透析治療に取り組んでいるそうです。

スタッフステーション

最後は、多職種の皆さんが見送ってくれました。これからは、どのようなキャリアの看護師を採用していく方針ですか?「即戦力となる方だけでなく、新卒者や第二新卒や、ブランクからの復職者も積極的に採用して行きたいです。奨学金制度もあるので、働きながら看護師の資格を取得したい准看護師・看護助手の方も大歓迎ですよ」と、皆さん。今後もいろいろな仲間が集まりそうですね。今日はありがとうございました。

介護21スタッフが聞く「で、実際のところは?」見学後記

帰り道

――お疲れさまでした。中途入職者への教育に力を入れる病院、いかがでしたか?
多職種合同の教育委員会の設立や、クリニカルラダーの導入、看護実習の受け入れなど、教育の充実のために新たなプロジェクトがたくさん動いていました。日勤常勤、時短勤務などの制度が整っていて、「残業をしない働き方」が定着しているので、子育てや家族の介護をしながらでも、キャリア開発ができる職場だと思います。
――どんな看護スキルが身につく職場ですか?
病棟、外来、手術室、透析室と、さまざまな活躍の場があるので、幅広く学ぶことも、専門性を極めることもでき、キャリアアップの道が選べる環境です。家庭的な規模の病院ですが、併設された『東京脊椎脊髄病センター』では専門性の高い治療を行っていて、全国から患者様が来院されるんだとか。
――では、ここはちょっと、という点は?
濱田看護部長としては、実習指導者をはじめ、教える立場の人材を増やしていくことを課題にしているそうです。指導力の高い職員が増えることで、ますますいろいろな方が活躍できる環境が整いそうですね。
――最後に、ここだけの話をひとつお願いします
苑田会グループには、職員旅行、運動会、望年会(忘年会)など、さまざまな職員向けのイベントが充実しているそうです。運動会や望年会のビンゴ大会では、豪華な賞品がたくさん用意されていて、いつも白熱するんだとか(笑)。

結婚・出産後も、看護師としてスキルアップしたい方

ブランクからの復職や、働きながら進学を考えている方

募集職種を見る