1. HOME  > 
  2. 神奈川県  > 
  3. 横浜市港南区  > 
  4. 医療法人 健生会 朝倉病院  > 
  5. webで病院見学
おうちでゆっくり見学できます。webで病院見学
職場の舞台裏、もっと知りたい…。実際の様子やスタッフを見たい…。そんなあなたに代わって、見学に行ってきました!写真と文章でお届けします。ゆっくりご覧ください。

医療法人 健生会

朝倉病院

( 回復期リハビリテーション病院 )

編集部が取材しました

見学の下調べ

《看護師編》
働く上で、人間関係を重視したい方は多いはず。上司や同僚とは何でも気兼ねなく話せる関係を築きたいですよね。横浜市港南区で120年以上の歴史を誇る「朝倉病院」の魅力は、部署を超えた風通しの良い人間関係。大き過ぎない病院なので、職員一人ひとりの家庭の事情まで理解し、無理のない働き方をサポートしてもらえるそうです。さっそく見学に行って、その実態に迫ります!

形 態
回復期リハビリテーション病院
所在地
神奈川県横浜市港南区/下永谷駅
病床数
90床(回復期リハビリテーション病棟45床、療養型病棟45床)

玄関

横浜市営地下鉄ブルーライン「下永谷駅」周辺は、自然が多くて暮らしやすい街並み。「横浜駅」まで直通24分なので、気軽に観光やショッピングに行けちゃいます。「朝倉病院」があるのは、駅から徒歩約12分の立地。目の前を走る環状2号線は、「ラーメン街道」と言われるほど、ラーメン屋さんの激戦区なんだとか!玄関で迎えてくれたのは、看護師長の石橋さん。今日はよろしくお願いします。

受付ロビー

玄関を入り、まずは病院の歴史について教えていただくことに。「当院の歴史は、明治30年に無医村だった日下村(現在の港南区日野町)に、診療所を開設したことから始まります。以来、増床や新築移転、リニューアル工事を重ね、全90床の病院になりました。現在の病院の強みは、在宅復帰につなげるリハビリ医療。回復期リハビリテーション病棟を横浜市で2番目に立ち上げ、現在の在宅復帰率は約94%です(2018年7月)」と、石橋さん。

特徴は”名”を聞く名物・名所・名スタッフ

地域連携部門

高い在宅復帰率を維持する背景には、地域連携部門のMSW(医療ソーシャルワーカー)さんの活躍が大きく影響しているんだとか。「こちらの2人は、退院支援のエキスパート!病棟とも密に連携を図りながら、患者様が安心して在宅に戻れるよう、地域の在宅支援機関と太いパイプを構築し、退院後に必要な支援を検討しています」と、石橋さん。頼もしいお2人ですね!

廊下

廊下を歩いていると、福元看護部長にばったり遭遇!こちらの病院では、風通しの良い人間関係を大切にされているそうですね。「はい。職員数約120名と家庭的な病院なので、部署の垣根も低く、職場の誰とでも気兼ねなくコミュニケーションが図れます。地域活動や院内行事も多職種で取り組んでいて、先日開催した納涼会は、みんなでハッピを着て盛り上がったんですよ」と、看護部長。

納涼会の写真

納涼会の写真を見せていただくと、職員の皆さんの笑顔がいっぱい!「たこ焼き、スイカ、ヨーヨー釣りなど、夏祭りらしい模擬店を出して、患者様に楽しんでいただきました。療養病棟の患者様は長期入院の方が大半のため、院内行事をとても楽しみにしていらっしゃるんです。寝たきりの方の病室にも職員がおみこしを担いで回り、お祭り気分を味わっていただきました」と、石橋さん。

外来

外来へ伺うと、約10年のブランクから復帰したという看護師さんを発見。復帰に不安はなかったですか?「少し不安でしたが、石橋師長も10年以上のブランクがあったと知り、他にもブランクから復帰した仲間がたくさんいたので、私も頑張ろう!と思えました。最初はパート勤務からスタートして、業務に慣れてきた頃に常勤に切り替えたんですよ」と、看護師さん。石橋さんも、ブランクを乗り越えて管理職に昇格されたんですね。

