1. HOME  > 
  2. 神奈川県  > 
  3. 川崎市多摩区  > 
  4. 医療法人社団 慶神会 武田病院  > 
  5. webで病院見学
おうちでゆっくり見学できます。webで病院見学
職場の舞台裏、もっと知りたい…。実際の様子やスタッフを見たい…。そんなあなたに代わって、見学に行ってきました!写真と文章でお届けします。ゆっくりご覧ください。

医療法人社団 慶神会

武田病院

( 精神科病院 )

編集部が取材しました

見学の下調べ

最近の精神科病院は、明るく開放的な環境づくりに取り組む病院が増えているようです。神奈川県川崎市にある「武田病院」も、オープンな精神科医療を大切にしている病院の1つ。患者様を退院につなげる熱心な取り組みが充実していて、職員の働きやすさも整っているんだとか。さっそく見学に行って、その実態を確かめてこようと思います。

形 態
精神科病院
所在地
神奈川県川崎市多摩区/登戸駅
病床数
140床(精神科急性期治療病棟60床、精神療養病棟80床)
百聞は一見にしかず見学開始!!

玄関

「武田病院」があるのは、JR・小田急線「登戸駅」から徒歩7分程の住宅街。駅前通りを直進するだけなので、あっという間に到着しました。玄関で迎えてくれたのは、看護部長の小堀内さん。すごく便利な立地ですね!「そうなんです。小田急線快速急行なら、新宿駅~登戸駅区間は約16分。都心にもすぐ出られますし、病院周辺は自然が豊かで、県内で人気のお花見スポットがすぐ近くにあるんですよ」。

特徴は”名”を聞く名物・名所・名スタッフ

二ヶ領用水

見学前に、歩いてすぐのお花見スポット「二ヶ領用水」へ案内していただくことに。桜が満開で、まさに今が見頃ですね!「ええ、3月下旬~4月上旬がおすすめです。当院では、患者様の退院を応援するため、外出プログラムを充実させているのですが、帰りに少し寄り道して、桜散策を楽しんでいます。退院後の、自宅や地域での生活をイメージするには、入院中も外に出る機会を設けることが大切なんです」。

玄関

病院へ戻ると、作業療法士さんと患者様が、買物袋を下げて帰ってきました。どこへ行っていたんでしょう?「明日のOTプログラム『ごはんの会』の準備のために、スーパーに買い出しに行っていたんです。退院後、家事や一人暮らしをする予定の患者様にとって、料理ができるかは重要な課題。ごはんの会では、全4回のプログラムの中で、バランス・カロリー・予算を考え、できあいの惣菜も利用して、楽ちんで負担の少ないメニューを考え、調理まで行っています」と、看護部長。

創意工夫を伺う独自の取り組み

クリーンアップキャンペーンの写真

病院独自の取り組みが多いというウワサは、本当だったんですね!「ええ。『クリーンアップキャンペーン』も、職員と患者様の有志で続けている独自の取り組みです」と、写真を見せていただきました。地域のゴミ拾いをしているんですか?「ええ。タバコのポイ捨てを中心としたゴミ拾いです。月に一度行っているのですが、当院では職員の私服勤務を認めているので、患者様が地域に出ても、医療職と一緒にいることが気付かれず、周りの目を気にせずにイキイキと活動しています」。

療養病棟

お次は、療養病棟のスタッフステーションへ。「今はちょうど、退院支援カンファレンスの最中。長期入院も可能な療養病棟でも、退院をゴールに設定しているので、在宅復帰率はかなり高いです。多職種がチームを組み、褥瘡対策や、ADL維持・向上に取り組んでいるため、身体介助ニーズも低く、リハビリや病棟イベントを楽しむ患者様が多いですよ。ご自分で食堂でご飯を食べること、トイレで用をたすことを頑張って援助しています」。

急性期病棟

つづいて、急性期病棟にやってきました。「看護部にはママさんが多く活躍しているので、子育てサポートを充実させています。こちらは、子育て中の看護助手です」と、紹介してくれました。仕事と子育ての両立、うまくいっていますか?「はい。毎日ほぼ定時で退勤できるので、保育園のお迎えに遅刻したことはありませんし、有休は希望に合わせて取得できるので、子どもの行事には必ず参加できています」と、看護助手さん。

