医療法人社団 聖仁会
白井聖仁会病院 Webで病院見学

おうちでゆっくりご覧いただける、病院見学の体感コンテンツです。

supported by 医療21
  1. HOME  > 
  2. 千葉県  > 
  3. 白井市  > 
  4. 医療法人社団 聖仁会 白井聖仁会病院  > 
  5. webで病院見学
おうちでゆっくり見学できます。webで病院見学
おうちでゆっくり見学できます。webで病院見学

医療法人社団 聖仁会

白井聖仁会病院

( ケアミックス型病院 )

編集部が取材しました

見学の下調べ

白井聖仁会病院の見学の下調べ

新しい挑戦を続けている病院は、活気があって職員もいきいきとしていますよね。地域の中核病院としての役割を担う「白井聖仁会病院」は、2016年の新築移転後も、地域の方や職員に愛され続ける病院を目指して進化を続けているそうです。看護部では、病院と一緒に成長していける人材を歓迎し、スキルアップ・キャリアアップを応援しているそうなので、さっそく見学に行って、その実態を確かめてきます!

形 態
ケアミックス型病院
所在地
千葉県白井市/白井駅
病床数
192床(一般88床、療養84床、緩和ケア20床)
※マスクなしの写真は撮影時のみマスクをはずしています。もしくは以前の写真です。

百聞は一見にしかず見学開始!!

白井聖仁会病院の玄関

玄関

「白井聖仁会病院」へのアクセスは、緑豊かな千葉ニュータウンの一角にある「白井駅」北口から徒歩10分。目の前には白井市役所があり、広い敷地内には特養「さつきの里」が併設されています。玄関で迎えてくれたのは、急性期病棟で働く入職1年目の看護師さん。「ようこそ!当院は2023年度に病棟の再編成を行い、急性期の患者様を受け入れる一般病床を増やしました。今日は、進化を続ける当院の魅力をたっぷりとご紹介しますね」。

玄関の次
白井聖仁会病院のさつきの里

さつきの里

院内の見学前に、隣接する特養「さつきの里」を紹介してくれました。「こちらの施設は病院と渡り廊下でつながっていて、入居者様の急変時などに迅速に対応しています。施設内には、デイケアや訪問看護ステーション、居宅介護支援事業所なども併設されていて、グループのネットワークを活かしながら、高齢化が進む時代に求められる『地域包括ケアシステム』の構築に貢献しているんです」。

さつきの里の次

裏付けされた”自信”を聞く職場自慢

白井聖仁会病院の食堂

食堂

つづいて、病院と「さつきの里」の間にある食堂を案内していただきました。「こちらの食堂は、本来は誰でも自由に利用することができて、近隣住民の方や面会に訪れるご家族様も利用できるのですが、新型コロナの影響で現在は職員のみの利用となっています。美味しくて栄養バランスも取れた手作りのランチが、1食350円という職員価格で食べられるので、多くの職員から人気を集めています」。嬉しい福利厚生ですね。

食堂の次
白井聖仁会病院の外来待合スペース

外来待合スペース

お次は、広くて開放的な外来待合スペースへ。「当院では多様な専門医を迎えて診療科目を充実させていて、2022年度には外来フロアに眼科と口腔外科の専用診察室を設けました。外来看護師は一般外来の診療介助だけでなく、『内視鏡センター』や『外来化学療法室』の業務も兼務しているため、幅広いスキルが習得可能です。内視鏡センターは、2Fの健診センターと同じフロアにあります」。

外来待合スペースの次

創意工夫を伺う独自の取り組み

白井聖仁会病院の外来化学療法室

外来化学療法室

つづいて、外来化学療法室を案内していただきました。「がんの治療にも力を注ぐ当院では、自宅からの通院で抗がん剤治療が受けられるように、外来化学療法室を設けています。外来化学療法の患者様は1日1~3名で、リラックスして治療を受けられるようにリクライニングチェアを設け、担当看護師が親身に寄り添ってストレス緩和に努めています」。主治医や各部署と連携し、緊急対応も可能な環境を整えているそうです。

外来化学療法室の次
白井聖仁会病院の口腔外科診療室

口腔外科診療室

口腔外科の専用診療室は、2022年度末に開設されたばかりできれいです。「全部で3室があり、1室には手術に対応できる設備を備え、一般歯科医院では対応が難しい親知らずの抜歯から高度な技術を要する悪性腫瘍の治療まで幅広く対応しています。院内他科との連携や入院設備もあることから、全身疾患を持つ高齢の患者様の抜歯や手術も安心・安全に実施できるんです」。

