医療法人社団 鶴永会
鶴が丘ガーデンホスピタル Webで病院見学

おうちでゆっくりご覧いただける、病院見学の体感コンテンツです。

supported by 医療21
  1. HOME  > 
  2. 東京都  > 
  3. 町田市  > 
  4. 医療法人社団 鶴永会 鶴が丘ガーデンホスピタル  > 
  5. webで病院見学
おうちでゆっくり見学できます。webで病院見学
おうちでゆっくり見学できます。webで病院見学

医療法人社団 鶴永会

鶴が丘ガーデンホスピタル

( 精神科病院 )

編集部が取材しました

見学の下調べ

鶴が丘ガーデンホスピタルの見学の下調べ

教育制度や福利厚生を充実させている職場は、働くスタッフをとても大事にしていることがわかりますよね。アットホームで開放的な精神科病院を目指す「鶴が丘ガーデンホスピタル」では、職員満足度向上を目指して、教育や働きやすさを見直しているとのこと。入職時の教育サポートを強化し、新卒・第2新卒者や精神科未経験者も安心して働ける環境を整えているそうなので、さっそく見学に行ってチェックしてきます。

形 態
精神科病院
所在地
東京都町田市/鶴川駅
病床数
200床 (病棟:4単位、平均稼働率185床)
※マスクなしの写真は撮影時のみはずしています。

百聞は一見にしかず見学開始!!

鶴が丘ガーデンホスピタルの玄関

玄関

「鶴が丘ガーデンホスピタル」へのアクセスは、小田急線「鶴川駅」北口からバスに乗り、「三輪緑山2丁目」バス停で下車してすぐ目の前。マイカー通勤を希望する方のために、職員用駐車場も完備しているそうです。緑に囲まれた玄関では、阿部看護部長が迎えてくれました。「当院は2021年に創立50周年を迎え、さらなる発展を目指して新たな取り組みにも積極的に挑んでいます。今日は自慢の職場をたっぷりご紹介しますね」。

玄関の次
鶴が丘ガーデンホスピタルの玄関ロビー

玄関ロビー

玄関ロビーは吹き抜けになっていて、大きな窓からはたっぷりと光が差し込む構造。至るところに観葉植物があり、くつろげる空間ですね。「そうなんです。当院では家庭のようにリラックスできる雰囲気を大切にしています。もちろん、人混みが苦手な方や、あまり人と顔を合わせたくない方のために、個室の待合室も完備しているんですよ」。精神科病院ならではの気配りですね。

玄関ロビーの次

創意工夫を伺う独自の取り組み

鶴が丘ガーデンホスピタルの通電療法室

通電療法室

お次は、通電療法室を案内していただきました。「当院では2019年からこちらのサイマトロン(通電装置)を導入し、麻酔科医・精神科医・専任看護師などがチームを組んで修正型電気けいれん療法(m-ECT)を施行しています。即効性があって治療効果も高いですが、専門知識が求められるので、定期的に専任看護師(写真右から2番目)による研修を開いています」と、看護部長。

通電療法室の次
鶴が丘ガーデンホスピタルのスタッフステーション

スタッフステーション

「こちらは新卒看護師(写真右)で、プリセプターからOJTを受けているところです」と、紹介してくれました。新卒採用も行っているんですか?「ええ、以前は中途採用が中心でしたが、2020年から毎年2~5名ほどの新卒看護師を採用しています。新卒採用開始をきっかけに卒後教育やOJTの進め方を見直し、入職時の教育サポートを手厚く整えているので、精神科が未経験の方でも安心して働ける環境が整っています」。

スタッフステーションの次
鶴が丘ガーデンホスピタルのスタッフステーション

スタッフステーション

スタッフステーションの一角では、看護師さんが日本精神科看護協会のオンライン研修を受講していました。勤務中に受講できるんですね。「そうなんです。当院では業務貢献につながる外部研修は日勤扱いとし、費用も病院が負担していて、新型コロナの影響でオンラインによる外部研修が増えたので、現在は職場のパソコンを使用しての勤務中の受講を推進しているんです」。

スタッフステーションの次

特徴は”名”を聞く名物・名所・名スタッフ

鶴が丘ガーデンホスピタルのスタッフステーション

スタッフステーション

つづいて、精神看護専門看護師さんを紹介していただきました。資格を取得する際、職場のサポートはありましたか?「はい。研修費用を援助してもらえて、経済的にとても助かりました。資格取得後も、院内外での研修講師や院内コンサルテーション対応など、専門性を発揮できる機会を与えてもらっています」と、精神科専門看護師さん。

スタッフステーションの次
鶴が丘ガーデンホスピタルの談話スペース

談話スペース

病棟の談話スペースでは、看護助手さんが患者様と向き合っていました。「看護師が本来の業務に専念できるように、各病棟に看護助手を手厚く配置しています。患者様にとって身近な存在の看護助手からの情報は、治療を進める上で役に立つことが多く、どんなに些細なことでも共有してもらっているんですよ」と、看護部長。素晴らしいチームワークですね!

