1. HOME  > 
  2. 埼玉県  > 
  3. 越谷市  > 
  4. 医療法人 秀峰会 北辰病院  > 
  5. webで病院見学
おうちでゆっくり見学できます。webで病院見学
職場の舞台裏、もっと知りたい…。実際の様子やスタッフを見たい…。そんなあなたに代わって、見学に行ってきました!写真と文章でお届けします。ゆっくりご覧ください。

医療法人 秀峰会

北辰病院

( 精神科病院 )

編集部が取材しました

見学の下調べ

入職時教育が手厚い職場は、人材をとても大切にしていそうですよね。埼玉県越谷市で精神科急性期医療を展開する「北辰病院」は、相手を思いやり助け合う精神を養っていくため、特徴的な新人研修プログラムを用意しているそうです。新人さんの職場満足度向上のために、福利厚生や子育てサポートなども充実させているらしいので、さっそく見学に行って確かめてきます!

形 態
精神科病院
所在地
埼玉県越谷市/新越谷駅
病床数
238床(心療内科60床、精神科178床)
百聞は一見にしかず見学開始!!

玄関

「北辰病院」へのアクセスは、「新越谷駅」か「東川口駅」からの無料送迎バスが便利。どちらの駅からも、10分程で病院に到着します。玄関で迎えてくれたのは、スーパー救急病棟の看護師長を務める只野さん。「ようこそ!全238床の当院は、病棟ごとに特色が異なるため、それぞれの病棟スタッフに案内役をバトンタッチしながら、職場の魅力を詳しくお伝えしますね」。

スーパー救急病棟 ナースステーション

スーパー救急病棟のナースステーションへ伺うと、新人さんが先輩の指導を受けていました。「新人さんには、約1週間の入職時オリエンテーションを開催後、本人の希望・適性に合わせた部署配属を行っています。現場教育にはプリセプター制度を、集合教育には1年間の研修プログラムを導入し、新卒者にも中途入職者にも手厚い教育サポートを行っているんです。当院の研修プログラムはとてもユニークな内容で、新人さんに大好評なんですよ」と、只野さん。

創意工夫を伺う独自の取り組み

新人研修の様子

「新人研修の一つ、自転車体験研修の写真です」と、只野さん。自転車に乗るんですか?「 はい。クロスバイクで全長約80kmのサイクリングコース『つくば霞ヶ浦りんりんロード』などの完走を目指します。また、当院の田んぼで田植え・稲刈り・脱穀を行う『農業体験研修』も特徴的で、全職種の新人が参加しているんですよ」。仲間と協力しながら成し遂げることで、「思いやりの心」を育むことができるそうです。

スーパー救急病棟

つづいて、5歳のお子さんを持つママさんナースを紹介していただきました。職場の子育てサポートは利用していますか?「はい。育休明けは2年間保育室を利用させていただき、現在は時短勤務で働いています。妊娠中はつわりがひどくて大変でしたが、院内には畳の休憩室があり、布団を敷いて横になれるので助かりました」と、ママさんナース。社員旅行のバスツアーにも、お子さんと一緒に参加しているそうです。

スーパー救急病棟

スーパー救急病棟は慌ただしい職場を想像していましたが、穏やかな雰囲気ですね。「ええ、 入退院が一番多い病棟ですが、残業はほとんど発生していません。他の病棟は、もっとゆったりとした雰囲気なので、ぜひ見学して行ってくださいね」と、只野さん。ここからは、特別差額病棟の看護師長を務める二宮さんにバトンタッチし、全室個室でプライバシーに配慮された病棟へレッツゴー!

特別差額病棟 病室

さっそく特別差額病棟の病室へ。静かで落ち着いた空間ですね。「そうでしょう?当院では、開院当初から精神科患者様が安心して療養できる環境づくりを重視しているんです。病棟の個室率を上げ、快適な生活空間を整えた結果、心の機能回復も早まり、多くの患者様が50~60日程の入院で退院されています」。北辰病院の平均入院期間は、全国の精神科病院の中でも極めて短く、注目を集めているんだとか。

