1. HOME  > 
  2. 東京都  > 
  3. 八王子市  > 
  4. 医療法人社団 徳成会 八王子山王病院  > 
  5. webで病院見学
おうちでゆっくり見学できます。webで病院見学
職場の舞台裏、もっと知りたい…。実際の様子やスタッフを見たい…。そんなあなたに代わって、見学に行ってきました!写真と文章でお届けします。ゆっくりご覧ください。

医療法人社団 徳成会

八王子山王病院

( 一般病院 )

編集部が取材しました

見学の下調べ

患者様に質の高いケアを提供していくには、スタッフが毎日を健康的に、いきいきと過ごすことが大切ですよね。東京ワークライフバランス認定企業として、働きやすい職場づくりに取り組む「八王子山王病院」には、仕事も私生活も両方楽しめる環境が整っているのだそうです。早速見学に行って、働きやすさを確かめてきます!

形 態
一般病院
所在地
東京都八王子市/八王子駅
病床数
157床
百聞は一見にしかず見学開始!!

玄関

地域をあげて子育てにやさしい街づくりに取り組む八王子市には、緑の多い公園や、公的支援が充実しています。市の中心の「八王子駅」周辺にはさまざまな商業施設が並び、便利で暮らしやすそう!駅の北口から15分ほどバスに乗り、「中野山王」バス停で下車すると、少し歩いた右手に「八王子山王病院」がありました。玄関で迎えてくれたのは、新卒1年目の篠原さん。「ようこそ!今日はたっぷり当院の魅力をご紹介しますね」。

裏付けされた”自信”を聞く職場自慢

認定証

「これが一番見せたかったもの!」と紹介してくれたのは、東京ワークライフバランス認定企業の認定証です。わ〜、すごい。どんな経緯で認定を受けたんですか?「短時間勤務や24時間保育室の設置が評価され、八王子市の子育て応援企業として認定されていたのですが、その後、市からの推薦で東京ワークライフバランス認定企業にも選ばれたんです」と、篠原さん。残業時間の削減や、有休消化の促進など、独身者にも嬉しい取り組みをしているそうです。

保育室

と、いうことで、認定の決め手のひとつとなった保育室へやってきました。「保育室は24時間対応で、病児保育や学童保育も行っています。子どもの登録数は40人位で、1人で2〜3人預けている先輩がたくさんいるんですよ(笑)」と、篠原さん。子だくさんの方が多いんですね〜!保育室は病院に隣接しているので、仕事の合間に授乳にくる方もいるのだとか。

病棟

病棟を歩いていると、妊娠中の看護師さんにお会いしました。産休・育休取得後は、復帰を考えていますか?「もちろんです。小学校就学前まで、時短勤務を活用できるんです。仕事と子育てを両立していける職場だと感じています」と、妊娠中の看護師さん。妊娠中の働き方にも配慮があり、負担の大きな業務からは外してもらえるそうです。

ナースステーション

お次はナースステーションで、松川看護部長を紹介していただきました。「部長職に就く前は、集中ケア認定看護師の資格を活かしてキャリアを磨いてきました。看護師にとってスキルアップは大事なことなので、子育て中も院内研修に参加しやすいよう、当院では勤務時間内に開催しています。また、会議や委員会活動なども勤務時間内に実施するルールを作り、ママさん達の意見も大切にしているんですよ」と、松川看護部長。

裏付けされた”自信”を聞く職場自慢

廊下

廊下には、病院が所属する戸田中央医科グループ(TMG)のポスターが貼ってあります。篠原さんは、どんなところにグループメリットを感じますか?「教育の面で感じることが多いです。院内では学びきれない専門分野は、本部研修へ参加して勉強するようにしています。あと、認定看護師を目指す方へのキャリア支援制度も充実しているので、将来の幅が広がって嬉しいです」。

病棟

病室を覗くと、皮膚排泄ケア認定看護師さんが院内ラウンドをしていました。「学んだ専門知識を活かして、各病棟の入院患者様の褥瘡・ストーマケアや、職員への指導などを行っています。また、多職種で構成されたNST(栄養サポートチーム)にも加わり、糖尿病療養指導士、透析看護認定看護師と連携して、良質なケアの提供に努めています」と、認定看護師さん。看護部では、各領域の認定看護師の資格に興味のある方を歓迎しているそうです。

特徴は”名”を聞く名物・名所・名スタッフ

ナースステーション

ナースステーションに戻ると、井口院長にばったり遭遇!「井口院長をはじめ、当院のドクターは現場の意見に耳を傾けてくださる方ばかりで、日常的に意見交換をすることができます。全157床とアットホームな規模の病院なので、院長との距離感が近く、直接指導を受ける機会も多くて勉強になります」と、篠原さん。

ナースステーション

見学中に、相談員さんが篠原さんのもとへ情報共有にやってきました。「私の配属先は在宅復帰される患者様が多い病棟のため、退院後も安心して療養生活が送れるよう、相談員さんと密に連携を図っています。当院では、チーム医療の実現に向けて、職種を超えたコミュニケーションを大切にしているんです」と、篠原さん。

ナースステーション

入職後の教育サポートは、どのように行われていますか?「新卒者のOJTは、1人の新人に対して、エルダー(気軽に質問・相談できるお兄さん・お姉さん的存在)とメンター(教育目標などを管理してくれる先輩)がついてくれます。中途入職者のOJTは、レベルに合わせてサポート役を付け、その方に不足している技術をマンツーマンで指導しています」と、篠原さん。

ナースステーション

最後は、看護部の皆さんが見送ってくれました。皆さんとっても表情がイキイキとしていますね!「はい。私生活を大切に、理想的な働き方ができるので、毎日が充実しています。最近は、男性看護師やブランクのある方も積極的に受け入れ、多様な人材活用が進んでいるので、ますます楽しい職場になっていますよ」と、皆さん。今日はありがとうございました。

介護21スタッフが聞く「で、実際のところは?」見学後記

帰り道

――お疲れさまでした。東京ワークライフバランス認定企業の八王子山王病院、いかがでしたか?
噂に聞いていた通り、職員のワークライフバランスを大切にしている病院でした。子育て支援の充実は多くの病院が取り組んでいることですが、制度があるだけではなく、たくさんの方が利用していて、改善や見直しも行われているそうです。
――どんな制度が印象的でしたか?
短時間勤務の利用の仕方が2パターンあることです。1つは、一般的な勤務時間の短縮なのですが、もう1つは休憩時間を長く取り、保育室のお子さんの授乳に使うことができるんだとか。お昼休みの1時間に授乳に行くのは大変ですから、すごく助かりますよね。
――では、ここはちょっと、という点は?
看護部長としては、専門分野に特化した専門・認定看護師を増やしていきたいそうです。現在の看護部には、集中ケア、皮膚・排泄ケア、透析看護、糖尿病看護のエキスパートが活躍しているそうで、それ以外の分野に精通した職員も育てていきたいそうです。
――最後に、ここだけの話をひとつお願いします
案内をしていただいた篠原さんは、結婚・出産を経験していませんが、仕事も育児も楽しむ先輩たちを近くで見ているので、「ここなら大丈夫」と安心しているそうです。いきいき働くママさん達の姿は、後輩達の未来にも希望を与えているようですね。

子育てをしながら、無理なく働き続けたい方

私生活を大切にしながら、認定看護師を目指したい方

募集職種を見る