談話スペースの次
鶴が丘ガーデンホスピタルのスタッフステーション

スタッフステーション

スタッフステーションに戻ると、カンファレンスが行われていました。「午前中のカンファレンスでは、患者様の情報共有だけでなく、各部署の状況やスタッフの配置人数を確認し、人手が足りない部署に応援スタッフを送るなど、協力し合っているんです」と、皆さん。多職種でのチーム活動や、委員会活動にも力を注ぎ、部署や職種を超えたチーム連携を重視しているとのこと。

スタッフステーションの次
鶴が丘ガーデンホスピタルの廊下

廊下

つづいて、働くママ・パパを紹介していただきました。子育てサポートは整っていますか?「はい。本人・配偶者の出産時の祝い金に加えて、小学校入学、中学校入学、高校入学・卒業時にも祝い金が支給される『次世代育成支援金制度』があります。また、子どもが小さいうちは日勤常勤・時短勤務・パート勤務の選択もでき、有休もしっかり消化できるので、家族の時間を大切にできています」と、皆さん。

廊下の次
鶴が丘ガーデンホスピタルのデイケア

デイケア

併設する精神科デイケアに行くと、精神保健福祉士さんや作業療法士さんたちが迎えてくれました。「精神科デイケアでは、外来患者様や退院された方の生活をサポートするため、作業療法士が中心となってさまざまなリハビリプログラムやイベントを開催しています」。長引くコロナ渦でも支援が途切れてしまわないように、感染症対策とソーシャルディスタンスを徹底した上で、安心・安全な活動を行っているそうです。

デイケアの次

裏付けされた”自信”を聞く職場自慢

鶴が丘ガーデンホスピタルの2Fロビー

2Fロビー

最後は、2Fロビーで永年勤続表彰者の皆さんにお会いしました。勤続何年目から表彰対象になるんですか?「3年目から対象で、6年、10年、15年、20年と、10年目以降は5年ごとに表彰があり、素敵なプレゼントまで用意されています。表彰式のたびに、『職場から大切にしてもらえている』という実感を持つことができ、モチベーションにつながっています」と、皆さん。スタッフ想いの職場ですね!今日はありがとうございました。

2Fロビーの次
※マスクなしの写真は撮影時のみはずしています。

医療21スタッフが聞く「で、実際のところは?」見学後記

帰り道

お疲れさまでした。待遇・福利厚生が充実している精神科病院、いかがでしたか?

――お疲れさまでした。待遇・福利厚生が充実している精神科病院、いかがでしたか?

うわさ通り、教育・福利厚生・子育てサポートなどがしっかり整っていて、職員定着率の高さにつながっていました。日勤は勤務時間が9時~17時で、実働7時間である上に、残業もほとんど発生しないようで、結婚・出産後も働き続けるスタッフさんが多かったです。

――精神科が未経験でも活躍できるでしょうか?

もちろん活躍できます。入職時教育が手厚く、精神科看護の基礎からしっかり学べる職場です。また、院内研修は原則勤務時間内に開催するそうで、家庭を持つ方でも無理なく学んでいける職場なんだとか。外部の研修・学会にも積極的な参加を促しているので、未経験から精神科看護のプロを目指すこともできる職場です

――では、ここはちょっと、という点は?

新型コロナの影響で、職員旅行やサークル活動などの職員間の交流を深める場がほとんど中止になり、残念がっているスタッフさんが多かったです。ただ、去年の夏は食堂でデザートにアイスを配るなど、新しい福利厚生を取り入れたそうで、今年度は感染対策を取りながら楽しめるイベントを検討中なんだとか。

――最後に、ここだけの話をひとつお願いします

どの部署にも子育て中のママさん・パパさんが多く活躍していて、男性職員の育休取得実績も増えているとのこと。見学中にお会いした精神科専門看護師さんは、男性看護師で育休を取得したそうで、キャリアも家庭も大事にできていることに満足しているそうです。

待遇・福利厚生・子育て支援が充実した職場で働きたい方

精神科看護に興味があり、未経験から深めていきたい方

募集職種を見る