職員食堂

つづいて、特別差額病棟の隣にある職員食堂へ。「栄養満点の手作りランチは、1食108円とリーズナブル!ほとんどの職員が利用しているので、お昼休みはとても賑やかです。食堂とは別に休憩室もあり、マッサージチェアや足もみほぐし器、エアロバイクなどのトレーニング機器などが完備されているんですよ」と、二宮さん。近隣の関連施設の認知症専門デイケア内には、図書室やインターネット環境の整った勉強スペースもあるんだとか。

特徴は”名”を聞く名物・名所・名スタッフ

職員食堂

見学中に、看護次長の中村さんにバッタリ遭遇。北辰病院では、人材育成にすごく力を注いでいるそうですね。「ええ、当法人の教育目標は『思いやりの心』を育むこと。知識や技術を学ぶ前に、心を磨いて人間力を高めることが何よりも大切と考えています。秀峰会では、仲間の『思いやりエピソード』を集めて、優秀な職員を毎年表彰しているんです」と、中村さん。食堂の壁には、「思いやり大賞」を受賞した方のエピソードがたくさん掲示されています。

心療内科病棟 楽山

お次は、心療内科病棟「楽山」の看護師長代理を務める丸山さんにバトンタッチ。「院内は、精神科急性期に特化した『北辰』と、心療内科に特化した『楽山』に分けられていますが、看護部は同じなので、研修や委員会活動は合同で行っています。楽山の入院患者様は、うつ病などのストレス関連疾患を抱える方が中心で、心の休息を求めている方が多いため、病棟内のインテリアにこだわり、5つ星ホテルのような居心地を追求しています」と、丸山さん。

心療内科病棟 楽山

職員の皆さんのユニフォームも、おしゃれで素敵ですね!「ユニフォームのデザインは数十種類あり、どれも医療職らしくない雰囲気なんです。楽山のコンセプトは、高級ホテルの設備とメンタル医療を融合させたリラクゼーション空間なので、会社のお休みを利用して、自分へのご褒美として利用される患者様も珍しくありません。患者様は周辺地域にお住まいの方だけでなく、東北や九州など、全国各地からいらっしゃいます」と、皆さん。

裏付けされた”自信”を聞く職場自慢

心療内科病棟 楽山 エステルーム

最後は、楽山のエステルームを見学させていただきました。「治療の一環として、アロママッサージやスパトリートメントを取り入れ、心のリフレッシュと同時に、血行やリンパの流れも改善しています。新しい施術メニューは、職員に提供してから導入しているため、職場で本格的なエステを受けられる機会もあるんです」と、丸山さん。精神科救急から心のメンテナンスまで、本当に幅広く対応しているんですね。今日はありがとうございました!

介護21スタッフが聞く「で、実際のところは?」見学後記

帰り道

――おつかれさまでした。入職時教育に力を注ぐ精神科病院、いかがでしたか?
教育内容だけでなく、医療サービスにも独自性が満載で、とても見応えのある病院見学でした。入職時教育は、自転車体験研修、農業体験研修、地域清掃など、業務以外の内容を充実させていて、「思いやりの心を磨くこと」を最初の一歩としているんだとか。精神科に関する知識・技術は、働きながら身に付けて行けるように、プリセプター制度によるOJTで対応していました。
――入職時教育の評判はどうでしたか?
とても好評でした!入職したばかりの新人さんの声を聞きましたが、長距離サイクリングや、お米づくりなどの貴重な体験を通して、同期との絆が深まったそうです。特に自転車体験研修は一大イベントだそうで、先輩方が新人さんのために約20台のクロスバイクを霞ヶ浦へ運び、管理職の皆さんも新人さんを応援するために参加しているそうです。
――では、ここはちょっと、というところは?
看護部長としては、継続教育をより充実させて、精神科認定看護師などのスペシャリストを育成していきたいそうです。安全で開放的な病院づくりのために、行動制限最小化に向けた外部研修の参加者や、CVPPP(包括的暴力防止プログラム)のトレーナー研修の参加者は多いそうで、更に上のキャリアを目指せる環境を整えていきたいとことでした。
――最後に、ここだけの話をひとつお願いします。
中堅以上のスタッフへの研修プログラムとして、福祉の最前線を学ぶ「スウェーデン研修」を毎年開催しているんだとか。2~4週間にわたってスウェーデンの福祉施設を見学し、現地で得た学びを発表する講演会も行われていました。

入職時教育が充実している精神科病院で働きたい方

精神科救急に興味があり、深めていきたい方

募集職種を見る