1. HOME > 
  2. 東京都 > 
  3. 北区 > 
  4. 花と森の東京病院のお仕事を探す

社会医療法人社団 正志会

花と森の東京病院

( 一般病院 )

編集部が取材しました

東京都 北区/西ヶ原駅

時代と地域のニーズに応えて医療機能を拡充。2019年度から特定行為研修を開始予定です。

南北線「西ヶ原駅」徒歩1分の好立地に建つ「花と森の東京病院」では、地域のために発展を続けながら、時代に求められる看護師を育成。東京都の指定を受け、2次救急や災害医療を担いながら、高齢化が進む北区と向き合い、理想的な地域包括ケアシステムを構築しています。院内には、急性期の治療・手術に対応するICUや一般病棟、在宅復帰を支援する回復期リハビリテーション病棟、高齢患者様を支える地域包括ケア病棟(院内デイケア開設)があり、併設の訪問看護ステーションとも密に連携して、地域完結型の切れ目ない医療サービスを実現しています。看護部では、看護学校教員の経験を持つ看護部長が中心となり、人材育成に特化した「学びのある職場づくり」を推進。現在4分野の認定看護師が在籍していて(2018年10月)、2019年度からは「特定行為研修」の指定研修機関として、スペシャリストの育成に更に力を注ぐ方針です。


大きな地図で見る

○南北線「西ケ原」駅 徒歩1分
○京浜東北線「上中里」駅 徒歩10分
○都電荒川線「飛鳥山」駅 徒歩10分

名 称 社会医療法人社団 正志会 花と森の東京病院
(はなともりのとうきょうびょういん)
形 態 一般病院
所在地 〒114-0024 東京都北区西ケ原2-3-6
病床数 199床
診療科目 内科、外科、整形外科、婦人科、リハビリテーション科、耳鼻咽喉科、眼科、麻酔科、泌尿器科、救急科、脳神経外科、皮膚科、形成外科
看護体制 10:1
関連施設 医療法人社団 直和会 平成立石病院
医療法人社団 直和会 平成立石ペンギンクリニック
社会医療法人社団 正志会 南町田病院
社会医療法人社団 正志会 荒木記念 東京リバーサイド病院
社会医療法人社団 正志会 駿河台CSH診療所
社会医療法人社団 正志会 葛飾リハビリテーション病院
その他 職員数/389名(Dr82名 Ns常勤144名 非常勤32名)
看護師年代別人数/20代58名 30代52名 40代46名 50代17名 60代3名
URL http://www.hanamorithp.jp/

時代と地域のニーズに応えて医療機能を拡充。
2019年度から特定行為研修を開始予定です。

南北線「西ヶ原駅」徒歩1分の好立地に建つ「花と森の東京病院」では、
地域のために発展を続けながら、時代に求められる看護師を育成。
東京都の指定を受け、2次救急や災害医療を担いながら、高齢化が進む
北区と向き合い、理想的な地域包括ケアシステムを構築しています。

院内には、急性期の治療・手術に対応するICUや一般病棟、在宅復帰を
支援する回復期リハビリテーション病棟、高齢患者様を支える地域包括ケア
病棟(院内デイケア開設)があり、併設の訪問看護ステーションとも密に
連携して、地域完結型の切れ目ない医療サービスを実現しています。

看護部では、看護学校教員の経験を持つ看護部長が中心となり、人材育成
に特化した「学びのある職場づくり」を推進。現在4分野の認定看護師が
在籍していて(2018年10月)、2019年度からは「特定行為研修」の
指定研修機関として、スペシャリストの育成に更に力を注ぐ方針です。

突撃インタビュー職場の声を聞かせてください! 突撃インタビュー職場の声を聞かせてください!

看護部長

病院の特徴について教えてください。
大きな特徴は、地域に根差し、包括的・継続的な医療を展開していることです。急性期のみ、回復期のみなど、限定された病期・疾患に特化するのではなく、救急から在宅医療まで、切れ目のない対応を目指しています。地域包括ケア病棟を開設し、併設の訪問看護ステーションの機能を活かして、高齢化が進む北区の「在宅支援モデル」の確立にも取り組んでいます。
どんな看護スキルが身に付く職場ですか?
高齢者看護を通して、看護の基本を見つめることができる職場です。私自身は、「看護とは、生活を整えること」だと考えていて、患者様の日常生活の援助を通して、看護師は成長していくものと感じています。専門的な高度医療を提供する機会は少ないですが、看護の根源を知ることで大きな成長ができる職場です。
今後のビジョンについて教えてください。
2019年度から、看護師の「特定行為研修」の指定研修機関としての取り組みがスタートする予定です。外部からも研修生を受け入れていきますが、まずは当院のスタッフをと考えていて、初年度は3名がチャレンジします。

看護師長 ICU所属 入職5年目

入職のきっかけについて教えてください。
当院のオープニングスタッフとして入職後、夫の海外転勤に付いていくために一度退職しましたが、帰国してすぐに再就職しました。私にとって、当院の看護部長は心から信頼できる上司で、部長のもとで学びたい気持ちが強かったので、もう一度戻ってきたんです。
現在は、ICUの看護師長として活躍しているそうですね。
はい。再就職した際、ちょうどICUを立ち上げるタイミングで、師長職を任せていただきました。当院のICUは10床あり、救急搬送や急変が重なるとフル稼働することもありますが、病院全体で「残業ゼロ」を目標にしているので、時間外業務は少ないです。看護部にはママさんが多く、私自身も2人の子どもがいるため、定時で退勤できるよう協力し合っています。
職場の自慢できるところを教えてください。
院長や看護部長の人柄です。お二人とも「先見の明」を持つ素晴らしい医療従事者です。開院からたった数年で、地域から求められる医療体制を築くことができたのは、院長と看護部長の力が大きいと思います。現場スタッフとの距離も近く、いつも気さくに話しかけてくださるので、仕事の相談などもしやすいです。

看護師 ICU所属 入職1年目

入職のきっかけについて教えてください。
学生時代から地域医療に興味があり、看護学校の恩師に進路相談をした際、当院への入職を勧められて新卒で入職しました。新人のうちにさまざまな看護技術を身に付けたいという私の希望に沿って、看護部長がICUへの配属を提案してくれて、卒後1年目から多くの症例・疾患を看ることができています。
新卒者への教育サポートについて教えてください。
1年目は、年間教育計画に沿って毎月のように新人研修が開催されます。また、現場ではプリセプターの先輩を2名つけてもらっています。自分のペースを大切にしながら成長できる職場で、夜勤開始も10月からと、日勤業務に自信がついてからだったので安心でした。
新人目線で、職場の魅力を教えてください。
目標にしたいスペシャリストの先輩が多くいることです。現在、緩和ケア、集中ケア、皮膚・排泄ケア、感染管理の4名の認定看護師が在籍していて(2018年10月)、私の配属先のICUには集中ケア認定看護師が活躍しているので、直接指導を受けながら成長することができています。

花と森の東京病院(東京都北区)の求人・募集・転職情報は医療21

花と森の東京病院(東京都北区)の求人・募集・転職情報は登録不要の医療21にお任せください。
医療21は医療従事者専門の求人サイトで、看護師を含む花と森の東京病院(東京都北区)の医療スタッフ求人情報を多数掲載しております。