回復期リハビリテーション病棟

お次は、回復期リハビリテーション病棟へ。こちらの男性看護師さんは、学生時代に看護助手として働いていたことがあるんだとか。「卒後は急性期病院に入職したのですが、業務に追われ、患者様と向き合う時間が十分に取れないことが悩みでした。当院の仲間に相談すると、『戻っておいで!』と温かく迎えてくれ、とても感謝しています。こんなふうに、患者様の整容にあたりながら世間話を楽しめる環境が、私にとって理想の職場です」と、男性看護師さん。

ナースステーション

ナースステーションでは、新人さんへの指導が行われていました。「新人さんには教育担当者を付け、経験に合わせたマンツーマンのOJTを行っています。現在、入職後の導入研修をはじめ、看護部全体の教育体制を見直している最中で、今後はますます学べる環境が整う予定です」と、石橋さん。最近は男性看護師さんの入職も増えているそうです。

リハビリテーション室

つづいて、リハビリテーション室へ。「2階は全てリハビリ科のフロアで、かなり広いスペースが確保されています。理学療法を行うフロアには最新の器械を導入し、作業療法室や言語聴覚室も完備しています。キッチンなどの家庭環境を再現したお部屋も用意し、在宅復帰に向けた実践的なリハビリにも取り組んでいるんですよ」と、石橋さん。本当に広いスペースですね~!

療養病棟

お次は、療養病棟で病棟師長さんを紹介していただきました。「入院患者様は病棟で最期を迎える方が多いですが、中には『最期は自宅で』と希望される方もいらっしゃいます。同法人の訪問看護ステーションをはじめ、地域の支援機関とも連携しながら、本人やご家族の希望に沿えるよう、療養病棟でも退院支援に取り組んでいるんです」と、病棟師長さん。それは素晴らしい!

回復期リハビリテーション病棟

最後は、多職種の皆さんが見送ってくれました。見学を通して、職場の温かい雰囲気がよく伝わりました。「ありがとうございます。仲間の顔と名前だけでなく、良いところや得意・不得意まで分かっているので、助け合いながら働くことができています。新人さんの存在にも気付きやすく、困っている姿を見かければ、誰かが必ずフォローするので、安心して入職して欲しいです」と、皆さん。それは心強い!今日はありがとうございました。

介護21スタッフが聞く「で、実際のところは?」見学後記

帰り道

――おつかれさまでした。風通しの良い人間関係を大切にしている病院、いかがでしたか?
中小規模の病院ならではの家庭的な温かさがあり、職種に関係なくコミュニケーションを図りやすい職場でした。ブランクのある職員をサポートしたり、一度退職した職員を再び温かく迎えたり、仲間をとても大切にしている様子がうかがえましたよ。
――見学をしていて、印象に残ったことはありますか?
約94%という在宅復帰率の高さに驚きました。看護部だけでなく、病院一丸となって退院支援に取り組んでいて、地域関連機関とも太いパイプでつながっているそうです。回復期リハビリテーション病棟の患者様だけでなく、療養病棟の患者様も、可能な限り在宅に導いているそうです。
――では、ここはちょっと、という点は?
看護部長としては、教育体制をより充実させることを課題にしているそうです。院内研修は定期的に開催されますが、新人さんへの卒後研修や、中堅・ベテラン層への継続教育体制も整えていきたいんだとか。
――最後に、ここだけの話をひとつお願いします。
周辺には、朝倉病院をかかりつけにしている地域住民の方がたくさん暮らしていて、通勤途中に「こんにちわ」と、声をかけられる機会が多いそうです。外来患者様も顔なじみの方が多く、気さくに話しかけてくださるそうですよ。

人間関係が温かく、家庭的な規模の病院で働きたい方

ブランクからの復職を希望している方

募集職種を見る