1. HOME  > 
  2. 東京都  > 
  3. 町田市  > 
  4. 医療法人社団 鶴永会 鶴が丘ガーデンホスピタル  > 
  5. webで病院見学
おうちでゆっくり見学できます。webで病院見学
職場の舞台裏、もっと知りたい…。実際の様子やスタッフを見たい…。そんなあなたに代わって、見学に行ってきました!写真と文章でお届けします。ゆっくりご覧ください。

医療法人社団 鶴永会

鶴が丘ガーデンホスピタル

( 精神科病院 )

編集部が取材しました

見学の下調べ

待遇や福利厚生面が充実している職場なら、長く働きたいと思いますよね。精神科病院「鶴が丘ガーデンホスピタル」では、職場に対する満足度を追求し、スタッフの生活を豊かにする待遇・福利厚生を見直しているそうです。スタッフを思いやる温かさが、産休・育休後の復帰率や、職員定着率にも影響しているそうなので、さっそく見学に行って確かめてきます!

形 態
精神科病院
所在地
東京都町田市/鶴川駅
病床数
200床 (病棟:4単位、平均稼働率185床)
百聞は一見にしかず見学開始!!

玄関

小田急線「鶴川駅」は、豊かな自然に恵まれていながら、新宿まで約35分(急行利用時)という便利な駅。北口からバスに乗り、バス停「三輪緑山2丁目」で下車すると、すぐ目の前が「鶴が丘ガーデンホスピタル」です。玄関では、精神科歴30年以上のベテランという阪内看護部長が笑顔で迎えてくれました。「ようこそ!今日は、患者様にもスタッフにも優しい当院の魅力をたっぷりとご紹介します」。

玄関ロビー

玄関ロビーは吹き抜けの天井で、大きな窓からはたっぷりと光が差し込む構造。至るところに観葉植物があり、くつろぎたくなる空間ですね。「そうでしょう?当院では家庭のようにリラックスできる雰囲気を大切にしていて、患者様のプライバシーにも十分配慮しています。ここはかなり開放的ですが、人混みが苦手な方や、あまり人と顔を合わせたくない方には、個室の待合室も完備しているんです」。精神科病院ならではの気配りですね。

裏付けされた”自信”を聞く職場自慢

病棟

病棟へ伺うと、スタッフの皆さんが集まってくれました。待遇・福利厚生が年々充実しているって本当ですか?「はい。職場満足度の向上を目指して、2018年度から、初年度の有休日数増加、お子さんの進学祝い金の支給、永年勤続表彰対象者の拡大など、新しい内容が追加されました。当院には家庭を持つスタッフが多いので、長く安心して働ける環境を整えると同時に、それをしっかりと評価して応援することに力を注いでくれているんです」と、皆さん。

スタッフステーション

「永年勤続表彰は、毎年恒例の忘年会で行っているんですよ」と、写真を見せてくれました。勤続何年目から表彰対象になるんですか?「3年目から対象で、6年、10年、15年、20年と、10年目以降は5年ごとに表彰が行われ、素敵なプレゼントが贈られています。忘年会では、ビンゴ大会も開催されるのですが、景品がとっても豪華で、毎年楽しみにしているんですよ」と、皆さん。2018年度は、約20名のスタッフが永年勤続表彰されたそうです。

創意工夫を伺う独自の取り組み

スタッフステーション

スタッフステーションでは、多職種カンファレンスが始まりました。「当院では、多職種によるチーム活動や委員会活動が盛んで、家族教室の開催、栄養・服薬指導、退院調整支援、心理教育、認知行動療法など、さまざまな取り組みをしているのが特徴。家庭やプライベートを大切にできるよう、会議、委員会、研修などは原則勤務時間内に開催しているため、通常業務以外のプロジェクトに参加することが多くても、残業ほぼゼロを実現しています」と、阪内看護部長。

スタッフステーション

つづいて、現場に欠かせないという看護助手のお二人を紹介していただきました。「看護師さんが本来の業務に専念できるよう、各病棟に多くの看護助手が活躍しています。看護師さんからは、『助手さんの情報が役に立つからいろいろ教えて!』と頼りにしていただけるので、病室の掃除中に気付いたことや、患者様のオムツ交換や入浴介助の際に感じたことなど、些細な情報も共有するようにしています」と、お2人。素晴らしいチームワーク!

