医療法人社団 全仁会

宇都宮中央病院 Webで病院見学

おうちでゆっくりご覧いただける、病院見学の体感コンテンツです。

supported by 医療21
  1. HOME  > 
  2. 栃木県  > 
  3. 宇都宮市  > 
  4. 医療法人社団 全仁会 宇都宮中央病院  > 
  5. webで病院見学
おうちでゆっくり見学できます。webで病院見学
職場の舞台裏、もっと知りたい…。実際の様子やスタッフを見たい…。そんなあなたに代わって、見学に行ってきました!写真と文章でお届けします。ゆっくりご覧ください。

医療法人社団 全仁会

宇都宮中央病院

( ケアミックス型病院 )

編集部が取材しました

見学の下調べ

スキルアップなら急性期病院と考えがちですが、高齢化が進む今の時代は、慢性期の看護スキルも役に立ちそう!それに慢性期看護は、患者様にじっくりと向き合える点でも魅力的ですよね。「宇都宮中央病院」は、急性期治療後の医療サービスに切れ目なく対応する地域密着型病院。時間と心に余裕を持って働きながら、スキルアップも目指せる環境を整えているそうなので、さっそく見学に行って、その実態を確かめてきます!

形 態
ケアミックス型病院
所在地
栃木県宇都宮市/宇都宮駅
病床数
198床(一般病棟50床、障害者施設等病棟88床、療養病棟60床)
百聞は一見にしかず見学開始!!

玄関

「宇都宮中央病院」があるのは、「宇都宮駅」東口から徒歩1分の好立地。玄関では、看護師の大森さん(写真左)と村上さん(写真右)が迎えてくれました。「ようこそ!当院周辺は街の再開発工事の計画があり、これから更に活気溢れるエリアになる予定です。2022年には、高層ホテル、分譲マンション、商業施設などが完成するんですよ」。それは楽しみ~!

玄関ロビー

玄関を入ると、ロビーで立派なグランドピアノを発見!「当院の理事長は音楽と芸術が好きで、ロビーに患者様や地域の方を招待し、コンサートや作品展を定期開催しています。趣味で声楽を学んでいるので、本格的なオペラを披露してくれることもあるんですよ」。

コンサートの様子

「こちらがクリスマスコンサートの時の写真です」と見せてくれました。子どもたちも参加しているんですか?「はい、コンサートでは、院内保育室の子ども達による歌の発表も行っています。入院中の患者様にとって、かわいい子どもたちの歌声は励みになっているんですよ。また、作品展では職員も作品を展示できるので、カメラが趣味の職員は、いつも張り切って写真を飾っています」。素敵な取り組みですね。

特徴は”名”を聞く名物・名所・名スタッフ

病室

病室へ伺うと、松岡院長が回診を行っていました。「院長は高血圧・循環器内科の専門医で、普段は外来で診療をしていますが、週に一度は病棟を回診しています。物腰が柔らかく、おおらかな人柄なので、患者様にもスタッフにも大人気!院長は現場の声にも耳を傾けてくださる方で、回診時は看護師ともコミュニケーションを取って連携しています」と、お2人。とても素敵な院長ですね。

ナースステーション

お次は、特定行為の研修を修了した阿久津看護師長にお会いしました。「入職当初は看護助手でしたが、当院の奨学金制度を利用して看護師の資格を取得し、キャリアアップのために特定行為の研修にチャレンジしました。当院初の試みでしたが、皆さんが応援してくれて、約1年にわたる研修期間も手厚くサポートしてくださり、とても感謝しています」と、看護師長さん。呼吸器・ろう孔管理・動脈血液ガス関連などの3区分を修了し、専門性を活かして活躍しているそうです。

創意工夫を伺う独自の取り組み

デイルーム

賑やかな声が聞こえるデイルームを覗くと、病棟アクティビティが行われていました。「長く入院されている患者様が多いため、入院生活に楽しみを持っていただけるように、看護補助者が中心となってアクティビティケアを行っています。ゲームやレクリエーションなどを通して患者様の笑顔を引き出し、心身の活性化につなげているんですよ」と、お2人。患者様とのコミュニケーションを大切にしているんですね。