急性期病棟

廊下に、多職種の皆さんが集まってくれました。どんな方におすすめの職場ですか?「当院は、9:00~17:00の実働7時間で、有休消化率がほぼ100%なので、年齢を重ねても働き続けたい方におすすめです。経験豊富なベテランスタッフが多いので、精神科が未経験の方や、ブランクがある方にも、手厚くサポートしています」と、皆さん。それは安心です。

症例発表会の写真

「こちらは、先日開催した『症例発表会』の写真。毎月勉強会や事例検討会を開催しているので、精神科の知識が豊富な職員も多く、年に一度、発表の場を設けているんです」と、看護部長さん。勉強会は、どんなテーマで開催されるんですか?「教育委員会が現場のニーズを拾い、精神疾患に関するもので、職員が興味のあるテーマで企画しています」。また、大学から高名な心理の先生を毎月お招きして、助言もいただいているそうです。

作業療法室

お次は、作業療法室へ。とても広いスペースですね!「ええ。このスペースを活かして、個別的なアプローチだけでなく、さまざまな集団的療法も開催しています。内容は、体操や作品づくりにとどまらず、その人らしい生活を送れるように、自立生活のためのいろいろな支援を行っています。退院後もリハビリを継続していただけるよう、外来OTも行っています」と、作業療法士さん。

精神科デイケア

病院の2階フロアには、精神科デイケアが併設されています。「デイケアは、一般のデイケアと復職支援デイケアがあり、それぞれ定員50名の大規模デイケアです。実に豊富なプログラムを組んでいて、内容は、趣味的に楽しむものから心理教育、就労支援、スポーツ活動など多岐にわたり、退院後の更なる回復もサポートしているんです。復職支援を行うリワークは、おかげ様で良い評価をいただいていて、病棟からの試験参加も行っています」。

忘年会の写真

最後は、毎年大盛況の職員行事「忘年会」の写真を見せていただきました。「今日は院長外来が忙しく、自慢の院長を紹介できなくて残念。当院の院長は、職員行事にとても力を入れていて、自ら率先して盛り上げ役になってくれます。他の医師も気さくな方ばかりで、写真の中で仮装をしている3人は、全員医師です(笑)。ちなみに院長は、一番右。飾らない人柄で、患者様にも職員にも大人気なんです」と、看護部長。素敵な院長ですね!今日はありがとうございました。

介護21スタッフが聞く「で、実際のところは?」見学後記

帰り道

――おつかれさまでした。独自の取り組みを充実させている精神科病院、いかがでしたか。
うわさ通り、さまざまな独自の取り組みを導入し、患者様の退院を応援していました。急性期病棟では3カ月以内の退院、精神療養病棟では時間をかけながら退院に導くサポートを行っていて、精神保健福祉士、作業療法士、看護師や看護助手も心身のリハビリに取り組んでいるそうです。また、退院後は訪問看護で地域での生活を支えているそうです。
――見学をしていて、印象に残ったことはありましたか?
患者様の心を整えるために、「マインドフルネス瞑想」を取り入れていることです。マインドフルネス瞑想とは、医療機関だけでなく、世間一般でも注目を集める心理療法で、不安やストレスの軽減はもちろん、睡眠の質の向上や、集中力アップにも効果的なんだとか。
――では、ここはちょっと、というところは?
看護部長としては、スキルアップの機会を更に充実させいきたいそうです。家庭を持つ職員が多いので、勤務時間外の勉強会の参加率は低いため、できるだけ勤務時間内に勉強会の時間を設けるなど、いろいろ工夫しているそうです。
――最後に、ここだけの話をひとつお願いします。
職員食堂のランチは、1食280円とリーズナブルな上に、とても美味しいと評判なんだとか。手の込んだメニューばかりで、カレーや揚げ物が大人気とのこと!昼休みには、たくさんの職員で賑わうそうですよ。

オープンな精神科病院で、在宅復帰支援に関わりたい方

未経験から精神看護を深めていきたい方

募集職種を見る