1. HOME  > 
  2. 千葉県  > 
  3. 白井市  > 
  4. 医療法人社団 東光会 北総白井病院  > 
  5. webで病院見学
おうちでゆっくり見学できます。webで病院見学

医療法人社団 東光会

北総白井病院

( 一般病院 )

編集部が取材しました

見学の下調べ

今まで積み上げたキャリアが、出産・育児でリセットされてしまうのはとても残念。子どもに手がかかるうちは育児優先でも、好きな仕事は続けていきたいですよね。働く看護師の半数以上が育児経験者という「北総白井病院」には、充実した保育室が完備され、子どもの成長に合わせて働き方を変えられる環境が整っているとのこと。さっそく見学に行って、その真相に迫ってきます!

■形 態 :
一般病院
■所在地 :
千葉県白井市/鎌ヶ谷大仏駅
■病床数 :
158床
百聞は一見にしかず見学開始!!

玄関

大仏様が見守る駅として、「関東の駅百選」に選ばれている「鎌ヶ谷大仏駅」周辺は、全国有数の梨の産地。駅から少し離れると、豊かな自然が楽しめるレジャースポットがたくさんあります。「北総白井病院」へのアクセスは、駅からバスで約12分。広い敷地内には、老健と訪問看護ステーションが併設されています。玄関で迎えてくれたのは、看護部長の山本さん。「ようこそ!今日は、当院で働く魅力をたっぷりご紹介しますね」。

裏付けされた”自信”を聞く職場自慢

外来待合室

玄関を入り、外来の待合室へ。待合スペースが広いですね~。「当院の外来診療科目は幅広く、専門外来や小児科もあるので、子どもからお年寄りまで、幅広い世代の患者様が来院されます。特に小児科は、地域からの評判が高く、職員の中にも自分の子どもを受診させている方が多いようです。当院の保育室利用中にお子さんの具合が悪くなった場合は、仕事を抜けて小児科を受診することを許可しているんですよ」と、看護部長。それは安心。

保育室

つづいて、敷地内にある保育室を案内していただきました。「定員は1日50名で、他職種、パート職員、グループ施設の職員も利用しているので、約80名もの子どもが登録しています(2018年6月)。保育対象は、生後7ヶ月~小学校3年生で、安静室も設けているので、微熱や風邪程度であれば、病児保育にも対応してもらえます」。幼稚園バスの乗り入れもある上、夜間のみ、土日のみといったスポット的な利用も可能だそうです。

裏付けされた”自信”を聞く職場自慢

病棟

病棟へ伺うと、職員の皆さんが迎えてくれました。子育て世代が多く活躍しているそうですね。「はい。家庭の事情に合わせた働き方ができるので、産休・育休後も迷わず復帰する職員がほとんど!お子さんが小さいうちは半日パートからスタートして、1日パート→時短勤務→日勤常勤→夜勤少なめと、子どもの成長に合わせて働く時間を増やすこともできます。子育てに理解のある職場なので、2人目、3人目を出産する職員も多いですよ」と、皆さん。

特徴は”名”を聞く名物・名所・名スタッフ

病棟

お次は、教育担当をしている山口さんを紹介していただきました。「ママさん看護師が多い当院では、時間や場所を選ばずに学習できる『eラーニング』を導入しています。心電図モニターの見方、認知症ケア、感染予防対策など、幅広い講義をパソコンやスマホで受けられるんです」と、山口さん。ママさんにはとても助かりますね。

ナースステーション

病室を覗くと、新人さんが先輩の指導を受けながら患者様に対応しています。「当院では、中途入職者にもプリセプターを付け、経験に合わせた指導計画を立てているので、育児ブランクなどがあっても大丈夫。研修にも参加しやすいよう、ほとんど昼休みに開催していますし、半年間にわたる『中途入職者研修制度』も確立しているので、学べる環境はしっかり整っています」と、看護部長。

特徴は”名”を聞く名物・名所・名スタッフ

ナースステーション

「こちらは、感染管理認定看護師を取得した植草さん(写真右)。子育てが一段落したのを機に、当院初の認定看護師の資格取得に挑戦したんです」と、紹介してくれました。資格を取得する際、職場のサポートはありましたか?「はい。約半年にわたる研修中も、基本給を支給していただけて、経済的にとても助かりました。資格取得後は、専門活動に従事できる時間も確保してもらえているので、学んだ知識を存分に活かせています」と、植草さん。

研修室

今日は特別に、研修の様子を見学させていただけることに!いろいろな職種の方が集まっていますね。「ええ。より質の高いチーム医療を目指して、2018年度から多職種連携教育に取り組んでいます。全職種合同で学ぶ研修プログラムを充実させて、看護部のラダー別研修にも、他職種の参加を呼びかけているんですよ」と、看護部長。職種を越えたチーム力が、一層高まりそうですね!

透析室

つづいて、透析室へやってきました。「当院は、患者層や地域の要望に合わせて医療体制を見直していて、2015年の新築リニューアルを機に、透析室を開設しました。周辺地域は高齢化が進んでいるので、透析ニーズはとても高いんですよ」と、看護部長。近隣に暮らす人々の要望に応え続けているとは、さすが地域密着型病院。

創意工夫を伺う独自の取り組み

廊下

廊下には、市民講座のお知らせポスターがたくさん掲示されています。「地域との交流を大切にするため、定期的に、知って得する『知得(しっとく)教室』という市民講座を企画し、地域の皆さんを病院に招いています。感染予防や糖尿病など、健康に関するさまざまなテーマを多職種が講義し、体操などを交えながら、楽しく学んでもらっているんです」と、写真を見せていただきました。

食堂

最後は、職員の皆さんに大人気の食堂を案内していただきました。「食堂のランチは、1食230円というお手頃な価格。栄養バランスの整った手作りメニューが食べられるので、多くの職員が利用しています。新築リニューアルの際、休憩室や食堂などの職員用スペースは、余裕のある空間設計にこだわったので、ゆったりくつろぐことができますよ」と、看護部長。働く魅力をたくさん発見できました!今日はありがとうございました。

介護21スタッフが聞く「で、実際のところは?」見学後記

帰り道

――お疲れさまでした。子育て中も無理なく働ける病院はいかがでしたか?
ライフスタイルに合った勤務形態や、働く時間の相談に乗ってもらえるので、小さなお子さんがいる方や、出産を控えている方にはメリットの多い職場だと思います。歴史ある病院ですが、2015年に新築リニューアルし、医療機器や物品もほとんど一新したのだとか。
――勤務形態や勤務時間は、希望を通してもらえるのでしょうか?
はい。看護部長が随時相談に乗ってくれるそうです。子どもが小さいうちはパートとして働く方が多いようですが、希望の曜日・時間帯は、職員の家庭の事情に配慮して決めているとのこと。常勤の場合も、夜勤を減らしたり、免除することができるそうですよ。
――では、ここはちょっと、という点は?
病院全体で、「チーム医療」をもっと普及させることを課題にしているのだとか。でも、2018年度から多職種で学ぶ研修プログラムが増えたので、今後に期待できそうです!
――最後に、ここだけの話をひとつお願いします
病院周辺は梨の名産地なので、桜の花が終わる頃になると、真っ白なじゅうたんを敷き詰めたような梨畑を見ることができるそうです。実りの季節になると、地主さんが美味しい梨をお裾分けしてくれるそうですよ。

仕事と子育ての両立を目指している方

多職種協働のチーム医療を学びたい方

募集職種を見る