医療法人 新光会

生田病院 Webで病院見学

おうちでゆっくりご覧いただける、病院見学の体感コンテンツです。

supported by 医療21
  1. HOME  > 
  2. 神奈川県  > 
  3. 川崎市多摩区  > 
  4. 医療法人 新光会 生田病院  > 
  5. webで病院見学
おうちでゆっくり見学できます。webで病院見学
職場の舞台裏、もっと知りたい…。実際の様子やスタッフを見たい…。そんなあなたに代わって、見学に行ってきました!写真と文章でお届けします。ゆっくりご覧ください。

医療法人 新光会

生田病院

( 精神科病院 )

編集部が取材しました

見学の下調べ

看護師の転職は売り手市場と言っても、「未経験」「子どもが小さい」「ブランクあり」などの事情で悩んでいる方もいますよね。川崎市多摩区で精神科医療を展開する「生田病院」では、新卒・中途・潜在看護師も含めた幅広い採用活動を行っているとのこと。手厚い教育サポートを活かして、年齢もキャリアも不問の採用を行っているそうなので、さっそく見学に行って働く魅力をチェックしてきます!

形 態
精神科病院
所在地
神奈川県川崎市多摩区/百合ヶ丘駅
病床数
300床(精神科急性期治療病棟60床 精神一般病棟60床 精神療養病棟180床)
百聞は一見にしかず見学開始!!

玄関

「生田病院」へのアクセスは、小田急線「百合ヶ丘駅」と病院を結ぶ無料送迎バスが便利。「読売ランド前駅」からは徒歩15分ほどです。無料の職員駐車場も完備されているので、バイクや車で通勤される方も多いんだとか。玄関では、卒後1年目の看護師の金野さん(写真左)と村田さん(写真右)が迎えてくれました。お2人とも看護助手経験が長く、法人の奨学金制度を利用して、子育てをしながら看護師の資格を取得したそうです!

外来待合ロビー

玄関を入ると、開放的な雰囲気の外来待合ロビーが広がっていました。「当院では、外来受診時の健康相談・指導だけでなく、在宅生活も支えていけるように、外来看護師が訪問看護業務も行っています。現在、月120名ほどの外来患者様のお宅に出向いており(2019年11月)、状況に応じて作業療法士や精神保健福祉士も訪問しているんですよ」。近隣地域には、同法人の訪問看護ステーションも2つあるそうです。

ナースステーション

ナースステーションへ伺うと、松澤看護部長にお会いすることができました。看護部では、幅広い層を対象に採用活動を行っているそうですね。「ええ、中途採用では即戦力となる人材だけでなく、精神科未経験者や第二新卒者もターゲットとし、潜在看護師の復職も応援しています。2019年度からは、こちらのクリニカルラダーを改定して、レベル別の研修プログラムを一層充実させることで、キャリア教育の強化を図っています」と、看護部長。

eラーニングの様子

「こちらのeラーニングも、2019年度から導入した教育サポートです」と、紹介してくれました。「個人のパソコンやスマートフォンからだけでなく、空き時間には職場のパソコンからも研修動画を視聴可能で、精神科の基礎的学習からリスクマネジメント、管理者向けの研修まで、テーマも充実しています」。看護部では、院内研修も毎月開催して、院外研修にも積極的な参加を推進しているんだとか。

裏付けされた”自信”を聞く職場自慢

ナースステーション

看護部の皆さんが集まってくれたので、職場の魅力ついて伺ってみましょう!どんなところが働きやすさにつながっていますか?「年間休日が120日以上(+有休)と充実していて、勤務時間も9時~17時と無理がないので、ワークライフバランスを大切にできるところですね。日勤常勤や時短勤務などの働き方も用意されているので、子育て中のスタッフも多く、男性看護師の育休取得実績もあるんですよ」と、皆さん。

病室

病室を覗くと、新人指導が行われていました。「新卒者には1年間のプリセプター制度があり、中途入職者にも必要に応じて指導担当者を付けて、マンツーマンのOJTを行っています。当院は、看護実習の受け入れや新卒採用に積極的なので、指導力の高い看護師が揃っていて、臨床経験の浅い第二新卒者や、長いブランクのある方にもきめ細かいサポートができているんです」と、お2人。