スタッフステーション

スタッフステーションの一角で、新人さんが先輩の指導を受けていました。入職後は、どんな教育サポートが受けられるんですか?「看護部では、『新人さんをみんなで育てよう』という方針で、教育係だけに任せず、病棟スタッフ全員が指導者の意識を持つようにしています。精神科が未経験の方も歓迎するため、入職時の新人オリエンテーションでは、精神科病院独自の内容を充実させているので、安心して入職してくださいね」と、阪内看護部長。

研修写真

院内研修は定期的に開催されますか?「もちろんです。こちらは、多職種対象の月2~4回開催している全体研修の写真です。このほかに、看護部独自のラダーシステムに沿ったレベル別の研修も行っており、中堅・ベテラン層へのキャリア支援として、外部研修や学会への参加も推進しています」と、阪内看護部長。必要な外部研修・学会は日勤扱いとなり、費用も全額病院が負担しているので、参加者がとても多いそうでうす。

デイケア

お次は、隣接の精神科大規模デイケアを案内していただきました。利用者様がプログラムを楽しむ写真がたくさん飾ってありますね。「ええ。デイケアでは、外来通院の方や、退院された方の生活をサポートするため、作業療法士が中心となり、さまざまなリハビリプログラムやイベントを企画しています。文化祭や忘年会、初詣など、毎回すごく盛り上がるんですよ」。

デイケア

デイケアを見学していると、子育て中のママさんナースのお2人に遭遇。職場の子育て支援について、詳しく教えて欲しいです。「本人・配偶者の出産時に祝い金が支給されるほか、小学校入学、中学校入学、高校入学・卒業時にも祝い金が支給され、仕事と子育ての両立を長く応援してもらえます。デイケアは日勤のみですが、病棟勤務でも夜勤免除を希望できますし、有休はほぼ100%消化できるので、子どもと過ごす時間を大切にできています」と、お2人。

特徴は”名”を聞く名物・名所・名スタッフ

食堂

最後は、スタッフの皆さんに大人気の食堂を案内していただきました。木の温かみのある内装で、リラックスできる雰囲気ですね。「ええ、お昼はスタッフ同士で談笑しながら、ゆっくりくつろいでいます。ちなみに食堂のメニューは1食250円でリーズナブルで、私のイチオシはカレーライスです(笑)」と、阪内看護部長。食堂以外にも、職員のために寮や駐車場も完備しているんだとか。今日はありがとうございました。

介護21スタッフが聞く「で、実際のところは?」見学後記

帰り道

――お疲れさまでした。待遇・福利厚生が充実している精神科病院、いかがでしたか?
うわさ通り、さまざまな待遇・福利厚生が導入されていて、職員定着率の高さや、仕事へのモチベーションに繋がっていました。日勤は9:00~17:00と、実働時間が少ない上に、残業もほとんど発生しないようで、結婚・出産後も仕事を続けている方が多かったです。
――精神科が未経験でも活躍できるでしょうか?
もちろん活躍できます。入職後は手厚い教育サポートが整っていますし、院内研修は原則勤務時間内に開催されるため、家庭がある方でも無理なく学んでいけると思います。看護部では、外部研修や学会に積極的な参加を促しているので、未経験から精神科看護のプロを目指したい方におすすめの職場です。
――では、ここはちょっと、という点は?
人事部門では、職員間の交流を深める「同好会の補助金制度」の利用率を上げていきたいんだとか。現在、テニス、バドミントン、スーパー銭湯などの同好会が結成されているそうですが、補助金額のアップを検討し、より魅力的な制度にしていきたいそうです。
――最後に、ここだけの話をひとつお願いします
毎年恒例の職員旅行の行き先は、全国のさまざまな話題スポットを企画しているそうで、2018年度は伊勢・志摩の観光を楽しんだそうです。宿泊先のホテルでは、卓球大会が白熱したんだとか!

待遇・福利厚生・子育て支援が充実した職場で働きたい方

精神科看護に興味があり、未経験から深めていきたい方

募集職種を見る