ナースステーション

入職1年目の村上さんは、先輩の指導を受けることも多いんだとか。入職時に慢性期看護の経験はありましたか?「いいえ。以前は忙しい急性期の病院に勤務していて、患者様とじっくり向き合える看護に憧れて、当院に転職しました。看護部では、未経験から慢性期看護に挑戦しやすいように、入職後はプリセプター制度によるOJTを行っているので安心ですよ」と、村上さん。

ナースステーション

「こちらは、いつもお世話になっている看護主任のお2人です」と、紹介していただきました。「看護部には中途入職者が多いため、能力に合った学びができるようにクリニカルラダーを導入し、継続的な成長を応援しています。外部研修の費用負担制度が整っているため、ほとんどの管理職が看護管理者教育課程のファーストレベル・セカンドレベルの研修を受講していますし、スペシャリストの道を志し、認知症看護認定看護師の資格を取得した仲間もいます」と、お2人。

透析センター

つづいて、透析センターを案内していただきました。「ベッドは44台あり、最新の透析装置であるI-HDF(間歇補充型血液透析濾過)も導入しています。駅から近い立地を活かして、お仕事帰りの夜間透析に対応したり、出張や旅行中の臨時透析に対応したりと、柔軟なサービスに取り組んでいるんです」。透析患者様も入院されているため、透析看護の専門性も身に付けられるんだとか。

ホスピア宇都宮

お次は、病院の6階~9階に併設された老健「ホスピア宇都宮」へ。「入所定員は129名で、1日定員30名の通所リハビリも展開しています。当院を退院後に利用される方も多いですし、老健を利用中に体調を崩されて、当院に入院される方も多いので、老健のスタッフとは密に連携しています。近隣には、同法人の訪問看護事業所、地域包括支援センター、居宅介護支援事業所などもあり、法人内のネットワークを強みに、急性期治療後の医療サービスを切れ目なく提供しているんです」。

裏付けされた”自信”を聞く職場自慢

院内保育室

病院の10階には、24時間対応の院内保育室が完備されていました。仕事と子育てを両立している職員は多いですか?「とても多いです。病棟は比較的落ち着いているため、毎日ほぼ定時退勤が可能で、時短勤務などのライフスタイルに合わせた働き方が選べるため、産休・育休後も復帰する職員がほとんどです。院内保育室に魅かれて、結婚や出産を機に入職する方もいるんですよ」と、お2人。

職員食堂

最後は、職員の皆さんに人気の職員食堂にやってきました。「当院では、栄養・調理部門を直営にして『手作りの食事』にこだわっているので、毎日手の込んだメニューが提供され、本当に美味しいんです!ランチは1食330円とお手頃な値段で、月に一度はイベント食として、季節感のある豪華な御膳料理が提供されます」と、お2人。魅力的な福利厚生ですね!今日はありがとうございました。

介護21スタッフが聞く「で、実際のところは?」見学後記

帰り道

――急性期以降の医療サービスに切れ目なく対応する地域密着型病院、いかがでしたか?
未経験から慢性期看護のプロを目指せる教育体制が整っていて、クリニカルラダーを活用しながら継続的な成長を目指せる環境でした。看護部では、認定看護師の資格や、特定行為の研修支援なども行っていて、ゆったり働きながらキャリアアップを実現している方が多かったです。
――働きやすさはどうでしたか?
急変や緊急処置が少なく、予定通りに業務が進むため、残業はほとんどなく、私生活を大切にすることができます。休みの希望が通りやすく、有休消化率は99%なので、プライベートを充実させたい方には特にオススメの職場です。院内保育室や時短勤務制度など、子育てサポートも整っているので、ママさん看護師も多く活躍していました。
――では、ここはちょっと、というところは?
副看護部長さんとしては、業務の効率化に向けて、少しずつ最新設備を導入していきたいそうです。カルテも紙ですが、所属する「大坪会グループ」では電子カルテへの移行が進んでいるようなので、近いうちに切り替わると思います。
――最後に、ここだけの話をひとつお願いします。
「大坪会グループ」は、関東を中心に多くの病院・介護施設を展開している大手グループで、グループ合同の研修や、学術集会なども行われるそうです。研修会場は東京にあるグループ病院が多いそうで、研修帰りに東京でショッピングなども楽しめるんだとか。

慢性期の看護に興味があり、未経験から挑戦したい方

仕事と家庭を両立しながら、キャリアアップも目指したい方

募集職種を見る