特徴は”名”を聞く名物・名所・名スタッフ

病棟

つづいて、CVPPP(包括的暴力防止プログラム)トレーナーの資格を取得した男性看護師さんを紹介していただきました。「以前から興味のある資格だったので、上司に相談をすると快く外部研修に送り出してもらえて、研修費用は病院が負担してくれました。当院では、不穏・興奮状態の患者様にも尊厳を守った対応をとると同時に、働く側の安心・安全を守るため、8名のCVPPPトレーナーが医療安全委員会と連携し、定期的に研修を開催しています」と、男性看護師さん。

病棟

「こちらの看護助手は、もうすぐ看護学校を受験する予定なんですよ」と、お2人。看護助手さん、働きながら看護学校に通う看護助手さんは多いんですか?「はい、奨学金制度を利用できるので、ほぼ毎年チャレンジする方がいます。社会人経験が長いと、数学や英語などの一般科目の勉強が大変だったりするんですが、当院では勤務調整で勉強時間を確保してくれます」。手厚くバックアップしてくれるんですね!

精神科デイケア

お次は、併設された精神科デイケアへ。「スムーズな社会復帰のために、退院後はデイケアに通う患者様が多くいます。こちらでは、生活リズムを取り戻すプログラムに加えて、就労を目指す方へのプログラムも開催しており、毎日多くの利用者様で賑わっているんですよ」と、お2人。他にも、居宅介護支援事業所と相談支援事業所が併設されていて、近くには同法人の高齢者グループホーム、障害者グループホームがあるんだとか。

送迎バス駐車場

病院の駐車場には、無料送迎バスが停まっていました。「電車通勤者の大半は送迎バスを利用していて、私も以前は使っていました」と、金野さん。業務が終わらず、バスに乗り遅れることはなかったですか?「ないですね。どの部署も『残業ほぼゼロ』を実現しているので、余裕を持って乗車できると思います。1日4~5名の入院を受け入れる急性期病棟でも、『定時に帰ろう!』と協力しているので、残業はほとんど発生していません」。それは素晴らしい!

裏付けされた”自信”を聞く職場自慢

職員食堂

最後は、お2人がお気に入りの職員食堂にやってきました。「職員食堂は無料で利用できる福利厚生で、ほとんどのスタッフが利用しています。夜勤の時は、朝食と夕食まで提供されるんですよ!他にも、会員制リゾートホテルの割引や、テーマパークなどのレジャー施設の割引チケット、スポーツクラブの会員割引など、いろいろな福利厚生が揃っています」と、お2人。それは魅力的!今日はありがとうございました。

介護21スタッフが聞く「で、実際のところは?」見学後記

帰り道

――おつかれさまでした。幅広い採用活動を行う精神科病院、いかがでしたか?
うわさ通り採用の間口が広く、看護部には20代から70代まで、さまざまな年齢・キャリアのスタッフが活躍していました。看護部長が男性なので、男性看護師の働きやすさ・キャリア形成にも理解があり、男性の育休取得実績まであるとのこと。看護助手の採用にも積極的で、奨学金制度を用意し、働きながら看護師を目指す道も応援しているそうです。
――働きやすさはどうでしたか?
希望休が取得しやすく、残業がほとんど発生しないため、スタッフの皆さんは働きやすさにとても満足しているようでした。お子さんが小さいうちは、時短勤務や日勤常勤などの働き方を選ぶこともできるそうで、産休・育休後の復帰率はとても高いそうです。
――では、ここはちょっと、というところは?
看護部長としては、まだ紙カルテを利用していることが気になっているようです。ただ、2021年度には、電子カルテの導入を計画しているそうで、ペーパーレス化と業務の効率化を図っていきたいそうですよ!
――最後に、ここだけの話をひとつお願いします。
看護部には、夫婦で働いている方、姉妹・親子で働いている方も多く、家族の紹介で入職されるケースが珍しくないそうです。実は、見学の案内をしてくれた金野さんと村田さんは高校の同級生だそうで、お2人のご家族もこちらの病院に勤務しているそうですよ!

精神科に興味があり、子育てやプライベートを大切にしながら働きたい方

看護助手・准看護師から看護師の資格取得を目指している方

募集職種を見る