口腔外科診療室の次
白井聖仁会病院の一般病棟のスタッフステーション

一般病棟のスタッフステーション

一般病棟のスタッフステーションに伺うと、多職種カンファレンスが行われていました。「手術件数の増加から、今まで48床だった一般病床を88床に増やし、多職種連携をますます強化中です。週2回の多職種カンファレンスでは、職種間で情報共有・意見交換を行いながら、患者様一人ひとりの目標を明確にし、全職種が同じ方向を向いて取り組めるようにしています」と、皆さん。

一般病棟のスタッフステーションの次
白井聖仁会病院の手術室

手術室

お次は、新たに導入した眼科用の手術台を紹介していただきました。「緊急手術にも対応できるように手術室を2つ設けています」。どんな手術が多いですか?「整形外科と眼科の手術が多く、それぞれ月30~40件実施しています(2023年7月)。また、透析患者様のシャント造設、PTA(経皮的血管形成術)や、乳腺外科の手術にも対応していて、低侵襲な内視鏡下手術も積極的に取り入れているんですよ」と、看護師さん。

手術室の次
白井聖仁会病院の透析センター

透析センター

透析センターでは、看護師さん(写真右)と臨床工学技士さん(写真左)にお会いしました。「オンラインHDF対応の最新の透析機械を40台導入し、外来・入院合わせて約120名の患者様の治療にあたっています(2023年7月)。導入期から維持期の方まで幅広く、併設の『さつきの里』と近隣の介護施設の利用者様の治療も受け入れているんです」と、お2人。透析認定士やフットケア指導士などのスペシャリストも複数名在籍しているそうです。

透析センターの次

特徴は”名”を聞く名物・名所・名スタッフ

白井聖仁会病院の緩和ケア病棟

緩和ケア病棟

緩和ケア病棟に行き、緩和ケア認定看護師さんを紹介していただきました。「緩和ケア病棟には20床のベッドがあり、多職種チームでがん性疼痛のコントロールに取り組んでいます。毎日の病棟カンファレンスに加えて、月2回は『看取り後カンファレンス』を開き、亡くなった患者様のケアの振り返りや、スタッフのメンタルサポートにも取り組んでいるんですよ」と、認定看護師さん。白井市初の緩和ケア病棟で、需要が高まっているそうです。

緩和ケア病棟の次
白井聖仁会病院の保育室・病児保育室

保育室・病児保育室

最後は、保育室と病児保育室を紹介していただきました。「当院では、職員のために24時間対応の院内保育を実施しているほか、小児科外来を活かして病児保育室を開設し、地域の子育て世帯の方の利用も受け入れています」。院内保育室は全職種利用可能で、土日の利用は定員(30名)に達することも珍しくないほど大人気とのこと。今日はありがとうございました。

保育室・病児保育室の次
※マスクなしの写真は撮影時のみマスクをはずしています。もしくは以前の写真です。

医療21スタッフが聞く「で、実際のところは?」見学後記

帰り道

お疲れさまでした。きれいで快適な環境が自慢の地域密着型病院、いかがでしたか?

――お疲れさまでした。きれいで快適な環境が自慢の地域密着型病院、いかがでしたか?

地域の方のニーズに応えて質の高い医療を提供できるように、医療設備を充実させ、専門医を増やしながら、多様な診療を行っていました。歴史ある病院なので、地域からの信頼も厚く、外来患者様数や内視鏡検査・手術件数なども年々増えているそうです。

――働きやすさはどうでしたか?

福利厚生や子育て支援体制が手厚く、院内保育室・病児保育室・小児科外来があるのは、働くママ・パパにとって大きな魅力だと思います。また、「子育て支援金制度」も用意し、保育園・幼稚園・小・中・高・専門学校・大学の入学時には、お祝い金が支給されるそうで、子育て世代の励みになっているとのこと。

――では、ここはちょっと、というところは?

2023年度の一般病床の増床によって、入退院や手術が増え、現場が忙しくなっているそうです。今後人員体制を強化して、業務改善に取り組んでいく方針とのことでした。

――最後に、ここだけの話を一つお願いします。

看護部では、ブランクを持つ潜在看護師の復職支援にも力を入れていて、指導力の高い教育担当者が中心となり、久しぶりの職場復帰をバックアップしているとのこと。また、定期的な院内研修はもちろん、院外研修にも参加しやすい体制を整えていますし、自己学習支援としてeラーニングも導入しています。

進化を続ける病院とともに、スキルアップを目指したい方

幅広い活躍の場が用意されたケアミックス型病院で長く働きたい方

募集職種を見る